あぶちゃん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 爽やかな別れ

<<   作成日時 : 2016/01/07 10:15   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

英米文学者であり、翻訳家であり、画家であり詩人であり哲学者として著名な加島祥造さんが逝去された、享年92歳だった。
晩年出版された「タオ・老子」「求めない」はベストセラーとなり、メデイアから引っ張りだこの時の人にもなっていた。
加島さんは世の中のしがらみを嫌い、家族とも離れて自然豊かな山の中で独居生活を40年近くも送っていた。
前後の山並みを眺め、山野を徘徊しながら大自然の語りかける中から、何かを感じながらタオイスト(哲学者)となった。
そんな加島さんとおいらは何故か意気投合するところがあって、おいらの家によく訪れてくれた。
おいらのしたためた駄文を読みながら「君は若いのに僕と同じ思想だな。君と話していると愉しいよ」と言ってくれたっけ。
最後にお会いした時「君にあえて嬉しいよ」と涙ぐみながらおいらの手を握ってくれたことが昨日の事のようだ。
大自然に身を委ね、在るがままに活き、老木が倒れるように人生を全うした。
でも…朽ち果てたのではない。
加島さんはこう言っているに違いない。
「僕は死んだのじゃない。タオの世界に還り、次の命の源になるのだよ」
悲しい筈なのに、何故か加島さんの逝去に拍手を送りたい気持ちなのだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
爽やかな別れ あぶちゃん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる