どっちでも良くない話

朝、ラジオ番組のスッピンなんとかの「どっちでも好い話」を聴いていて「どっちでも好くない事」を思い出した。銀行の支払日に自動機を使わずに窓口に行った。支払金の端数が200円だったから、溜まっていた一円玉200円分ですませようとしたら、窓口嬢曰く「100枚を超えると手数料を105円戴きます」だと!200円で済むはずの支払金は305円となった…
コメント:0

続きを読むread more

珍しい光景を見た!

このところ二度続けて素晴らしい光景に遭遇することができた。数日前のam7:00少し前。標高900mの高原から車で街まで買い物に向かう途中、南アルプスの鋸岳、甲斐駒ケ岳から南端の光岳までが黒いシルエットとなって展開していた。その山並みの更に上空の隙間に雲海が棚引き、太平洋から昇る陽光が雲海の下側を照らし始めてきた。余りの美しさに車を止めて…
コメント:0

続きを読むread more

トンコロ死するための努力

久し振りに蜜柑を食べたんだけど…只、甘いだけで旨くなかったな。時とともに、消費者に合わせた味作りをしているのかも知れないけれど、柑橘類の特徴は何と言ってもあの酸味があってこその旨さだと思うんだ。イチゴもトマトもリンゴを始め…今のほとんどの栽培物の果実や野菜には、大地の香りと味がない…なんて言うのは老い先短い老人の戯言なのかもしれないね。…
コメント:0

続きを読むread more

人工衛星史上初ランデブーを見た時

夜空に、ほかの星よりも数倍も大きくて眩しく輝く星が見えた。その星がゆっくりと右に移動している。星じゃない!あれはまぎれもなく人工衛星だ。それにしても何と素晴らしい光景なんだ。1965年12月15日。人工衛星のジェミニ6号と7号が「史上初のランデブー」に成功した光景を、ニュージーランドの氷河の中で奇しくも目撃した瞬間だった。今朝の早朝のラ…
コメント:0

続きを読むread more

晩酌のつまみは…

このところチョット贅沢をしてたから、普段の貧乏生活に戻ろうってことで晩酌のつまみは…溶き卵にたっぷりの刻み葱と、自然薯をすりおろして、繋ぎに天ぷら粉をまぜて、鶏がらスープの素で味を調えて焼きあがったのがこのおやきだ。ソースはごく普通のソースにケチャップと砂糖を混ぜて煮ただけ。食感は…表面がカリッとしていて、中はフンワリ。ウ~ン旨い!次に…
コメント:1

続きを読むread more

贅沢な貧乏人の食卓

貧乏人のあぶちゃんの食事の献立はいつも突発的に決まるから、呆けもあるけど、翌日になって昨日は何を食べたか思い出せないことがよくある。でも…友達からいただいた極上の材料があるから、今回は朝から夕飯の献立は決まっていた。いただいた材料その1…大きな雌の鱒の腹の中には卵が満杯だ。腹を裂いて卵を取り出して、40℃の湯で軽く揉み洗いして卵の袋をほ…
コメント:0

続きを読むread more

石松の散歩・渓谷歩き

久し振りに谷川に連れてきたからた石松は大満足らしい。おおきな淵に岩魚の姿を見つけて飛び込んで泳ぎ回ったり、陸に上がって枯れ枝と遊んだり、熊が腐った木の中にいる虫を食べた痕を見つけて「ここはおいらの縄張りだぞ!」とマーキングしたり忙しく飛び回っている姿を見ながらおいらはもっぱらキノコ採りだ。
コメント:0

続きを読むread more

貧乏人の食卓は今日もキノコだ

昼は何を食べようかな?と悩むこともなくキノコうどんを作って食べた。夜は何を食べようかな?と悩むことなく又キノコですき焼きとなったが、もう4か月もキノコずくめの毎日だ。とは言っても、晩秋ともなると採れるキノコの種類はかなり限定されてきた。今はもっぱら沢筋に入ってエノキダケを採って来る。天然のエノキダケの食感は最高で、12月初旬まで採れるか…
コメント:0

続きを読むread more

初冬の摘み草が始まった

昨日の朝は霜柱の中での摘み草だった。凍り付いた土の中からナイフで切り取ったナズナは見るからに旨そうだ。レジ袋に一袋採ったあとは、ノビルを抜き取る。指先大の球根は天ぷらにするとホクホクしたユリ根のようで旨いし、生のまま刻んで鰹節と醤油で和えればそのままご飯のおかずになるし、湯豆腐のトッピングには欠かせない材料だ。場所を変えて湧き水の豊富な…
コメント:0

続きを読むread more

黎明の北岳

これから4月までの間、南アルプスを眺めるのが楽しみのひとつになる。黎明のアルプスがシルエットとなって現れ、徐々に上空の雲が茜色に輝く光景を眺めていると、身体中がエナジーに満たされる。夜が明けると純白の山並みが輝き、陽が落ちると白銀がピンクに染まって行く。心は落ち着き、今生きていることに感謝する。北岳の上空の雲が輝き始め、刻々と変化してい…
コメント:0

続きを読むread more

秋を食べる

夕暮れ時、生姜と山椒の実で鯖が煮あがる頃、知人からきれいに洗われた里芋が届いたからからキヌカツギも作った。久し振りにキノコ抜きの食卓もまた好いもんだ。
コメント:0

続きを読むread more

雨中のキノコ採り

連日の雨降りで地面がたっぷりと水分を吸収したので、家の周りにキノコがモクモクと顔を出してきた。ナイフで丁寧に切り取った朝の収穫はハナイグチが2,6㎏。小さいものは後で採ることに・・・
コメント:0

続きを読むread more

キノコの保存とホイル蒸し焼き

キノコの大不作の今年だけど、何故かハナビラタケとハタケシメジだけは豊作だった。家の周りの道端で毎日3kgほど採れるからセッセと保存している。以前は瓶詰にしていたけど、数百本の瓶代も馬鹿にならないし、保存スペースもかなりなものになるので最近は冷凍保存している。70℃の湯に浸してキノコがシンナリしたら湯切りして冷まし、保存袋に適量づつ入れて…
コメント:0

続きを読むread more

時期が来た

秋が来た・・・      秋が来た 秋が来た 何処に来た      山に来た 里に来た 野にも来た山は紅葉が始まり、野にはキノコが出始め、里ではいろいろの収穫の時期を迎えた。 ガタが来た・・・      ガタが来た ガタが来た 何処に来た      足に来た 腰に来た 脳にも来た数年前、川の堤防で滑落して腰をしたたか打撲した。今ごろに…
コメント:0

続きを読むread more

秋刀魚が届いた!

昨日の夕方、友人の漁師さんから、待望の石巻港に水揚げされたばかりの秋刀魚を3kgいただいた。今年は且つてないほどの不漁との事で、諦めていただけに大感激だ。夕方届くとの事で、オヤジは包丁を研ぎあげ、倅は薬味の大根、生姜等々を準備し、店の営業も早めに切り上げ、炭火を焚いて宅急便の到着を待っていたのだった。早速何時もの顔ぶれが揃ったところで、…
コメント:0

続きを読むread more

秋味

例年だと今ごろは、、千葉の漁師の友人からいただく獲りたての秋刀魚を、たらふくご馳走になっているのだが、今年は不漁続きで海の秋味を味わっていない。別の漁場に移動中だからもう少し待てとの一報が入った。しかたがないので、山の秋味だけで我慢している毎日だ。家の周りで朝夕採って来るキノコで、すき焼きにしたり、キノコ鍋や、キノコご飯、キノコ汁等々・…
コメント:0

続きを読むread more

なかなか家に帰れない

8月下旬に、キノコが出やすくなるように草を刈り採ったり、藪をきり払ったりしたんだけど、それ以降日中の高温と日照り続きで目当てのキノコがサッパリ出てこない。失敗だったかな?と考えつつ確認に出掛ける毎日が続いている。仕方がないから地面の乾いていない藪の中を覗いて見たら大ヒットだった。ハタケシメジが足の踏み場のないくらい出迎えてくれた。地面に…
コメント:0

続きを読むread more