あぶちゃん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ツクバネの雄株と雌株が同居しているよ

<<   作成日時 : 2011/05/25 16:07   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

おらんちの周りにはツクバネがたくさん生えている。
でも7〜8年前までは、毎年藪として切り払われたいたんだ。
この木は木材になるほど大木になるわけでもないから、
山主にとっては単なる藪に過ぎないらしい。
ことに最近、森林何とか事業っていう名の下の間伐に伴い、
藪も切り払われて一見すっきりと見えるけど…
切り払われる小潅木の中には、
今となっては貴重な種類があくさんあることを、お役人さんたちも知る人が少ないようだ。
ツクバネもその中の一つだ。
木材で生計を立てている、山主ならいたしかたの無いところだけど…
公用地、特に自然公園的に開放している所…
「自然に優しい」なんて大層な唄い文句を唱えている人たちが、
自然をまったく知らないから困ったものだ。
去年なんかひどかったよ!
「すばらしい自然を後世に残すために」って、すごい予算を計上した大イベントがあってね、
大規模な間伐をしたんだ。
何年もかけて育った実生の、今でこそ希少価値のある木を壊伐して、
その跡地に…
苗木屋さんから大金を払って買ってきた、どっちでもいいような苗木を植林したんだよ。
いままで生えていた木の方がずっと良かったのにね。
そのイベントに参加した人たちは、普段山になんか入った事の無い人たちばかりでさ、
お役人の唄い文句に乗せられていることも知らずに、
自分の子供や孫たちに、いやいや…
「後世に残るすばらしい事をした」と言ってすごく満足して帰っていったよ。
その植林された周りにはね…
木は片付けたけど、切り払われた藪は野積みのまま放置されて、
いままでの大群落の湿性植物はだいなしでね。
そんな事を何も知らなかった地元のおらたちは、もうがっかりさ。

ところで…ツクバネのことなんだけど。
おらんちの周りも、市有地でね。
管理をシルバー人材派遣なんとやらに任せていたから、
自然の事なんかまったく理解していない爺たちが、周辺の草木を壊伐しちゃって、
まるで田圃の土手のように綺麗にしちゃうもんだから…
…で、おらお役所に直訴したんだ。
管理はおらがするから、勝手に草木を切りまくるな!って…
…それから10年以上になるけど、いまじゃ立派な自然公園さ。
実生の白樺、ドングリやモミジ、ホウに混じってツクバネが実に立派に育っているよ。
いま、ちょうど花が咲き始めたところさ。

画像


雌花は、羽の中に小さな花を付けてるよ。

画像


雄花はちょっとつぶつぶしているよ。
でもよく見ると、大きな株の中に雄株と雌株が混生しているんだよ。
雄花は花は咲くけど実はならない。
雌花は夏になると立派に実り、この実を油で素揚げにすると、
ナッツのような味がして旨いのさ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツクバネの雄株と雌株が同居しているよ あぶちゃん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる