テーマ:季節

長い道のり遠い頂

結論から言うと登らずに帰って来た。仕事の都合もあり、梅雨時にもかかわらず行動を決行した。 予定では6月14日の昼に信州を出発して、兵庫県姫路市夢前(ゆめさき)のキャンプ場でテント泊。翌日の15日に雪彦山地蔵岳東陵のクライミングを終え、瀬戸内海を渡って高知で1泊。16日は足摺岬からしまなみ海道経由で帰宅という計画だったが、天気予報では1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニセアカシヤの花の甘酢漬け

山菜の成長は止まって待っていてくれないから、定休日だけど標高の高い所を偵察しようと、早朝に家を出てみたものの収穫はゼロでした。とんぼ返りして収穫物の変更です。 ニセアカシヤの花が満開だから甘酢漬けを作ろうと考えて河川敷に出向きました。暖かい河川敷はニセアカシヤの蜜の香りで充満しています。蜜のタップリ含んだ花の房を丁寧にしごき採るのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山海の珍味サラダでまた一杯

ぼつぼつ晩酌をしようかなと考えながら、日本酒にしようか焼酎にしようかと思案しているところへ、ご近所のホテルの板長さんから、つまみに食べてくれと戴いたものは、鯛と海老を生姜と葱と大葉で和えた上品な味の御馳走だった。コリャ日本酒に決まりだな。 早速イッタダキマ~ス。ワサビ醤油でひと口。日本酒をチビリッ…極旨!…したたか酔ったのでお休みなさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクサク天ぷらの揚げ方

友人のAさんが「山菜の天ぷらを作るんだけど、サクッと揚がらないし、油っぽくて胃もたれしちゃってさ、どうしたら好いの?教えてよ」と言う事で早速、ありあわせの山菜を材料にして、天ぷらの揚げ方講習会が始まった。 ころもは薄めに、油は中温で、途中で天地返しをして、食べ頃に揚がってきたよね。 ここまでは誰でもしている作業なんだけどさ、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワラビの簡単アク抜き方法

近くでワラビが採れるので、20リットル鍋に七分目ほどの水を入れてストーブに乗せて出発です。10㎝程の極上の鍵ワラビだけをおよそ2,5㎏(1本が約3g)ほど採り、30~40分程して我が家に帰ると、すでに水は沸騰しています。早速処理に取り掛かります。なんでもそうですが、採取したらなるべく早い時間に処理した方が素材の味が生かされます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春爛漫の休日

今日は定休日だから、花見を兼ねてのんびりと過ごそうと家を出た。 河岸段丘の春靄のかかった斜面には山桜やコブシ、ヤマブキ等の花たちが彩よく咲きほこっている。 車から降りてのんびりと山の中に入った。 山の斜面を切り開いて作った小さな畑の中で、腰がくの字に曲がったお婆ちゃんが、エプロンにもんぺと地下足袋を履き、手ぬぐいを姉さん被りにして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山の店の食卓

ワラビとセリ、タラの芽、ノビルの球根と山ウドを揚げた天丼を食べたお客様が、涙を流して感激して帰って行った。 仕事が終わったから一杯飲もうとしていたら、倅たちが山から帰って来た。1年前から中央アルプスにトレランコースを整備中で、今年の7月に第1回大会を開催すべく準備に忙しそうだ。何はともあれご苦労さんという事で、おいらの酒のつまみ兼お茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の店の今日の一品

春の味を食べにお客様が来てくれるようになった。 昨日調達した食材は、ヤマウド、ワラビ、ナンテンハギ、ツリガネニンジン、ノビル、セリ、フキノトウ、ナバナ、クレソン等々だ。 常連のご夫妻から、大好物の山菜チャーハンの注文が入った。 ワラビのお浸しの小鉢。 ツリガネニンジンの味噌汁と、蒟蒻の田楽とクレソンとトマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球の大地を丸かじり

セリが勢いよく成長しています。ヤマウドも土の中で成長を始めました。野生の菜花も食べ頃です。 毎朝摘み草に出掛け、地球の大地を丸かじりしています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山菜ちらし寿司を作った

タラノメやコシアブラはまだ採れないけど、それなりに食材が揃ったので、昨日はちらし寿司を作ってみた。 材料はヤマウド、セリ、ツリガネニンジン、ワラビ、タケノコとサーモンがあったので調味醤油に漬け込んで、葉ワサビを乗せてみたが、まさしく旬の味だった。 夜が明けた。さぁ山菜の調達に出掛けよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山菜冷やし中華そば

このところ連続で雪が舞っているが、山菜採りは仕事だから日課だ。お客さんの旬を味わう笑顔を見ていると寒さもなんのそのだ。今日の一品は、ノビルとホタテ貝のぬた。ツリガネニンジンとナンテンハギのお浸し。ワラビの卵とじ.ピリ辛の葉ワサビ等々。一押しのお薦めは、山ウドの初採りができたから山菜冷やし中華そばになった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

包丁を研いでいる時

真っ平に矯正した砥石で、丁寧に研ぎあげた包丁を太陽にかざすと、刃先は光を反射しない。正確に研ぎあがった証拠だ。スパっと切った材料の切り口が鏡のように輝いている。安物の包丁でも髭が剃れるほどだ。こうなるともう何かを切りたくて仕方がないから料理を作ることになる。大切な人に喜んでもらう光景を想像しながら包丁を研ぐ時間は実に楽しい。 ところで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初物ワラビ

昨日は、セリとノビルを採ったついでに、気になる所があったから覗いてみたらワラビが顔を出していた。初物だからご馳走になろう。 朝6時、明るくなったから山菜採りに出発だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノビルとアサリの酢味噌和え

寝床の中でどうしても食べたいものが浮かび上がったからam6;00に家を出たが、頭の中で出来上がっているレシピを思うと胃袋が空腹感を訴え始めた。メインの食材はノビルだ。 枯草の堆積した肥土の中に生えているノビルは、掘り起こさなくても簡単に引き抜けるから、太さをそろえて採取した。根っこと葉先を切り落として、葉先から薄皮を根元に向かって剥が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摘み草のシーズン到来

まだ時折雪が降りますが、待ちわびた春がやってきたからセッセと摘み草にでかけます。 地下水の豊富な川には、セリやクレソンが…セリはお浸しやみそ汁に、卵とじも旨いですね。クレソンはトマトと合わせたり、サーモンなどとサラダにして楽しんでいます。 土手には枯草の下にノビルやカンゾウが出迎えてくれます。 ノビルは酢味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うりんぼう川にはまってさぁ大変

2m程の幅の階段状のU字溝の中に猪の子供のうりんぼうが4匹紛れ込んでいた。 側壁の高さは2m程。階段の高さも同じくらいで、うりんぼう達にとっては正に脱出不可能の状況だった。救出方法を考えているうちに、相棒が「1匹くらい食べちゃってもいいんじゃね~の?」なんて言うものだから、ついその気になって… 焼いて食べようかな?煮て食べようかな?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のご飯は鹿肉だ!

ワァオ~!今日のご飯は最高だぞ。 爺ちゃん達は猪鍋でいっぱい呑んでるけど、石松はこれを食べろと言っておいらにくれたのが、獲りたての鹿の足が丸々1本だ。 新鮮な肉は旨いな。久し振りに腹いっぱい喰うぞ。 こりゃたまらんわ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元旦は中ア千畳敷からダイヤモンド富士

太陽が南アルプスの上を北から南下し、途中から折り返して北へと太陽が移動しながら顔を出します。その移動中に富士山の天辺からダイヤモンドが光り輝くようにして顔を出すのがダイヤモンド富士なのですが、絶好のビューポイントが駒ケ岳ロープウェイの千畳敷ホテル前なのです。今太陽は南下中で、数日前に観られました。太陽はさらに南下して、荒川岳辺りから折り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬が来ました

周囲の木々の葉もほぼ落ちて、毎朝毎夕1時間かかっていた落ち葉の片付けも楽になりました。 霜も何回か降りてきましたが、今朝は初雪がチラチラ舞っています。車のフロントガラスもガリガリに凍ています。 キノコ採りも終ったので今は凍り付いた野ミツバやノビル、クレソン、フキノトウ、葉ワサビ、アザミの根等をせっせと摘む毎日です。でも…今のところ駒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何となく歩きたくて

Am5:30、外に出ると夜明けの空の下に南アルプスが、黒いシルエットとなって広がっている。定休日だけど何もすることがないから、ぶらりと歩きたくなって家を出かけるとバスに乗っていた。バスの行く先は南アルプスの北沢峠だ。紅葉に染まる車窓からの眺めは思い出の詰まった山ばかりで感慨深い。鋸岳が眼前に迫って来た。 11月下旬に登った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シモフリシメジのキノコ鍋

G氏が接待でキノコ鍋を食べさせたいからという事で、シモフリシメジをメインにして作りました。 牛肉や豚肉は、シモフリシメジの味わいを損ねるので鶏肉を使い、鶏がらスープの塩味をベースに醤油を香り付けにしました。とても旨いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪我をしちゃった石松

倅とⅠさんと石松の3人と一匹で、南アルプスと中央アルプスの展望台の宮田高原に出掛けた。 のんびりと散策した後の帰り道は、石松の時速20㎞での11㎞走が始まった。 今まで50㎞走は何度も体験しているからどうってことはないと思っていたのだが… キノコ採りシーズンが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蠅のお食事

裏山から採って来たキヌガサタケの幼菌を、空き缶に植えて置いた。 朝、独特の匂いがするので見ると、すでにキヌガサタケは開き始めていた。 暗緑色の天辺の白い部分から匂いが出ているようだ。この匂いに誘われて蠅が集まり始め、天辺は蠅だらけになり実に旨そうに暗緑色の部分を舐めている。蠅のお食事が始まった。かなり旨いのだろうか?前足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧乏人の食卓・キノコの蒸し焼き

今朝の収穫は1,5kgだった。 ヤマドリタケとハナイグチをスライスしてオリーブオイルを少々振って、塩コショウして蒸し焼きに…旨かった。 食べちゃったので白ヌメリイグチもいれて…旨かった。 更にニンニクスライスと唐辛子を加えて 御馳走さまでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔からの言い伝え・マダニの特効薬

今年も又、キノコ採りの最中にマダニに喰い付かれたけれど、どうってことはない。除去は簡単だ。 昔から、煙草のヤニが特効薬と言う言い伝えがある。 我が家も、吸い残しのタバコを水の中に漬けて、ニコチンの液を何時も作ってある。 犬の石松が、何時もマダニに喰い付かれるので、我が家の常備薬なのだ。 皮膚の中に頭を喰い込ませたマダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初秋の中央アルプス宮田高原

ぶらりと宮田高原に出掛けました。林道の起点から高原までの道のりは11㎞で、道路は舗装されていますから30分ほどの行程です。 夏は牧場で、冬はスキー場だったのですが、現在はレジャー用にさま変わり中のようです。 擂鉢状の高原の散策道は緩やかで、眺めも素晴らしく、高齢者でものんびりと散策できるお薦めのスポットです。 高原入り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Goroの登山靴の忘れ物があります

今週の月曜日、中央アルプス山麓の駒ケ根高原スキー場の駐車場に、Goroの登山靴が置き忘れてありました。車の周りで着替えた時に置き忘れたものと思われますが、手入れの行き届いた新品同様の靴です。 持ち主は大変残念がっている事と思われます。 もし、そのような方に気が付かれましたら、中央アルプス観光本社に預けて保管してある旨知らせてあげてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キヌガサタケの成長

ランプではありません。キヌガサタケという美しいキノコです。 今朝、近くの群生地から観賞用に採って来たものです。 今年もキヌガサタケが顔を出し始めました。幼菌もいたる所に出ています。 幼菌の外皮を剥いでゼリー状を除いてみたら… 更に割ってみたら… 匂いを出す頭頂部の皮はゴム状で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

貧乏人の食卓

家の周りには食材が豊富です。 アカヤマドリタケはグロテスクな姿ですが、とても旨いキノコです。 ヤマドリタケも同じです。 オリーブオイルで… ハツタケが群生しています。 刻んで甘辛く味付けして… きのこご飯で… 日本酒のつまみにタマゴタケ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more