ノビルとアサリの酢味噌和え

寝床の中でどうしても食べたいものが浮かび上がったからam6;00に家を出たが、頭の中で出来上がっているレシピを思うと胃袋が空腹感を訴え始めた。メインの食材はノビルだ。
枯草の堆積した肥土の中に生えているノビルは、掘り起こさなくても簡単に引き抜けるから、太さをそろえて採取した。根っこと葉先を切り落として、葉先から薄皮を根元に向かって剥がすと、水洗いしてから始末するよりも簡単であとは茹でるだけでいい。

画像


サッと茹でたノビルは、水気を搾り取るのではなく水道の蛇口にかけて自然に水分を抜いたほうがノビルの繊維がつぶれずに食感が好い。
次の食材はアサリだ。今年のアサリは大粒でありがたい。
サッと蒸し焼きにして身を抜き取って冷ましておく。アサリから出た濃縮汁で味噌を溶いて、酢と砂糖と柚子皮で味を調え、ノビルとアサリを加えて出来上がったのがアサリとノビルの酢味噌和えだ。
味は…寝床の中で思い浮かべた以上にメチャ旨だった。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック