テーマ:貧乏人の食卓

1泊2日の散策

休日の前日の夕方、駒ケ岳に通じる黒川渓谷を歩き始めた。 昭和30年中頃からこの渓谷を歩いているが、およそ60年の歳月の間に、集中豪雨や台風で鬱蒼と茂る樹木が薙ぎ倒されて、丸裸になった山肌が再び生い茂る事の繰り返しだった。10年もするとすっかり元の姿を再生する大自然の逞しさに感心しながら林道を歩くと、標高1900mに建つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山海の珍味サラダでまた一杯

ぼつぼつ晩酌をしようかなと考えながら、日本酒にしようか焼酎にしようかと思案しているところへ、ご近所のホテルの板長さんから、つまみに食べてくれと戴いたものは、鯛と海老を生姜と葱と大葉で和えた上品な味の御馳走だった。コリャ日本酒に決まりだな。 早速イッタダキマ~ス。ワサビ醤油でひと口。日本酒をチビリッ…極旨!…したたか酔ったのでお休みなさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春爛漫の休日

今日は定休日だから、花見を兼ねてのんびりと過ごそうと家を出た。 河岸段丘の春靄のかかった斜面には山桜やコブシ、ヤマブキ等の花たちが彩よく咲きほこっている。 車から降りてのんびりと山の中に入った。 山の斜面を切り開いて作った小さな畑の中で、腰がくの字に曲がったお婆ちゃんが、エプロンにもんぺと地下足袋を履き、手ぬぐいを姉さん被りにして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

うりんぼう川にはまってさぁ大変

2m程の幅の階段状のU字溝の中に猪の子供のうりんぼうが4匹紛れ込んでいた。 側壁の高さは2m程。階段の高さも同じくらいで、うりんぼう達にとっては正に脱出不可能の状況だった。救出方法を考えているうちに、相棒が「1匹くらい食べちゃってもいいんじゃね~の?」なんて言うものだから、ついその気になって… 焼いて食べようかな?煮て食べようかな?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧乏人の食卓・キノコの蒸し焼き

今朝の収穫は1,5kgだった。 ヤマドリタケとハナイグチをスライスしてオリーブオイルを少々振って、塩コショウして蒸し焼きに…旨かった。 食べちゃったので白ヌメリイグチもいれて…旨かった。 更にニンニクスライスと唐辛子を加えて 御馳走さまでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧乏人の食卓・山栗きんとん

家の横の山栗の実が落ちてきます。1時間に20個ほどずつ落ちてきますから、猿や他の動物たちに食べられないようにセッセと拾い集めています。この山栗の木は20年ほど前に、拾って来た栗の実から発芽して育ったものですが、4年目に初めて可愛い実を付けました。もう大感激でしたが、それから間もなく誰かに切り倒されてしまい、ガッカリしました。でも…切り株…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧乏人の食卓・すき焼きの後は

裏山の1m×2メートルほどの所にシャカシメジ(千本シメジ)が4株成長を続けています。一株の中でもキノコの大小は様々なので、ゴッソリ採らずに大きくなった部分だけを、抜き採らずにナイフで切り取って来ます。普通のキノコと違って、すぐには食べずに二日ほど日陰で保存しておくと、株は更に大きくなってくるのです。 食べ頃になったところでご馳走になり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

貧乏人の食卓

家の周りには食材が豊富です。 アカヤマドリタケはグロテスクな姿ですが、とても旨いキノコです。 ヤマドリタケも同じです。 オリーブオイルで… ハツタケが群生しています。 刻んで甘辛く味付けして… きのこご飯で… 日本酒のつまみにタマゴタケ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貧乏人の食卓

先日、木曽で蕎麦がきを食べてきた。食糧難だった時に蕎麦がきで育ったせいか、そば粉を熱湯でモチッと溶き、葱ダレで食べるのが好きだ。山登りの時の主食も蕎麦がきだったが、適度な酸味と辛みがあった方が疲れた身体には食べ易かったから餃子のたれだった。 訪れた店から蕎麦粉を分けていただき、我が家に帰ると早速蕎麦のピッツァを作った。 蕎麦粉で生地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トマト、とまと、連日トマト

トマト生産者のJ君のおかげで、1個¥100近くするトマトを毎日タダでご馳走になっている。 ジュースで飲んだり、丸齧りしたり…サラダで食べたり、ソースを作ってピッツアやパスタを楽しんでいる。 殊にソース作りは楽しい。 作るのに時間はかかったけれど、四つ切干しトマトを作ってニンニクスライスを熱した、オリーブオイル漬けは旨い。あまりに旨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お茶を食べようかな

貰い物の日本茶がかなり溜まっていた。 捨てては勿体ないから何とかしよう。 ペットボトルにお茶を入れて水を満たし、陽当たりの好い所で1日置いてからろ過し、70度ほどに熱したら旨い水出し茶、カッコよく言うと<サンティ―>が1袋のお茶で2リットルほど出来上がった。渋味もなく濃厚な味は正しく日本茶の味で、コンビニの物よりもかなり旨い。 ろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貧乏人の食卓

貧乏人の昨夜の晩酌兼夕飯は旨かった。 鶏のもも肉が安かったので、塩焼きにしようとフランスパンと一緒に買ってきた。変な組み合わせと思うかもしれないが、これが又絶妙な組み合わせなのだ。 ① 油をまったく使わない鉄板に、鶏肉の皮を下にして焼き始めるのが第一のポイントだ。 ② 油がジュージューと出始めたら塩を振り(我が家特製のクロラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧乏人の食卓は…

早朝と夕方の、連日のキノコ採りで疲れが溜まってきているから休みたいけど、キノコの成長は止まって待っていてはくれないし、ストックもしておきたいから仕方なくまた出かけることになる。 今回の収穫はオオツガタケで、中々の上物だから酒蒸しにして晩酌の摘まみにしよう。 小鍋に入れて酒を振り掛けて蒸し焼きに…およそ1分ほどで蒸し上がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お婆ちゃんを思い出しながら

お婆ちゃんの手間暇かけたご馳走が懐かしくなって、作ることにしました。 何を作ると思います? 手元にある材料は…大根半分、味噌煮の鯖缶詰1缶、ネマガリダケの味噌和え、貰い物のトマト、ブナシメジ、アンチョビー。 卓上コンロで、乱切りの大根と鯖缶とネマガリダケをコトコト。途中で<かんずり>と醤油で味を調整して… もう一台の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧乏人の蛋白源は猪肉と鹿肉

何を食べようかな?…そういえば骨付きの猪肉が解凍中だった。 あばら骨を鋸で切り取って肉を外し、骨は暫くの間犬の石松のご馳走だ。 大根と牛蒡をたっぷりと使い、他にもあり合わせの野菜も入れて、匂い消しにニンニクと生姜を摺り込んだ味噌汁仕立ての汁で1時間ほど煮て、一晩寝かす。 貧乏人の冬は冬眠中のようなものだから時間はたっぷりあるし、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧乏人の食卓

初日はゲンゲ鍋だった。 コラーゲンたっぷりで、淡白な味の深海魚のゲンゲ鍋は大好きだ。昆布を敷いた土鍋で、ぶつ切りしたゲンゲをじっくりと煮込み、ぽん酢で食べた。副材料は大根のスライスと白菜だけだけど、白菜は甘みが出て、大根は魚の旨味を吸収して思わず旨いな~。しかも材料は全部貰い物だ。 具を食べ尽した後の、スープに餃子を入れて水餃子で満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鰤大根は旨かった

AM11:00。七輪こんろで炭が真っ赤な炎をたて始めたから鰤大根を作ろう。 圧力鍋で柔らかく茹でた大根と、湯引きした鰤のアラを、出し汁たっぷりの土鍋に入れて煮込み始めた。 PM3:00。倅の、志賀高原で開催されている、県のスノボ指導員研修会がそろそろ終了する時間だからピポパポ。 「終わったかい?」…「1時間くらいで家に到着する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンタがおらんちにやって来た

寿司屋のTさんから<げんげ>と鰤のアラの差し入れがあった。 <げんげ>って言う魚は深海魚で、昔の漁師さんたちは売り物にならないから捨てていた、げのげ(下の下)の雑魚だからと言ったらしいが、ところがどっこい、コラーゲンたっぷりで骨も柔らかく、ぽん酢で食べればメチャ旨で、大好物の魚だ。夜が楽しみだ。 何時も通っている喫茶店に鰤のアラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摘み草に行ってきた

家の周りには雪が残り、日陰の草は一日中凍りっぱなしだけど、摘み草に行ってきた。 まずはナズナを…何度も霜にあたり柔らかくなって旨味も出てきた。 水辺に生えるセリも食べ頃になった。 ノビルも旨いぞ。ついでにフキノトウも採って行こう。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ゲテモノって言われてるけど…

これ、何だか分かる? 昨夕、晩酌をしていたら、友人から二品の差し入れがあってね。これはその一つの、蜂の仲間の中では世界最大のオオスズメバチの幼虫の唐揚げさ。幼虫の大きさは、KENTのライターが6、5㎝だから分かるよね。この写真は成虫になる直前で、巣穴に蓋がしてあって、餌も食べていないから体色はクリーム色で、糞もなくて食べる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然エノキダケのすき焼き

昨日は定休日だったけど、何もすることがないからキノコ採りをしていたら、毎朝喫茶店で一緒になるⅠ氏とバッタリ出会った。おいらはⅠ氏のことを丹頂鶴のおじさんと呼んでいる。 彼は以前、喉のポリープの手術を受けたこともあって、どちらかというと声はだみ声で鶴の鳴き声のようだ。 だから、そう呼んでいる訳ばかりじゃないよ。実はツルッツルの立派な禿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧乏人の食卓

鶏のもも肉が少し残っている。 焼いて食べるにも、唐揚げにするにも少なすぎた、どう始末しようかな?と思案に暮れた。 ジャガイモが二個あるから、ちょっと変わったサラダを作ってみよう。 もも肉を80℃の油でコトコト10分煮ている間に、ジャガイモをレンジで4分間チンして皮を剥いて、レードルで大まかに潰し、そこに醤油炊きした山椒の実と、冷ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧乏所帯のキッチン事情

考えてみたら、このところ貰い物ばかりの贅沢な食生活を続けている。 千葉の漁師さんから戴いた、獲りたての秋刀魚でつくった昆布しめの刺身と押し寿司は旨かったな。 倅の友人が釣り上げた天然鮎の酢味噌和えと塩焼きも旨かった。 山仕事をしている友人から戴いた、沢山の松茸のアルミホイル蒸し焼きの丸かじり。 つい数日前の活ハゼ、自然薯。贅沢三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休みの一日

休みの日は涼しい所でのんびりしようと、駒ケ岳行きのバスに乗って「しらび平」で下車したのですが、駒ケ岳に登る気がしなくて、遊歩道を散策することにしました。 シラビソの中に、よく整備されている石畳の遊歩道をのんびりと歩いていると、山の冷気がとても気持ちがいいです。道路脇にはいろいろの植物が咲いていますが、名前はほとんど忘れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初漁の鰍捕り

今年初めての鰍捕りに出掛けた。 水の中は涼しくて気持ちが好い。川の水量が多いために漁果はイマイチだったが初漁にしてはまぁまぁの成績だ。 胃袋を取り除いて、後は食べるだけだ。刺身にしようかな。塩焼きにしようかな。唐揚げにしようかな。鰍酒も好いな。 早速友人を呼んで塩焼きで一杯。ウメ~!。 鰍酒用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカヤマドリタケのステーキに決定だ

昨夜のバーベキューは楽しかった。 集まったメンバーは、転任先で何故か何時も大事件に遭遇し、今回もフランスのテロ事件で一時帰国している領事館のⅠ公司夫妻と,ヘリコプターで日本中を飛び回っているR氏と夫人の山岳ガイドのS氏に、久し振りに訪れた長男も加わっての話題は豊富だった。 テロ事件の対応話から始まり、ヘリコプターの墜落で奇跡的に助か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンマの油漬にアンチョビを混ぜたら旨かった

倅が晩酌のつまみに¥100のイワシの油漬缶詰めを買ってきて、取り敢えず鉄鍋で温めながらどうやって食べようかと親子で協議が始まった。 このまま食べても多分物足りないことは想像できた。 そうだ!同じイワシの仲間のアンチョビがあるじゃないかって~ことで加えてみた。 ついでにニンニクも一緒に加えて… オイル漬けのイワシとアン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油の飛び散らない焼き肉

残り物の鶏のもも肉を食べたくなったけど、突然の思い付きだったので焼き方で迷ってしまった。 備長炭で焼けばベストだけど、炭火を起こすまでに時間がかかるからそれまで待ってはいられない。 鉄板で焼くと油が辺りに飛び散って後始末が厄介だ。ウ~ンどうしたものか?と思案にふけった。 待てよ。好い手があるぞ!試して見よう。 テフロン加工のフラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more