アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「山登り」のブログ記事

みんなの「山登り」ブログ

タイトル 日 時
連瀑で遊んできた
連瀑で遊んできた 天気は高曇りだから暑くなくていいかもしれないと思いつつ、中御所谷に入渓した。 沢筋の湿地帯にはニッコウキスゲ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/13 06:12
中御所谷源流
中御所谷源流 二日後に行く中御所谷源流を下見に行った。残雪はまだかなりあるものの、雪解け水が清流となりダケカンバも芽吹き始めた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/11 06:48
雪解け水
雪解け水 一昨日から130ミリの雨が降り、中央アルプスの雪解け水が一気に流れ下って来た。 100m余の川幅一杯に流れる水流は物凄く迫力がある。聞こえてくる音は岩石がぶつかり合う音だ。 以前は自主避難の連続だったが、昨年、川の中に生えている木を取り払い、流れが均一になるように改修したおかげで、流れが一か所に集中することなくスムーズに流れていく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/02 09:15
千畳敷カールの雪中熟成大吟醸
千畳敷カールの雪中熟成大吟醸 中央アルプス西駒山荘の管理人さんが杜氏として作り、駒ケ岳の千畳敷カールの雪の中で熟成させた大吟醸が、ホテル千畳敷のレストランでのみ発売されている。一度味わってみたいと思っていた酒が思わぬ形で手に入った。 日ごろ懇意にしていた、ここの前社長さんから、転任の挨拶の折に戴いた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/30 07:04
桑の実のジャムを作ろう
桑の実のジャムを作ろう 昨日は定休日だったから、のんびりと遊びに出掛けた…とは言ってもAM3:30出発。 八島湿原から霧ヶ峰を経由して、白樺湖までの朝のヴィーナスラインを走る。 正面に八ヶ岳連峰の天狗岳から、硫黄岳、横岳、赤岳と続き、編笠岳の緩やかに下る裾野の向こうにひときわでっかい富士山が聳えている。更に右に鳳凰三山から甲斐駒ケ岳、その隣に北岳、仙丈ケ岳と続き、中央アルプスから御嶽山、乗鞍岳、穂高、槍、後立山連峰と、日本アルプスの360度の大パノラマだ。 夜明けの撮影ンためのカメラマンたちが、あちこちに三脚を立... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/20 07:22
おいらは<ひね漬け>クライマーA
おいらは<ひね漬け>クライマーA おいらは今ワクワクしている。こんな気持ちになったのは6年振りの事だ。 6年前のダイヤモンドフランケでのクライミングは69歳の時だった。パートナーは75歳と9カ月のスーパーウーマンで、これが冥途の土産になるとは思っていなかった。 その翌年、中央アルプスで同行していた彼女が墜死するという事故を起こした事によって、社会的にも非難や誹謗中傷を受けざるを得なくなったおいらは、手足をもぎ取られた虫のように、思いはいっぱいあるが身動きが取れなくなってしまっていた。 モヤモヤした気持ちに踏ん切りをつけよう... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/30 17:09
おいらは<ひね漬け>クライマー
おいらは<ひね漬け>クライマー 漬物も、若漬けは青臭い香りや初々しさがあって好いものだが、醗酵して熟成した味にはとても敵わない。かと言って熟成期間を過ぎた物は酸味や渋みが出て、挙句の果てに黴臭くさえなる。 そのままでは食べ難くなるし、勿体ないから香辛料や調味料で加熱したりして加工することによって、漬物とは違った味を楽しむようになる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/28 13:50
呑み疲れたゴールデンウィーク
まず最初は、世界中を転任してきた総領事ご夫妻が訪れてくれた。 数日前、某国大使として拝命されたというT氏ご夫妻との祝宴から始まった。 T氏は数年前に、私の家の近くに居を構えた事もあったが、個人的にもなぜか気が合ってお付き合いが始まった。 帰国するたびに異国の地での危うい情勢の話や、裏話には興味津々で、楽しいからつい酒もすすむ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/08 08:17
懐かしい友と会える!
仕事中に電話の呼び出し音が鳴った。懐かしい人がやって来る。 1965年、ネパールが鎖国状態になってヒマラヤ登山が出来なくなった時、ニュージーランドの南アルプスに行ったことがある。その時に某新聞社の特派員として同行したのがS氏だ。 地方の一通信員だったS氏は、その後本社の運動部長にまで出世した。 山登りの体験が殆んどなかったS氏だったが、私と共に二つのピークを登頂した仲だ。52年前の山登りが蘇って来た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/01 12:57
そ〜じゃなくってワカンナ〜イ!
そ〜じゃなくってワカンナ〜イ! 今から半世紀くらい前の三月、全国女子登山者講習会が戸隠連峰と飯綱山で行われた時。そうそう、世界の<田部井順子さん>も受講生として参加していた時の話だ。 講習会に参加していた受講生の一人が、何を言っても「分かんない」「分かんない」と言うのさ。まったく物分りの悪い奴だなと思っていたんだけど、何てことはなかった。よくよく聞いてみたら、彼女が履いていた片方の輪かんじきが、歩行中に外れて雪の中に埋もれてしまったから「探してちょうだい!」って訴えていたんだって。 総動員で探したら幸いにも発見できたんだけ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/12 22:56
平然と歩く登山者
平然と歩く登山者 中央アルプスのいたるところで大雪崩が発生しています。 私の記憶では1975年以来の規模の雪崩で、沢筋はデブリで埋め尽くされています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/28 09:23
無駄ではないカモシカの死
無駄ではないカモシカの死 駒ケ岳ロープウェイ線の<地蔵平>でカモシカの姿がよく見られる。 道路脇に、前日の夕方にはなかったカモシカの死骸が散乱していた。病気で死んだのか?獣に襲われたのか分からないが、亡骸はすでに獣たちによって食べ尽され、骨と体毛だけが残っている。 弱いものは餌になり、強い物だけが生き残る。 ご馳走にあり付けた動物が排泄した糞を餌にする昆虫たちがいて、その昆虫を餌にするものがいて、そのまた排せつ物が植物たちの餌になり、残った体毛は小鳥たちの巣に活用されることなる。 死んだカモシカの姿はもう見る事が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/23 11:38
元気な姿で帰ってきてください
元気な姿で帰ってきてください 三日ほど前、家の前を警察署の鑑識課の車が下って行きました。何かあったのかな?と思っていたら、駒ケ岳山頂付近で20歳代の男性がテントの中で亡くなっていたと、後で聞いて知りました。 この一カ月の間に山頂付近で3名の方が山に逝ってしまいました。御愁傷様です。 内2名の方は未だに発見されないでいますが、登山者カードは未提出のようです。 今シーズン2回ほどロープウェイを使って駒ケ岳に登りましたが、バスの車中やゴンドラの車中で、登山者に注意喚起や計画書の提出を促していますが、登山の起点にあたる千畳敷駅... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/18 16:40
生き返った登山靴
生き返った登山靴 もうこれ以上は使えないくらい痛み切った登山靴が、軒下に放置されたまま1年以上雨ざらしになっていた。 今履いている靴の修理ついでに、駄目元のつもりで修理してみた。 靴底を剥がし、スチーム洗浄してからサンダーで接着面を削って、中心部は両面テープを使い、周りは強力接着剤を塗って、ゴムバンドで締めあげて、1日かけて圧着した。靴の表面は傷み切っているから取り敢えずワックス代わりに靴クリームで間に合わせたが、見る影もなかった登山靴が見事に蘇った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/18 15:57
月から兎がいなくなった瞬間
見るからに寒々とした月を見ていて思い出した。 あの時は南半球、ニュージーランドのタスマン氷河の山の中にいた。 夜ともなると、満天の星空の中に、ひと際強い光を発しながら周回する輝きを見るのが楽しみのひとつになっていた。 1965年12月4日〜18日。アメリカの人工衛星、ジェミニ7号が6号と初のランデブーを試みて周回している光景を一晩に何度も堪能できた。 それから僅か4年後に人類が月面に踏み跡を残した。 月の兎を眺めながら、十五夜の晩には団子を供えたことが夢物語になった瞬間だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/20 17:48
冬の夜はミノムシに変身
このところの寒さは、毎日−7℃以下だから半端じゃない。でも寝てる時は寝袋に潜り込んでいるから寒さは何も感じない。 この二、三日、吐く息が白く部屋の中を漂っている。オイルヒーターを入れてあったが、部屋の温度を測ったら2℃だ。 煙草に火をつけて朝の一服。うまい。旨いという事は健康という事だと勝手に決め込んで満足する。 あれ?…煙草の煙が忙しく外に出ていくぞ。なぜだ? カーテンを開けると、なんと、三日前に開け放った窓がそのままだった。 冬の間はミノムシ生活を送っているから寒さを感じないけど、... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/19 08:49
一卵性親子?
一卵性親子? 今年もあと僅かになったから、支払いを済ませてきたところです。 全ての支払いが終わったから実に爽やかな気持ちになって家に帰ると、倅がキムチ鍋を作って待っていてくれました。 今年最後の店の定休日で、タイミングよく倅も、冬の仕事のスキースクールも休みという事もあって、真昼間から飲み始めました。 今年は好い一年を過ごすことができました。怪我もなく、医師の世話にもならず、適度に山にも登り、旧知の仲間とも再開し、好きな山菜採りに明け暮れましたが… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/27 06:20
無鉄砲な山登りをしたもんだ
ナイフの刃のような鋭い氷の尾根を登って行くが、けっして快適ではなかった。 無我夢中で登ってはいるものの、技術がまったく伴っていないから、行動は遅々としてはかどらなかった。 12本爪のアイゼンの蹴り爪を使って登ることは初めての体験だ。片手でピッケルを打ち込み、もう片方の手でアイスハーケンを突き刺しながら登るのも初めてだ。それでも登り続けたが、結局山頂まで数百メートルの所で力及ばず山から追い返される途中で、クレバスを踏み抜いて転落してしまった。 24時間行動が終わろうとするときには、足腰が立た... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/16 08:28
[山登りの頂点]を求め続けた人たち
[山登りの頂点]を求め続けた人たち ラジオ深夜便の再放送で、田部井淳子さんの元気な声が流れていた。懐かしい。 1968年の3月と記憶しているから、今から48年前の事だ。 「全国女子登山者講習会」が戸隠連峰で開催され、田部井さんが受講生として、私は講師として参加していた。 その後は「世界の田部井」としての活躍は枚挙にいとまがない。 エベレストという山の頂点に立った時、更に高い頂点が見えたに違いない。山登りとは際限のないものだ。 病魔と壮絶な闘いを続けながらも、山登りの頂点を求め続け、大自然の中に還った。享年77歳だという。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/12/14 07:09
お礼参りに…
お礼参りに… 氷結した斜面を、久し振りにアイゼンを付けて歩き始めた。 今日の目的地はない。ただ歩くだけで良かった。 一歩ずつ大地を踏みしめる幸せを味わいたからだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/13 06:29
駒ケ岳で何があったのか?
駒ケ岳で何があったのか? 12月5日は店の定休日だったから、宝剣岳に登るつもりで前日に用具の点検も済ませてあった。 AM:6:00。宝剣岳直下の千畳敷カール一帯にかかっていた雲が移動し始め、伊那前岳が朝陽に輝き始めたが、雪煙の状態から、稜線はかなりの強風が吹き荒れている事が予想できた。どうしようかな?単独行だし。 天狗岩からザイルを50m固定して、更に50mザイルをセットして宝剣岳に立ち、懸垂下降で下る予定だったが… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/10 07:48
閻魔大王に嫌われている人
二カ月ぶりにUさんの元気な姿を見てホッとした。 彼は閻魔大王に会うたびに追い返され続けている人だ。 頑固者としても知られているが、職業が造園業という事もあって、その作業は危険が付きまとっている。 高い木から墜落して昏睡状態が10日以上も続き、周囲では葬式を覚悟していたにもかかわらず、数か月後には現場復帰したが、その翌年に松茸採りに行って山で転落して、足首を骨折しながら九死に一生を得て、半年間も不自由な生活を強いられた。 生きていたから好いようなものの、周りから「あんたのような頑固者は地獄... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/30 08:43
<山岳救助50年の思い>を聞いて
ラジオ深夜便の番組<明日への言葉・山岳救助50年の思い>の放送を聞き終わったところです。 岐阜県の元山岳救助隊長さんの、長年にわたる山岳事故防止啓蒙活動や救助活動、隊員の命を預かる隊長としての責務等々… 私たちが無頓着に楽しんでいるその陰で、命を懸けて活動している方々に改めて敬意の念を抱き、深く深く感謝したところです。 長い事山登りを楽しんできました。楽しい思い出は数えきれないほどあります。 でも…楽しい思い出の裏側には、ハッ!シマッタ!と思った悔いの残る失敗がその数倍もある事を、秘密に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/25 06:15
スッポンの歯は一枚歯
先日スッポンをご馳走になった時、帰りにその頭を貰って来ました。 缶詰めの空き缶に洗剤を入れて煮詰めたら、真っ白いスッポンの頭蓋骨は綺麗な飾り物になりました。 蛇と同じで、顎の蝶番が無いのと、歯は一枚歯だという事を初めて知りました。 更にもっとびっくりしたのは、半円形の下の歯の真ん中が角型に突起していて、上の歯の真ん中はそれがピッタリ納まる様に凹状になっています。 顎を合わせると左右には絶対に動かないようになっているのです。  スッポンは、一度噛み付くと雷が鳴るまでは絶対に離れないと昔か... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/15 05:09
クライマーズ・ハイ
クライマーズ・ハイ 谷川岳衝立岩を二人のクライマーが登っている。 一人は60歳になる新聞記者。もう一人は、今は亡き記者の嘗ての岳友の長男A君で、記者の長男の親友でもある間柄だった。 A君のリードで記者が登っていたが、すでに限界に近い状況に陥っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/09 08:23
警戒解除!
おらんちは、す〜ごく危険な所に住んでいる。なんてたって暴れ天竜の支流、昔の流行歌がヒットして知名度はいっとき全国区になっちゃったけど、<オバタミノル>てぇ〜当時売れっ子の歌手が唄ってた「勘太郎月夜唄」って題名だったような気がするけど…影か柳か勘太郎さんか、伊那は七谷糸引く煙って言う歌詞の、伊那の七谷の中のひとつ、太田切川(おおたぎりがわ)の河川敷だった所だ。 そんな所だから当然の如く人間の棲む所ではなかったのさ。だから何丁目何番地なんて〜ものはなかったんだ。でもね…時が経過して、にっぽん全... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/21 00:50
山登りの本当の怖さは今生きている事です
幾度か山で死にかけたにもかかわらず、運が好かったのか悪かったのか、私はいまだに生きています。 必死になって生きることに執着していたにもかかわらず、その執着心が無くなった時の私の心は解放されました。 もう何もしなくても好い…全てを投げ出した時の心境です。 この時死ぬという事は楽になれるという事を知りました。 あの時、あのまま死んでいれば、今こうして苦しまなくても好かったのかもしれません。 でも…これは私の運命なのでしょうね、いまだに生きています。 長く生き続ける事は、失敗と悔恨の積み重... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/20 21:13
甲斐駒ケ岳の「駒ケ岳講」
六根清浄。六根清浄…白装束に白鉢巻、金剛杖の出で立ちの一行が黒戸尾根を登って来る。 甲斐駒ケ岳山頂で車座に座り、木札らしき物を裏返しに広げて経文を唱え始めた。時折語気を強めると札を返しては歓声を上げたり溜息をついたりしている。農作物の出来不出来や商売の先行きを占っているのだそうだ。 この一行は山梨県の駒ケ岳山麓の「駒ケ岳講」というらしい。 多少の雨でも雨具は決して着ない。「心頭滅すれば火もまた涼し」の真逆で「駒ケ岳さんの白衣を着ているからまったく寒くない」という。凡人には理解できない信仰心... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/19 08:47
初漁の味は格別だった
初漁の味は格別だった 1カ月ほど前、倅がてんから漁の毛鉤の作り方を教わって以来、毎日試行錯誤しながら作っていた。 毛鉤の数は日ごとに増え、それを裏の川で試してみるが、魚に遊ばれてばかりで釣果はゼロだった。 「また遊ばれちゃったよ」 「いいじゃね〜か。楽しみは今まで以上に膨らんでくるから」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/06 06:10
リーダーの職務
ご高名な登山家K氏が訪れてくれた。 10年ほど前、当時83歳のK氏と八ヶ岳の大同心稜を登った折に、組織登山の隊長の心境を聞いたことを思い出した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/27 06:16
甲斐駒ケ岳の仙水小屋
台風9号が最接近しているから当然のことだが、仙流荘のバス停には誰もいない。 「明日はバスが運休するかも知れませんよ」と言われたが、予定通り出発した。 北沢峠から傘をさし、長靴履きで歩き始めると、野呂川源流のせせらぎに岩魚が優雅に泳いでいる。 「また来たよ」と挨拶しながら佇み煙草をくゆらせると、紫煙が爽やかな冷風に乗って流れていく。 六つほど砂防堰堤を越え、丸木橋を渡ると目指す仙水小屋はもうすぐ其処だ。 矢葺敬造氏に会えると思うと胸は早鐘を打ったように高鳴った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/08/25 05:51
滝の飛沫を浴びながら
滝の飛沫を浴びながら 朝8時「日暮しの滝」にまた来た。駒ケ岳線バス、ロープウェイの年間パスポートを購入したから何時でも来ることができて有り難い。 滝の落ち口に陽が当たっているが、瀑心部はまだ暗い。もうちょっと待つことにしよう。 先週は曇り空だったが、今朝は、青空の中に適度な白い雲が流れて中々の空模様だ。 滝から飛び散る飛沫が霧状になって漂い、天然のクーラーが素晴らしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/01 15:03
休みの一日
休みの一日 休みの日は涼しい所でのんびりしようと、駒ケ岳行きのバスに乗って「しらび平」で下車したのですが、駒ケ岳に登る気がしなくて、遊歩道を散策することにしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/26 09:52
雲上の散歩で身体は好調
雲上の散歩で身体は好調 駒ケ岳ロープウェイの年間パスポートを購入したから、連日のように千畳敷カールの遊歩道を歩くようになった。 朝7:00に家を出て10:00には帰宅できるから有難い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/28 04:37
激走!日本アルプス大縦断選考会
激走!日本アルプス大縦断選考会 トランスジャパンアルプスレース2016の選考会が二日間にわたって開催されている。 本戦は8月で、富山県の日本海海岸から出発して北アルプスの剣、薬師、槍を経て中央アルプスの駒ケ岳から空木を縦走し、更に南アルプスの仙丈、塩見、赤石、聖を縦走して静岡県の太平洋海岸まで470qを激走するとんでもない過酷なレースだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/26 07:19
駒ケ岳ロープウェイ年間パスポート券を購入した
中央アルプス観光(株)から年間パスポート券を購入した。 バス、ロープウェイの通常一往復分料金がおよそ\4,000かかるが、このパスポート券は一年間\12,000だから、3回利用すればそれ以降は無料になりありがたい。更に駐車場無料券が8回分と、同伴者が2割引き、千畳敷でコーヒーのサービスが受けられる特典付だ。 早速朝の散歩に行ってきたが、2,600mの高所の散歩は気持ちが好いね。ミネザクラが咲き始め、クロユリももうすぐ咲きそうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/14 06:49
あれから五年
あれから五年 昨日は、私の目前で山に逝った友の命日だった。 事故の光景は衝撃的であり、事故後も民事的にいろいろあったが、あれから五年が経過し、一時も頭の中から消える事のなかったあの時の光景を、歳のせいか最近は忘れるようになってきた。 二日前に駒ケ岳に登った折り、目線は事故現場を凝視していたにもかかわらず、あの忌まわしい事故の光景が何故か浮かんでこなかった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/06/09 06:56
赤蜘蛛同人の想い出
この数日間は、仕事もきつかったのですが胃の負担も相当なものでした。 材料の山菜採りにAM4:00出発。開店前の仕込み。昼間の営業と夜の予約客で閉店が10時を回りました。 そんな間隙を縫うように、各地の岳友たちも次々と訪れてくれて、連日のように酒宴となったのです。 懐かしい岳友との語らいは、竜宮城で乙姫様に接待される浦島太郎のような心地でした。 とりわけ、G君との再会には感動しました。 甲斐駒ケ岳ダイヤモンドフランケ赤蜘蛛ルートの開拓は、G君がいたからこそ完成したルートでした。 赤蜘蛛... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/07 08:45
何度も見る夢は…
何度も見る夢は… 朝5時少し前、ラジオのスイッチを入れるとラジオ深夜便で、同じ夢を何度も見るという視聴者からの声が流れていて、思わずうなずいてしまった。 知らず知らずのうちに、気になる事が脳の中にインプットされていて、そのことが夢となって現れるらしい。 おいらも同じ夢を20年ちかく見続け、そのたびに身体がビクンッ!と跳ねて目が覚めた。 現れる光景はまったく同じだから、今でもはっきりと覚えている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/03 07:01
岩魚(いわな)が遊びに来たよ
岩魚(いわな)が遊びに来たよ 裏の用水路には岩魚がいつも遊んでいるよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/02 11:45
これぞ職人技
これぞ職人技 カラマツを間伐する事になり、その道のスペシャリストが作業を始めた。 下から枝を切りながら登って行く。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/31 07:52
お爺さんの歳
お爺さんの歳 ちあきなおみの「矢切の渡し」を聴いていました。何回聴いても好いなぁと思います。 でも、矢切の渡しを聴いた後に、必ずと言っていいほど童謡の「船頭さん」を口ずさんでいるのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/27 05:35
通夜の晩の狂騒劇
Toutube「少し前の邦画」を観ていたら、上方落語6代目笑福亭松鶴(しょうふくていしょかく)師匠をモデルにした、マキノ雅弘監督作品の「寝ずの番」という題名だったと思うが感動した。 物語は笑漫亭橋鶴(長門裕之)の臨終直前から始まった。 今わの際に橋鶴が途切れ途切れに「そとが観たい」呟いた。 そば耳を立てて聞いた一番弟子には「そそが観たい」と聴こえた。「そそ」とは女陰の事だ。 師匠の事だからさも有りなんと考えた末に、弟子(中井喜一)の妻が… ○○を観た師匠の目が点になった… 通夜の圧巻... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/16 09:57
先輩からの教訓
合宿1週間前に先輩を含めた参加者全員が集合して、あらかじめ配布されている装備表をもとに、共同装備から始まって個人装備の点検が始まる。 先輩たちの厳しい目線の中、テントの綻びはないか?内張りは?ポールは?コンロの着火状態は?等々。 個人装備のピッケルやアイゼンの摩耗したものはその場で研ぎ直され、その他の装備も手袋、ソックスから下着に至るまで先輩たちの厳しいチェックがあり、出発3日前に再び集合して個人装備を再チェックしてから共同装備と食料が分配された。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/12 09:25
アイスクライミングの先生と生徒さんにお願い
浦島太郎物語ほど遠くない1970年前後までの昔。 冬のルンゼ登攀や谷の遡行は、いたるところに氷瀑が行く手を阻んでいた。 当然の如くアイスクライミングの技術が要求され、テクニックも進化してきたが、クライミングテクニックよりも難題は雪崩対策だった。 時として、登る前に登攀終了点の稜線に立ち、あらかじめ人工雪崩を起こしてからアタックしなければならないから、その分日数もかかったものだが、それもこれも安全のための方策だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/03/10 20:28
許せない初登攀
許せない初登攀 とある観光案内所のロビーに、ある人物を紹介するパネルが展示されていた。 ある人物とは、おいらが山登りを始めた頃の先輩で、付き合いは長い。 パネルの紹介文の中に<冬期・仙丈ケ岳西面三軒岩小屋沢・中央ルンゼ初登攀>と明記されていた。 見なければよかったと後悔した。 どのような意図でこの記録を記載したか理解に苦しむが、この初登攀は当時山岳会のチーフリーダーK氏とおいらが行ったもので、ある人物はその時サポートとして参加していたにすぎなかった。 山岳誌<岳人>の記録速報にも発表した経緯があるが、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/03/08 09:24
なんだコリャ!
おいらの家は標高約900m。残雪の残った山の中を3q先のコンビニへタバコを買いに車に乗って走り始めた。藪の中から小鳥のさえずりが聞こえてくる。ミソサザイの綺麗な鳴き声が聞こえるようになれば本格的な春がやってくる。もうすぐだ。 500mほど走ったら、対向車のタクシーがハザードランプを点けて登ってきた。うん?…下界は霧がでているのかな?と思う間もなく灰色の世界になり、視界は50mほどになった。 ハザードランプと前照灯を点けて、まずはおいらの所在を知らせるが、視界は増々悪くなりついには5mほどにな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/07 08:04
エベレストのグリーンブーツ
エベレストのグリーンブーツ エベレストの北東ルートで1996年、インドの著名な登山家が亡くなり、その遺体が登頂ルートの顕著な目印になっているという。遺体の登山者が履いている黄緑色の蛍光色のブーツが顕著な目印らしい。 付近には色とりどりのウエア―を纏った遺体が、あちこちにあることから虹の谷とも言われているそうだ。 デスゾーンと言われる中を、登山者たちがケルン代わりの遺体を目安に行動する光景を想像するだけで背筋が寒くなってくる。 ところで、そのグリーンブーツの遺体の写真を見てびっくりした。 1995年頃、今から21年ほ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/04 11:17
お天道様が南アルプス縦走中
お天道様が南アルプス縦走中 お天道様が12月下旬に南アルプスの赤石岳に登り、最北端の鋸岳に向かって縦走を始めました。 一月元旦に富士山まで足を延ばして、天辺に立ちました。ダイヤモンド富士です。 中央アルプス千畳敷の山荘前からよく見えます。 それから二か月かけて塩見岳、農取岳、間ノ岳、北岳まで縦走し、もうすぐ仙丈ケ岳に登ろうとしています。 1月AM7:30。部屋の北側の壁にお天道様の眩しい光がちょっとだけ射し込みます。 2月AM7:00。お天道様の光が西側の壁を照らすようになりましたが、お天道様は右寄りに登りますか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/04 08:11
駒ケ岳で迷わないワンポイント
ほんの数日前、駒ケ岳周辺で別々のパーティー5名の登山者が救出されました。 その日の稜線は吹雪いていて、いわゆるホワイトアウトの状態でした。 単独行動の登山者は駒ケ岳山頂に登り、視界の効かない中を下山にかかりましたが、方向を間違えて反対方向の馬の背方面に降りてしまったそうです。千畳敷ホテルに待機していた奥様が携帯で連絡を受け、夜になっても帰って来ないので救助依頼となりました。 単独行の登山者はその夜は稜線でビバーク。凍傷を負いましたが翌早朝AM4:00救助隊が出動して無事救助されました。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/01 12:52
現在の中央アルプス<二月下旬>
昨日駒ケ岳に登ってきました。 2週間ほど前に、駒ケ岳は土砂降りの雨だったと中央アルプス観光の社長さんから聞いていました。 雪解けの水が大増水して河川は氾濫し、山麓の雪もほとんど消えてしまったくらいですから、当然の如く山の雪も大分少なくなっていました。普段なら4〜5mの積雪のある沢も、沢床の岩が露出しています。 雨で溶けた雪が固く凍ってラッセルの必要はありませんが、その分雪山技術を習得した人が十分な装備で入山しないと非常に危険です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/23 07:11
久し振りの雪山
何時もなら胸まで埋まるラッセルを強いられる筈なのに、ラッセルどころかアイゼンが小気味よく効くほどに雪面は固く締まっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/02/22 18:14
中ア縦走昔話
淡い望みも大型の低気圧接近で消えてしまった。これで当分の間山には登れそうにない。 昔の中央アルプス縦走を思い出した。 あの時も2月の今頃だった… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/20 12:04
これで好いんだ、これで好いんだ
登山中止決定直後から物凄い突風が吹き荒れたが、それから4時間後、宝剣岳が眩いほどに輝き始めた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/19 19:31
登らない方が好いな
アイゼンはしっかり研ぎあげて、登山靴にもきっちりと合わせた。輪かんじきも必要だな。ピッケルは長短2本持って行こう。ヘルメットも持って行こう。万が一のために50メートルザイルも二本持って行こう。 厚手のミトンも買ってきた。寒さ対策も万全だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/19 07:51
石松の冒険・久しぶりの高烏谷山(たかずやさん)
数日前に100ミリ以上も雨が降って、雪がほとんど消えてしまった。 久し振りに高烏谷山(1331m)に登ろうってことで、爺ちゃんと出発した。 Xの字の右側の天辺の下のおいらの家から、伊那市富県(とみがた)小学校横から尾根道沿いにジムニーの前後を走って行く。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/17 09:25
山小屋で食べたラーメンの味
5日目のビバークは最悪だった。 吹雪の谷と岩壁は雪崩の起こす大音響の連続で、谷筋は白い大蛇がのた打ち回っているようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/12 13:32
猿が著作権を求めた?
今ラジオを聴いていたら最新の裁判の面白い判決ニュースが飛び込んできた。 聴きそびれたが、どこかの国でカメラマンが撮影のために三脚にカメラをセットして置いたところ、そこに現れた猿がシャッターを押して自分の顔を撮影したと言う。 で…その写真の写り具合は中々のもので、発表したところ反響を呼んだらしいが、猿が発表する訳がない。 当然の如くカメラマンが発表した訳だが、ここで動物愛護団体からイチャモンが付いた。でもって法廷闘争になった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/09 09:09
今年は好い年になりそうだな
年明けと共に素晴らしい友達が次々と訪れてくれる。 駒ケ岳の環境保護に尽力されているH氏には何時もお世話になっているが、友人を連れて現れてくれ、楽しいひと時を過ごした。 水晶岳で墜落したヘリコプターから奇跡的に助かったO氏が、御嶽山噴火でこれ又奇跡的に生還した夫人と共に一升瓶を手土産に来てくれた。 4年前の事故でも大変お世話になった、当時の救助隊長のK氏夫妻とも新年の旨い酒を酌み交わした。 そして放送局のスタッフとも酒を酌み交わながら一夜を明かし、今朝早く八ヶ岳に出発して行った。 昨年の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/05 10:38
猿と人間<その行方は…>
ワタクシは今標高およそ1,000メートルの、とある山中に居ます。ワタクシの後方をご覧ください。 木々が鬱蒼と生い茂る山中に、大きな金属の柵がご覧戴けるでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/12 20:57
探し求めた遠山郷の谷
岐阜県の白川郷、秋田県の秋山郷、長野県の遠山郷は日本の三大郷と言われている。 遠山郷を初めて訪れたのは、40年ほど前に猟師の友人に同行した冬だっだ。 山の深さにも驚いたが、深く切れ込んだ渓谷の、田畑も作れない山腹に点在する集落を見るにつけ、厳しい自然環境の中で生活する住民の逞しさは想像すらできない驚きだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/01 11:57
名前を聞き忘れちゃったけど…
ボロ小屋の<山の店>はあまり客は来ないけど、山仲間は寝袋持参でよく訪れてくれる。 南国九州から始まってあちこちの地方から訪れてくれるから、後期高齢者の爺は年甲斐もなく心は何時もガキンチョなのだ。 一升瓶でコップ酒を酌み交わしながら、現役の山談義を聞いていると皺涸れ爺の心を揺さぶり、年を取るのを忘れてしまう。 フッ…と淋しくなった時連絡すると、数百キロの道のりにもかかわらず馳せ参じてくれて元気付けてくれるからありがたい。金はなくとも素晴らしい財産をおいらは持っていると何時も感謝している。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/11/25 07:58
宝剣岳東壁全ルート 2015年11月現在
左上するバンドの取り付き点右から<中央稜>、冬期ルートとして登られた。 バンドを進むとアンカーボルトがあるが、これは事故処理のために作ったもので取り付き点と間違わないように。 アンカーボルトを過ぎて5mほど進むと小ハングがあり、ハング下を振り子気味に右斜め下にトラバースして登るのが正規のルートだが、今はほとんど登られていない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/11/04 13:05
一本の残置ハーケン
正確な期日は忘れてしまったが昭和30年代中盤、中央アルプス宝剣岳・天狗岩に当時県下ナンバー1のクライマーと称されるK氏によって新ルートが開拓された。 K氏は大工さんで高い所はお手の物だから、彼方に聳える御嶽山を背景に軽快に登りながらハーケンを打つハンマー捌きは惚れ惚れするほど見事で、16ミリカメラで撮影された映像は映画を観ているような感動を受けたものだった。 昭和38年5月、中央アルプスで地方の三つの山岳会が合同合宿を行った際、K氏は一人の女性に一目惚れして、即結婚と相成った。 一番弟子の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/10/30 08:18
今朝の秋見つけた!
雨上がりの朝、朝陽が家の周りの木々を照らし始めた。今朝の秋見つけた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/28 08:22
爆発しちゃった!
夜明け前の浅い眠りの中、もう少しこのまま寝ていたいと思っている時、突然家の周りが騒々しくなり窓ガラスを激しく叩く音で無理やり起こされた。親友が渓流釣りに出掛けたまま帰ってこないから捜しに行って欲しいと言う事だった。彼の勤務するホテルに出向くと、職場の人が昨夕彼の車の駐車場所を確認していたが、イベントがあるために忙しくて何の対応もできず、警察署にも連絡も取らずに捜索活動も忙しいからできないという。 イベントも大事だが人命は何物にも代えられない筈なのに…ましてや自分の所の従業員だ。親友はまだ生きて... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/27 12:08
何事も一点集中
30年ほど前…ゴルフ三昧の時があってね、その時の経験は今でも無駄ではなかったと思っているよ。 当時、一番やりたくなかったのがゴルフでね。でも…大恩ある先輩の勧めでゴルフコースに引っ張り出されたんだけど、思い切り打ったら予想通りにボールが飛んで行ってね。何回打っても同じなのさ。この時思ったね ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/20 23:05
宝剣岳中央稜ルート
宝剣岳中央稜には現在4ルートありますが、実質3ピッチでブッシュもなく一番すっきりしたルートを紹介します。 拡大して参考にしてください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/10/17 07:19
黒川牧場・二子山遊歩道
南アルプスの懐、R152沿線の黒川牧場に向かってドライブです。R152は静岡県と長野県を結ぶ嘗ての交易路で通称<秋葉街道>と呼ばれています。 秋葉街道 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/12 09:01
登攀を終えて…
無事に登攀も終わった。正直のところ緊張感は感じないまでも、登攀中から右足股関節が痛くて思うように足が広がらず、こんな筈ではなかったと思いながらの行動だった。 4年間のブランクではない。確実に体力が衰えている証拠だ。これが今の自分の実力だと実感した。 ひょっとしたらもう二度とクライミングはできないのかな?なんて一抹の淋しさを感じながら下っていると、とうに90半ばを過ぎたと思われる老婦人が、宝剣岳中腹を物思いにふけるようにゆっくりと歩いている姿に驚いた。 千畳敷カールから稜線に登るだけでも大変... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/10/11 08:25
山に帰る日
10月8日AM7:00快晴。宝剣岳の東壁が眩しく輝いている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/09 08:49
宝剣岳中央稜・あの日
親子で宝剣岳中央稜に向かって歩き始めた。娘は小学3年生、息子は小学1年生。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/07 08:32
朝陽が照らしてくれた
音もない…光も全く射し込んでこない…真っ暗闇の中に閉じ込められいる。 親愛なる友が目の前で突然逝ってしまった。 長いこと山登りをしてきて、素晴らしい思い出は数えきれないほどあるが、友との行動はその中でも究極の体験だっただけに、私の心は真暗闇になってしまった。 再び山に登ろうとして支度をしてみるものの、どうしても登山靴を履く事が出来ないできたが、最近になって逝ってしまった友が頭の中で「こんな事で腐っていちゃ私は浮かばれないよ。早く山に帰りなよ!」と囁くようになった。 あれからもう4年が過ぎ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/06 07:38
困ったな〜何とかしなくちゃ
「オ〜イえらい事になっちぁった!」と倅が叫んだ。成程これはえらい事だ。 倅はお出かけ前に自分で頭の毛を刈り取っていたんだけど…クリッパーが動かなくなっちゃった。 頭の毛はまだ三分の一くらい残っているから、これじゃ恥ずかしくて何処にも行けないよとぼやいている。 「なかなかいけるヘアースタイルじゃん。このまま出掛けたら?」って言ったら「いくらなんでもこれじゃぁ…」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/04 08:08
石松の冒険・50q走っちゃった
部落を抜けて人のいなくなった林道を、爺ちゃんの運転するジムニーから下りて走り始めた。久し振りの長距離に挑戦だからワクワクするよ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/01 08:18
熊のロッククライミング
ロッククライミングの動画を検索したらとんでもない映像が映し出されて驚いたり納得もしました。 ほぼ垂直の岩壁を、親子熊が実にバランス良く攀じ登る光景は超一級のクライマーの姿でした。 熊・ロッククライミングで検索すると観ることができると思いますがこんな映像です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/27 08:19
近くの山で山菜採り
店の食材調達と岩登りの練習を兼ねて岩茸採りに行ってきました。 岩壁を攀じ登っての岩茸採りは爺のトレーニングには打ってつけの行動です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/07 21:42
山に登りて〜な
3年もクライミングから遠ざかっているうちに爺が更に爺になちゃった。 知り合いたちの楽しそうなクライミング話を聞いていると老いぼれ爺の心もついウズウズしちゃったりして… 早くカムバックして〜な。まだ登れるかな?ダメかな?…登ってみなきゃ分からないな。登ってみよう。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/07/28 08:34
お花見をしながら
家の前の坪庭の花が見頃になった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/25 08:39
別れをしないと自分の時間が無くなる
6月8日に今は亡き友に別れを告げた。 三年前の山での事故は、搬送中の心肺停止という事で山岳事故から一転して、過失傷害致死事件扱いになり、およそ二年の歳月をかけて捜査検証され、同行者の個意・過失は立証できず事件は立件に至らなかった。 でもこの三年間、ずっとわだかまりがあった。それは亡き友とのクライミングがあまりにも強烈な記憶として残っているからだ。それに加えて遺族方の誤解もあって民事訴訟の可能性が発生した。 それらが絡み合ったこの三年間は複雑な思いの日々だった。あれから三年…民事的にも時効が... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/06/10 13:03
便利になったもんだ
昼時の忙しい最中にケータイが鳴った。内容は何てことは無い、宝剣岳をロッククライミング中にルートが分からなくなったから教えてくれというものだった。早速ルートの写真をメールで送信してやった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/22 14:00
酔っ払い老クライマーの遺言
他人がどんな山登りをしようとも一生懸命行動して、感動している人の姿や言葉には幸福感がみなぎり、満ち溢れる情景が伝わってくるものです。 春うらら…何となく靄に包まれたような…そんなおぼろげな清々しさを味わいたくて、感動を綴ったブログを読ませて戴いているのですが… 最近…気になるブログに出くわしました。 投稿者の綴る文面がとっても気になるのです。 読めば読むほどに気に係るようになり、この投稿者のブログを片っ端から読み漁るようになりました。 その長編的文面は山登りの教科書的なのですが、一見、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/26 21:53
春の彼岸に思う事
女房の立ち日は21日、おふくろの立ち日は22日、時が経過すると自分の事が精いっぱいで、命日も忘れる事もあるから仏もさぞかし怒っているだろうな。 春の彼岸が来ると必ず線香と立てる仏がいる。仏は近所のホテルに勤務していたSという料理人だった。 もう10年くらい前の今日3月22日…彼は出勤前の早朝に渓流釣りに出かけたまま帰ってこなかった。 その年は解禁直後から型の良い岩魚が、まるで入れ食いのように釣れて、すでに120匹以上釣れたと喜んでいた。 翌日早朝、知らせを受けて捜索に向かう事になったが、... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/21 10:00
3月23日駒ヶ岳ロープウェイ運転再開
現在の積雪量は例年よりかなりの量ですから、大規模な雪崩の発生が予想されます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/18 12:00
えっ!!!!
とあるレストランの書棚の中に東京新聞出版局の「岳人」があった。 山から暫く遠ざかっていたあぶちゃんが何気なく引き出した本の表紙は、27年前の懐かしい岡部一彦氏の描いた岳人‐477だった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/17 15:51
今も登り続ける92歳
 先日、全く突然!大先輩のK氏が訪ねてくれました。4年振りの再会です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/11 13:43
山登りの教え魔症候群に罹った事がある
若いうちは、夢も希望もいっぱいあって、いっぱい頑張るからそれなりに自信が付いてきてさ。 とても素晴らしい事なんだけど、でもね…『先輩』って言われるようになると、つい嬉しくなっちゃって後輩の面倒を見るようになるんだけど、丁度そんな頃は自信過剰にもなっているから困った事に、頼まれもしない他人にまでちょっかいを出したリ、批判したり先輩気取りになっている時でもあるのさ。 一生懸命勉強して知識も頭の中に入っていて素晴らしい事なんだけど、知らずしらずのうちに生意気になっちゃって…恥ずかしいけどおいらはそ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/03 13:40
山で事故に遭遇した時 S 御嶽山・生きて帰った顛末記
事あるごとに自分の失敗の体験を後輩たちに語るようにしている。 それは、私と同じような失敗を繰り返して欲しくないと思うからだ。 奇しくも「生き抜く事」について話した三日後、御嶽山噴火の直撃を体験した後輩がいた。 頭を守る事しかできない小さな岩陰に身を潜めている時に、三日前の私の話を思い出しながら頭の中を整理したと下山直後に聞いた時、私の失敗談が活かされ、無事に生還して来た事を喜んだ。 後輩は、知識としては分かっているつもりでも、そんな知識は大自然の中にあっては無いに等しいと実感し、多くの人... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/28 16:51
山で事故に遭遇した時 Q  
 長い間山登りをして、高い所まで心も一緒に登ってきた。 高い所に立つ程に影も大きくなって、その影の中には多くの失敗や辛く悲しい思いが隠されている。 その体験から、二度と事故は起こさないと心に誓って行動してきたつもりだったが、それにもかかわらずまた事故に遭遇してしまう。 何事も無ければ実に爽快で楽しくそして感動し、時には神の存在を意識したりする。 登山という行為には規則がない。 だから規則は自分自身が決めるものであって、他人から束縛されるものではない。 それ故に己を厳しく律しなければな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/22 02:41
山で事故に遭遇した時 P 民事訴訟を想定した時
 事故を起こした者は、関係者に対して詳細に報告し理解を得る努力を惜しんではならないが、報告書は検証結果が出てから作成する事が望ましく、検証結果が出ない内は感情や憶測を入れない事実を、口頭のみの報告で止めておくべきだ。 第三者の憶測によって、事実が歪曲された情報が流れるのが通例であり、社会的制裁を受ける辛い時だが、その憶測情報によって一番影響を受けるのが遺族方だ。 裁判になれば原告は証拠を提出して被告の罪を追及し、被告は無罪を主張して争いの場となる。 裁判の結果は有罪か無罪か或いは和解(示談... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/22 02:38
山で事故に遭遇した時 O 遺族の反応
事故発生から半年後、遺族の代理人になった法律事務所から『貴殿らの重大な過失によって死に至った直接の原因は(中略)…、A氏が上から墜落して来て接触した事によってK氏が死亡し、K氏がクッションとなったからA氏は助かったと思料される』という簡易書留が届いた。 クライミングという事故の詳細をよく理解して貰えない遺族方の心痛は察するに余りあるものの、事故発生当初から加害者扱いにされた事は痛恨の極みであった。 担当刑事が事故原因を追究していく過程において「基準行為」(通常の人ならば当然するであろう行為)... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/22 02:37
山で事故に遭遇した時 N 遺族の悲しみと怒り
一家の支えを失った遺族は、他人には想像を絶する悲しみに打ちのめされた事は間違いない。 それでも「本人が望んでいた事の結果だから」…「精一杯生きたのだから」…「故人のためにも、残された者は一生懸命生きよう」…と悲しみを乗り越えようと努力していると聞いていた。 しかし…時間の経過と共に「自称ベテラン」による無責任な憶測意見や霊能者の「霊感によるカウンセリング」を受けるほどにIとKに対する疑心が増大し、悲しみから怒りへと変わり、遺族にとってはIとKは加害者であるにもかかわらず「謝罪がない」…「誠意... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/22 02:35
山で事故に遭遇した時 M 乱れ飛ぶ憶測情報
IとKとAは、それぞれの極限に挑戦するためにあらゆる努力をし、夢に向かって常に行動してきた。 その行動の中から『太くて固い絆は親子以上のもの』となり、その家族も含めて実に和気合いあいの交流が続いていた。 しかし事故発生以来、時間の経過と共に遺族方の反応は変わって行った。 事故発生と同時に、担当警察署の指示を受けたが、その指示とは…単なる事故ではなく「過失傷害致死事件扱い」であるから、報道によって憶測情報の広がる事を避けるためのものだった。 IとAはその指示に従って、遺族以外には事故の経過... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/21 07:53
山で事故に遭遇した時 L 自分たちの起こした事故
I  リーダー      登山暦54年 クライミング暦50年 A メンバー       登山暦40年 クライミング暦20年 K チームのリーダー 登山暦17年 クライミング暦17年 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/21 07:33
山で事故に遭遇した時 K リーダーの責務
 登山とは山岳地域の中にあって「自然環境との係わりを活動の意義とする行為」と定義したとしても、その行為を行うリーダーに問われ要求されるのは、事故や突発的事態に直面した時、リーダーの判断によっては「過失傷害・致死」等の刑事責任を追求され「損害賠償請求」の民事事件に発展する事を第一に考えておかなければならない。 過去における山岳事故が「危険引き受け」の理論(自分自身が危険の可能性を自覚して挑んだ行為だから、重大な故意・過失が無ければその責任は問えないとする法律上の理論)によって、通常は刑事的にも民... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/02/20 08:21
山で事故に遭遇した時 J 疲れて面倒臭くなったから起こった事故
 四名がベースキャンプを出発したのは前日の午前零時だった。 16時間かけて山頂に立った時はすでに午後の4時を回っていたから、下山途中のクレバスの中でビバークとなり、一夜を明かして再び下山が始まった。 天候は快晴だったが、ものすごい強風が吹き荒れている。 登頂後の下山ルートをリーダーは何故か往路を辿らずに懸垂氷河を選んでいた。 リーダーの指示によって、私が先行して70度ほどの氷壁にザイルを固定しながら下っていく。 60メートルのザイルは強風に煽られて真っ直ぐ天空に舞い上がり、その回収に手... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/02/19 23:21
山で事故に遭遇した時 I 「動く筈がない」と決めつけた結果
 モンブランから流れるボソン氷河でアイスクライミングのトレーニングをしていた。気温は異常とも思えるほど高く、氷河が溶けて氷の上が川になっていた。体調は絶好調だし、現地で購入した新製品は予想以上の性能を発揮してくれた。 90度を超える氷壁がいとも簡単に登攀できる事に仲間たちは歓喜していた。 明日の事もあるし「今日はこれで打ち切りにする」と仲間に告げたが、仲間たちは承知しなかった。 あまりにも楽しくて、あまりにも上手に登れる自分にすっかり酔いしれてしまっているのだ。私もその中の一人だった。それ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/18 18:49
山で事故に遭遇した時 H 自力脱出
 甲斐駒ケ岳の山梨県側、冬の黄蓮谷左俣の難関50メートルの氷瀑「大滝」を登攀中にM君が墜落して、肋骨骨折、左足首捻挫と更に右脛骨を骨折した為に歩行がまったく不可能になったが、通信不可能な場所だったために通信機は持参していなかった。 救助依頼を考えたが、その為には谷底から尾根に出て、それから下山するだけで丸一日はかかる。更に救助要請しても隊員の動員や仕度をして出発するのに早くて半日、出発してから現場に到着するのに一日、そして救出作業にも二日はかかり、歩行不可能のM君を救出するためには最低でも五日... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/17 13:13
山で事故に遭遇した時 G 残置支点未確認による事故
 北アルプス屏風岩の東稜ルートを二ピッチ登り終えた時、ガシャ〜ン、ガラガラッという音が響き渡った。 事故は「緑ルート」を登攀中のパーティーで、私たちの仲間のY君とS君だった。 S君が青白ハングの出口を乗り越えようとした時、残置ボルトが次々と抜けて50メートル墜落して宙吊りとなった。 確保していたS君は必死になって制動をかけたが、勢いのついたY君を止める事が出来ずにザイルは目いっぱい伸びきってしまい、その場に釘ずけ状態なり身動きがまったく取れない状態になった。 Y君は墜落中に岩壁に当たり、... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/02/16 08:12
山で事故に遭遇した時 F 用具の着用義務
 中央アルプス駒ヶ岳で遭難者の捜索活動中、偵察飛行を行っていた自衛隊のセスナ機が目の前で墜落したが、シートベルトを着用していたためと、雪深い中という事もあって操縦士は軽傷で済んだ。 その翌日、墜落事故の調査飛行を行っていたヘリコプターが、木材集材用の架線に接触して再び墜落したが、やはり操縦士は軽傷で済んだ。 航空機の操縦は危険な作業であり、殊に山岳飛行は複雑な気流の変化があるために大変危険だと言う。 それだけに作業に従事するには種々の厳格な規約があるらしい。 それを守っていたからこそ、奇... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/16 07:36
山で事故に遭遇した時 E 落石はまっすぐ下に落ちて来なかった
 登山シーズンも間じかに迫った7月の始め、三名のパーティーが中央アルプス駒ヶ岳を目指して登っていた。 一行は「濃ヶ池」を過ぎ、馬の背の稜線から駒ケ岳山頂近くの幕営地まで到達していたが、濃霧のため現在位置に確信をもてなかったので、濃ヶ池まで引き返した。 落石の危険を避けて濃ヶ池畔にテントを張ったにもかかわらず、真夜中の就寝中に落下してきた重さが3トン以上の扁平の巨石に襲われた。 一番山手側に寝ていた者と、真ん中に寝ていた者の間に巨石は50センチ以上も突き刺さった後に反転して一番下手に寝ていた... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/15 08:07
山で事故に遭遇した時 D 60余名が凍死寸前の市民登山
 中央アルプス稜線上の山荘は突然大騒動となった。 登山客の食事も終わり、そろそろ就寝に就こうとしている夜の八時頃、宿泊客は30名ほどだったが、外は雷鳴が轟き、雷光で雑誌が読めるほど光り、嵐となっていた。 そんな嵐の真只中の山荘に登山客が救助を求めてきた。 Tキロメートルほど下で仲間の60名ほどが動けないでいると言う。 山荘の従業員と、宿泊中の屈強な自衛隊員にも出動して貰って救出作業が始まった。 真暗闇の這い松の中で、身動きがとれずに泣き叫んでいる親子や、,意識がなくなって倒れている者が... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/02/14 00:23
山で事故に遭遇した時 C 目前の重大事故は警察署の指示で行動する
 ゴールデンウィーク中の中央アルプス宝剣岳直下で、他のパーティーの滑落事故が発生して救助の依頼を受けたが、すぐには事故現場には直行しなかった。 その理由は… 地元警察署と協議して事故処理の指示、或いは出動の許可を取る必要があった(救助依頼の引き受け元の確認)。 一刻も早く事故者の生死の確認が必要なのだが、出動する能力が自分たちに有るか否か、出動するならば自分たちの力量、救助に必要な用具類の確認と人選を慎重に協議しなければならない。 万が一救助作業中に事故が発生した場合、救助隊員に順ずる身... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/02/13 07:24
山で事故に遭遇した時 B 予備日の計算
 登山計画を立てる時、行動する人の体力の差は年齢によって大きな差があるから、出来る事なら同年代の人と行動する事が望ましい。 20歳〜30歳代の人と60歳〜70歳代の人が一緒に行動すると、必ずといっていいくらいトラブルが発生するのが現状だ。 40歳代までならそれほど差が出ないが、50歳を過ぎると瞬発力は有るが持久力が衰えてくる。 60歳代になると標準タイムの3割増し、70歳代になれば顕著に体力は落ちてくるから2倍の所要時間を計算しないといけない。 高齢者の登山は3日が限度と考えるのが賢明だ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/02/13 07:23
山で事故に遭遇した時 A ある同好会的グループ
事の是非はともかくとして変わったグループが存在する。 リーダーは休憩場所を目指して後続には目もくれずマイペースで歩いて行く。 あまりの速さのために後ろに付いて行ける者は居ないから、ペースメーカーの居ない集団の行動は散々吾々で、前後を行動する人の確認がまったく出来ていないが、誰もそんな事は意に介さず歩く。 後続者が休憩場所に到着すると、先行したリーダーがコーヒーやココアを温めて待っていてくれるから、とても親切で気の利くリーダーだとメンバーは喜ぶ。 このグループは、山に登って酒を酌み交わす事... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/02/10 08:55
トンネルを抜けると其処は…
冬季閉鎖されている赤石林道(R251)を数10年振りに歩いてみました。 赤石林道は、中央アルプス山麓に広がる伊那の谷から南アルプス南部山中の遠山郷を繋げる険しい林道で、詳しい事は忘れましたが40年ほど前に開通した林道です。 遠山郷は日本の秘境100景にも紹介されている谷奥の郷で、車社会になってからも街に出るには2時間近くもかかりましたが、この林道が開通してからはとても便利になったものでした。 誰も通らない林道の雪道を歩くのはとても気持ちが良いものですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/09 10:37
山で事故に遭遇した時 @ 始めに
「自然(山)は万物の源なのだ」と唱える思想家がいた。 その領域は無限であり、人は無限の中から何かを感じ取る。 その感じ方は千変万化するが、自然(山)は決して変わってはいない。 千変万化は、その領域に入っている者自らの心の変化だと説く。 山登りを計画する時、最悪の事態を想定してそれに対処できるようにしてきた。 万全の体制で行動するにはそれなりの知識と経験と装備等々が必要となるが「この程度で大丈夫だろう」と言う自然の偉大さを知らない驕りから、それを省いた分だけリスクとなり、私も最悪の事態に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/04 18:16
新たな出発 ダブルアックスの誕生
あれから9年経って、アルピニズムの発祥の地、アルプスの氷を登りにに来ていた。 今まで見た事もなかった用具の出現や、登攀方法とテクニックを目の当たりにした9年前の体験をもとに、試行錯誤しつつ氷雪技術を磨いて再びアルプスの氷を登りに意気揚々としてやってきた。 名だたる岩稜や岩壁がほぼ登り尽くされた感のあるアルプスも、いよいよ純然たる氷の壁や氷の溝(クーロワール)が登攀対象になり始めて来た時だ。 幸いにして私には、日本に居ながらにして世界の最先端の素晴らしい用具や技術の情報源があったから、9年前... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/09 11:55
新たな出発
1月15日。1ヵ月振りに山から下りてくると、ハーミテージは真夏。 ビキニ姿の美人が大勢いて目線はどうしても… しかしどの女性を見てもスタイルは抜群だ。山登りの計画はすべて終了した。 夜はマトンの足5本を焼きながら焚き火を囲み、ラム酒をあおりながらバーベキューパーティーとなった。 レインジャーや、南極観測隊員だった大工のおじさんたちも交え、夜の更けるまで呑み、食べ、騒ぐ空には南十字星が輝いていた。 さらばハーミテージ。Mtクックが雲の中に隠れて行く光景は素晴らしくフィナーレにふさわしかっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/08 21:12
仙丈ケ岳で遭難寸前
吹雪の仙丈ケ岳山頂直下を行動していた時突然身体が軽くなった。 私は雪庇を踏み抜いて墜落したらしい。 繋がっているザイルを引っ張り大声で仲間を呼ぶが、吹き荒ぶ吹雪のために誰も気が付いてくれない。 時間にすれば数分間の事だったかも知れないが…前後を歩く仲間がザイルの抵抗の異常に気が付き引き揚げてくれて事なきを得た。 山頂直下の地蔵尾根に幕営して翌日に目的は果たした二泊目。天気図を作ってみると未明に猛烈な低気圧が通過する事が分かった。 この時点で避難すべきだったが、私たちの体験では「大丈夫だ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/12 09:39
山で感じる時
ある時フッと山に登りたくなる… それはごく単純な思い付きで綺麗な景色を楽しみたい、仲間と楽しいひと時を過ごしたいという時もあるし、社会の重圧から逃れるために登る時もあるかと思えば、心の中に長年温めていた夢の登山もあリ、それぞれがそれぞれの思惑を抱いて山に入る。 独りで登る人…家族で登る人…夫婦で登る人…仲間と一緒に登る人…ツアー登山の人… それぞれの表現は様々だが、山はそれぞれにみな公平に感動と言う頂点を提供してくれる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/11 17:14
石松の散歩
朝と夕方、石松の運動を兼ねて裏山に入る。リードなしだから石松は藪の中やスキー場を思いのままに猛然と走り回る。おいらは、嬉しそうに走り回る光景を眺めながらジムニーで後ろから追いかける楽しいひと時だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/10 08:33
結局今年も山に行けなかった
秋もすでに終わろうとしている。家の前に聳える宝剣岳も白くなり始めた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/05 13:35
御嶽山から生きて帰ってきた
S嬢がいきなりおいらの胸の中に跳び込んで「生きた帰ってきた〜!」と叫んだ。 テレビ朝日が、中央アルプス宝剣岳を登っているところを放映していると聞いていたから、S嬢がガイドしていると思い込んでいたから、その後に事故が起きたと咄嗟に考えたがそうではなかった。 彼女は御嶽山の噴火したその現場にいたという。 軽トラック大の岩が噴き上がり、目の前に落ちて砕け散り、硫黄臭が漂い始め雷が鳴り、吹き荒れる噴煙で視界も効かず、火山灰は膝まで積もり、これで死ぬのかなと思ったそうだ。 今回はガイドの下見で、客... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/09/28 07:45
あぶちゃん日記増刊号 V
あの頃はお金持ちだった。 おいらがまだ20代前半の頃だから昭和30年後半の事だ。 巷ではイチマンサンゼンハッピャクエンって唄が流行っていた。 ニコヨンと言われた日雇い労務者の日当が254円で、土方仕事の日当が700円。 大学卒業生の初任給が13,800円の時の唄だ。高卒が7千円だったかな?  この頃、おいらは山登りを始めたばかりで、歩荷訓練を兼ねて中央アルプスの山荘に勤務していた。 山岳会のリーダーがオーナーという事もあって、その時のおいらの初任給は5万円だった。そして2年目になると... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/12 16:58
あぶちゃん日記増刊号 U
 あの日の夜は寒かった。 一日中雪掻きをして体が冷え切っていたから、近所の24時間営業している日帰り温泉に行ったのさ。  午後の10時過ぎ…脱衣場には誰も居なかった。 外はシンシンと雪が降っていて、肩をすぼめて浴室に入ると、モウモウと湯気が立ち込めていた。  温まろう…風呂桶を床に置くとカッコ〜ンと浴室に鳴り響き、思わず心地いいなぁ〜と独り言を口走る。 腰掛に座って、低い位置にセットしたシャワーの温度調節をしてから蛇口を捻ったのだけれど…この蛇口は故障していて、温度調節が効かない代物だ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/12 16:53
新たなる憧れの山〜金峰山〜
昭和42年、中央アルプス駒ヶ岳にロープウェイが架かった前年まで、稜線上の天狗荘に勤務していた。 伊那前岳の向こうに南アルプス北部の山々と八ヶ岳連峰が展開し、更に直線距離にしておよそ75km、東北東彼方に秩父山塊の金峰山・五丈岩の尖塔が眺望できる。毎日のように眺めていた金峰山・五丈岩。 山小屋生活を想い出す時、何故か決ってBGMのように、遥か彼方に霞む金峰山と五丈岩が展開してくる。 甲斐駒ケ岳の登攀が終わって稜線に立つと、五丈岩が何時も一番先に目についた。 歓喜の中で登った宝剣岳中央稜、八... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/27 13:28
今年はコバイケイソウの花は咲きそうもない
山の残雪もだいぶ消えた千畳敷カールには、大勢の人が訪れるようになりました。 山に登る人、高山植物と雪渓歩きを楽しむ人、写真撮影する人、そして頂上を目指す人と様々です。 朝7時、宝剣岳は霧の中に見え隠れしていましたが、すぐに霧もとれていい天気になりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/23 06:19
木曽駒ヶ岳の好い土産品ができた
ロープウェイ会社の社長さんから飴を戴いて驚きました。 6月27日に中央アルプス駒ヶ岳のロープウェイがリニューアルした事に合わせて、土産品として新たに販売する飴だそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/03 14:48
二冊になった迷著
ナ〜ンて言うと格好いいけど、とにもかくにも二冊の本が出来上がった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/07/01 22:04
休みの日は…
このところ八ヶ岳山麓通いが続いている。 八ヶ岳の主峰、赤岳へのアプローチの通称御柱街道を進んで行くと、主峰は雲の中だが、街道の周辺は見渡す限り高原野菜の畑が広がり、中々の眺めだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/24 12:06
一年振りの山
六月になったと言うのに今年は雪が多く残っています。でも雪はザクザクに腐ってアイゼンが団子状になるからピッケルで叩き落としながら登って行きました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/06/09 08:14
「長い壁・遠い頂U」副題「記録に残った山・記憶に残る山」
若い頃登った山の記録と、歳を取ってから75歳のお婆ちゃんと登った記録や、お婆ちゃんの最後の山登りとなった記録をまとめていたらブログの更新をすっかり忘れていました。 90頁ほどの題名は「長い壁・遠い頂U」副題「記録に残った山・記憶に残る山」もうすぐ完成しそうです。 お婆ちゃんが山に逝って、あと数日後に三回忌を迎えますが長く辛い二年間でした。 事故は過失傷害致死事件として扱われ、およそ二年を掛けて検証され、ようやく結論が出ました。 およそ二年にわたる検証の結果、あなた方の過失を立証する事は出... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/04 09:23
ツリークライミング・本職の技
数年前に家の前の2本の唐松が、つむじ風で倒れた。 そして3月の大雪の時には家の横の唐松の枝が折れて電線に引っ掛かる事態が起きた。 周辺の唐松はいずれも老木で味わいのある姿だが、おらんちのボロ小屋が潰される可能性が考えられたので伐採してもらうことになった。 周辺は電線だらけなので重機を使う訳にはいかないから、ツリークライミングの達人たちのお出ましだ。 使う用具はクライミングとほぼ同じ性能らしく、興味があったから見学させてもらうことにした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/02 06:19
自主避難・鉄砲水が来るかもしれない!
昨夕5時、1級河川の大田切川の水が突如無くなってしまったと、工事関係者から通報があった。 大田切川は駒ヶ岳、空木岳を源として、天竜川に一直線に流れ落ちる暴れ川だ。 大雨が降ると、川幅いっぱいに濁流とともに巨石が火花を散らしながら流れ落ちる。 そんな暴れ川の水が止まっている。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/28 08:51
テントの中で…
もうすでに4日が過ぎたが、外は相変わらず白いカーテンが下りるように雪が降っている。 除雪が間に合わないから、テントを撤収して周りの雪を崩して踏み固め、3度も張り直した。 10日間の縦走計画は、急遽ラッセル訓練に変更して天候の回復を待つことにした。 テントを張り直すと、稜線までラッセル訓練を兼ねて往復をするが、2メートルを超えるラッセルは停滞中のストレスを発散できるからそれなりに楽しいテント生活ができる。 高出力のトランシーバーで、麓の現地本部と交信しているからお互いの情報は密にとれている... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/22 10:20
雪の中で6日間の缶詰め
積雪が20cm以上になると、すぐに来てくれていたのに、こんなに雪が降ったのに除雪車がさっぱり来ない。 地元観光会社の機転で一応、車1台が辛うじて通行できるようにはなったが、前回降った雪が片ずいていないところへ、追い打ちをかけるように降ったから除雪が間に合わないのだろう。 県道にもかかわらず、軽自動車のすれ違いもできないから当然のように定期バスは運休、高速道路も通行止め、電車も運休、タクシーも来ないからどこにも出られない。 行政に頼っていてもらちが明かないから、自分たちの歩く道の除雪に明け暮... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/21 12:38
久し振りのラッセル
遠慮もなくよくもまぁ降り積もったもんだ。腰までの雪に歩くことも儘ならない。 1メートル以上も積もった屋根の雪おろしをしないと家が潰れてしまう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/16 08:11
石松の冒険・高烏谷山に登ったぞ〜
爺ちゃんのスーパーカブの後ろについて家を出発した。 爺ちゃんが時速20qで走ってくれるから、おいらにとっては軽いジョギングのようなものだ。 それに今日は暖かいから走っていても気持ちがいいな。 高烏谷山(タカズヤサン)と言う、標高1300mちょっとの山に行くんだけどけど、どんな山か楽しみだ。 でも往復30qもあるんだ。 30分ほど走ったら、目指す山が近づいてきたよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/02/05 15:09
どなた様でしたっけ?
昨日の夕方、愛犬石松を連れて橋を渡っている時、車が進行して来たので端に避けて通過するのを待っていた。 車が徐行してくれたから、有難うございますと会釈すると、ハッキリとは見えないがドライバーの方が親しみを込めた眼差しを送ってくれた。 きっとおいら達を知っている人なのだろう、どなた様か知らないが、失礼があってはいけないので「ご迷惑を掛けました」と深々と頭を下げ、礼を申し上げてから顔を上げると、ドライバーが嘲笑の眼差しを返しながら走り去って行った。 どなた様と思ったのは長男だった。 家に帰りス... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/02 09:24
アイゼンを研ぎながら…
山道具用の倉庫の中に、ピッケルとアイスバイルが数セットと、アイゼンが入った二つの箱がある。 アイゼンは何足あるか数えた事もないから分からないが、ほとんどが山で逝った友人たちの遺品だ。 山支度が終わってその姿を見ると、このパーカーはH氏の形見だ…このフリースはOさんの形見…この靴は…このザックは…このピッケルは…下着以外はみんな嘗ての岳友たちの遺品で身支度されているという事がしばしばある。 毎年11月に入ると、ピッケルとアイゼンを研ぐのが恒例になっていて、購入時よりも更に鋭く研ぎあげる。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/02/01 13:38
落ち葉を集めて焼き芋だ〜
夕方、落ち葉が乾いたから焚いて焼き芋を作ろう。 焼き芋より、落ち葉の燃える煙が、山風に乗って流れて行く先に、残照がピンクに染める南アルプスを眺めるのが好きだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/15 11:40
秋の移ろい
10日前までの山の色は緑だった。 それから色が変わり始め、朝の色と夕方の色がはっきりと分かるくらいに違ってくる。 あと数日経つと錦秋の世界になる。 秋の移ろいは、感動の世界と共に感傷に浸る季節でもある。 永年お付き合いしていた人の訃報が入った…絶句…線香を焚き合掌。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/25 06:34
中央アルプスが初冠雪
駒ヶ岳ロープウエイ起点のしらび平は紅葉の真っ盛りですが、千畳敷カールが雪化粧しました。 山はいよいよ冬到来です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/10/19 11:31
熊に逢いたいんだけど…
おら、まだ一度も熊に出会ったことがない。 死ぬまでにどうしても会ってみたいんだけど… 猪やカモシカや猿には何時も会うんだけど、熊だけが会ってくれないのさ。 たった今、したばかりの湯気の立つウンコはよく見かけるのに何故かまだ一度も… なんで熊に会いたいかっていうとね、おらがこの自然の中で、自然体で居るかそうでないかを確かめたいんだ。 出会った時、熊がどういった行動をとるのか、それを見届けたくってね。 襲われたらおらが挙動不審者で、その場に居る事が相応しくない事になるじゃん。 でも、も... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 1

2013/06/12 17:25
貧乏人の食卓は残り物で作ったカレーだ
昨日は馬のスジ肉を炊き込んで、それを酒の肴に食べたのは良いんだけど…ブヨが出てきやがった。 早速手製の香取線香と言うか、何というか… ヨモギを乾燥させて作った自家製の虫除けに着火。 たちどころにブヨは何処かへ退散していった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/06/11 13:21
きわめて危険!千畳敷カール
昨日宝剣岳に行ってきましたが、宝剣岳直下の岩場の崩壊が激しく、落石が頻繁に発生しています。 ほとんどの登山者は無関心のまま行き来していますが、非常に危険な状態です。 雪渓上部には細心の注意を払って行動していただきたいものです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/06/09 07:19
おんな三浦雄一郎
嗚呼…この心の落ち着きは何故かしら。 お母さんの胸に抱かれているような…いえいえ違います。 お母さんも居ない、家族もいない、愛しい子供すらいない、居るのは私だけ。 90度の絶壁を登っているというのに ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 4

2013/06/08 18:39
中央アルプス池山1740mハイキング
早朝、日課の山菜取りを終えて何時もの喫茶店に立ち寄ると、某観光会社の社長さんが山登りのいでたちで待ちかねていた。 「あれっ!明日じゃなかったの?」 おいらは約束の日にちを一日間違えていた、ご免なさいって事で出発したのが10:00を回った頃だった。 地域の観光スポットを、少しでも多く知っておきたいという社長さんの要望に応えるために、通常の往復コースから逸れて歩き始めた。 起点の駒が池から別荘地を通り、林道を登って行く。登山コースの二倍の道程だが、いろいろの角度から見てもらいたいから、緑の天... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/06 18:53
ウドブキ(イヌドウナ・ヨブスマソウ)
この時期の山菜取りは疲れるよ。 コゴミ、山ウド、ウドブキ、ハンゴンソウ、イタチササゲ、ツリガネニンジン、ナンテンハギ、ワラビ等々が所狭しと顔を出しているから参っちゃう。 今日は心を鬼にして、コゴミとヤマウドとイタチササゲ、ウドブキだけを採ることにした。 小指の太さのワラビ等々に目もくれず、目的の獲物だけを採取する。 とは言ってもとても採りきれる量ではないぞ。 15cmほどの極上のウドブキが旨そうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/06/04 15:48
山火事<1カ月後の霧ヶ峰>
4月28日、野焼きの火が強風に煽られて山火事となり、霧ヶ峰は自衛隊が出動するほどの大規模な山火事となった。 あれからおよそ1か月経った5月25日、山肌は枯草の燃えかすで辺り一面真っ黒だった。 ある識者たちは一様に「貴重な草原が失われてしまい、被害は甚大だ」と言っていたが、おいらはそうは思っていなかった。 たぶん…土地の所有者たちも「いっそ、もっと燃えてくれた方が良かった」と思っているに違いない。 それから9日経った6月3日に再び訪れてみると…焼けただれた現場は、燃えなかった所よりいち早く... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/04 05:16
ラショウモンカズラは綺麗な花です
半日陰の湿地帯を歩いていると、木漏れ日の中に紫色の花がひときわ目を引きます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/25 13:59
三円足りなかったから休んじゃった
早朝、裏山を何時ものように…いつもの踏み跡を辿って歩き、いつもの所で腰を下ろして煙草に火を点けます。 お天道様に暖められ始めた大気が風を産み、その爽やかな風に乗って煙草の煙が、山肌を遊びながらゆっくりと登っていきます。 毎朝の事なのですが、そのたびに感動はとても新鮮です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/05/25 06:34
あっ!
昼過ぎにR152の分杭峠でヤマウドを調達した。 この峠は中央構造線の露出地帯のゼロ磁場で有名だけど、数年前から「気の里」として脚光を浴び、全国から大勢の人たちが気を浴びに訪れるようになった。 以前は静かな所で、自由気ままに山菜取りができたんだけど… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/21 07:53
今夜の晩酌のつまみは…
倅が田植えのアルバイトに行っている。 太陽の直射と反射に日焼けして真っ黒い顔になって帰ってくる。 よし!ちょっとスタミナをつけなくちゃ…ってことで鶏のもも肉を甘辛く煮付けた。 鶏皮を包丁の先でぶつぶつ刺して味がしみ込みやすくして煮る事およそ10分、最後に<養命酒醸造>の味醂で仕上がった所へ倅が帰って来たが、なんと!友達の所へ泊まり込みで出掛けるとの事。 結局、爺の晩酌のつまみになった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/18 07:19
貧乏人の贅沢三昧
野生のミツバが食べ頃になったから、今日はトリワサをご馳走になろう。 鳥のささ身をさっと湯に通してから…採りたてのミツバとワサビで… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/05/17 06:22
あぶちゃんの<老子的>心
一昨日、店を休んで倅と山菜採りに行って来た。 昨年の今頃もそうだった、あの時はバイクの「スーパーカブ」の荷台に乗って、運転する倅の背中の体温を感じながら年老いた自分と、成長した倅をしみじみと実感したものだった。 今回もまたひとつ成長した倅と、ひとつ老いぼれた自分を感じつつ…後どれくらいこんな一刻を過ごせるのだろうかと考えながら、同じ状況だったおふくろの思いとダブらせたものだった。 若い頃は子供たちに背中を見せてきたが、今は子供の背中を見る事が多くなった。 これも自然のサイクルだから、私は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/12 04:55
<イチリンソウ>と<ニリンソウ>
昨年の今頃…ニリンソウと間違えてイチリンソウを食べた人が食中毒になりましたので、今年も投稿しました。 イチリンソウの花は ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/06 16:01
カタクリの球根は美味
裏山にカタクリの群落があって、木漏れ日の中で咲く姿はとても綺麗です。 でも…純白の球根を茹でると透明感が出て、この球根はとても美味なのです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/06 15:45
エンレイソウが咲きました
家の周りの草むらにエンレイソウの花が咲き始めました。 咲き始めは純白ですが、やがて淡い紫色に変わっていく姿を見るのも楽しみのひとつです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/06 15:37
山で<楽しんだ人><悲しませた人>
昨夜、九州の「佐世保山岳会」の友人たちが西穂高岳の帰りに立ち寄ってくれ、楽しい一夜を過ごしました。 新人のF氏は大分しごかれたらしいです。しごきとは虐待ではないですよね。 先輩たちは、新人の限界を見極めつつ可能性を模索するのが所謂しごきです。 私が初めて山岳会に入会して参加した、5月の訓練合宿のしごきの体験は悲惨なものでした。 疲労困憊の極みで帰宅した時には、どんな嘘をついても山岳会を退会すると心に決めていましたが、一夜明けると昨日の気持ちとは裏腹に、一つの事をやり遂げた満足感が心の中に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/06 15:28
黒川鱒の刺身
クロカワマスはドナルドソンと言う名の魚です。 中央アルプス駒ケ岳を源流とする黒川の水は超軟水で、雪解け水の温度は低く、そこで蓄養される魚は通常の養魚場よりも3倍も成長が遅いそうです。 しかし、じっくりと時間をかけて育つ魚の品質は極上です。 ですから、私は勝手にこの鱒科のドナルドソンを敢えて黒川鱒と命名したのですが、シナノユキマスやアルプスサーモンと比べて、適度の脂肪分が素晴らしく、刺身には打って付けの魚です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/04/15 07:28
春味満載<冷やし中華そば>
山菜が採れ始めたから、この間から冷し中華を食べたかっただよ。 で…調達に行ってきた。 食材はワラビ、セリ、ナンテンハギ、山ウド、コゴミ、コシアブラはまだだけど… 今年第1号の山菜冷やし中華の出来上がり。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/04/05 15:02
客が去ると<猿ばかり>
おらは、昨年から冬の間は冬眠することにした。 店で使う食材が無いわけじゃないけど…これはという旨い食材がなくってね。 それで春まで待つことにしたのさ。 冬眠中の収入は倅のスキー場の稼ぎだけだから、おらは扶養家族になってるだよ。 マッ、山ん中だからお金を使うこともないし気楽なものさ。 今年の冬は雪もたくさん降ったし寒かった。 −25℃になった時なんか川が凍っちゃって… 凍った水面の上を水が流れるからそりゃ〜もう大変さ。 友人のやっている養魚場なんか、水が入ってこないから終日川の氷壊... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/13 08:18
廃品で作った燻製器
養魚場の友人から3キログラム程の鱒(ドナルドソン)を戴いたから又燻製を作ろう。 下ごしらえして、扇風機の風で2日かけて水分を飛ばした魚の肉厚は3分の2になった。 おら…貧乏だから燻製器なんてものはないが、貧乏してると知恵が無尽蔵に出てくるんだ。 まず、散々使い古した卓上コンロ…捨てる寸前だった。 そして、バーベキュー用のバケツに小さな鉄なべと壊れたヤカンの蓋、これも捨てないで良かった。 それに、ガス釜の外用器と段ボール箱…捨てれば塵だけどおらんちじゃ立派な燻製器になるのだ。 バケツの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/13 07:25
寒いけどやっぱり春が来ている
昨日一昨日と暖かだった。 川縁には氷柱が垂れているが、その水辺にネコヤナギが一気に芽吹いた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/02 09:50
錫のぐい飲み
昨年の秋、滝田栄さんご夫妻と雑談している時、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/01 16:03
爺ちゃんはパソコン4年生になります
今から3年前のちょうど今頃の事です。 『野生動物の報道写真家・宮崎学』氏から一台のパソコンを戴きました。 携帯電話もろくすっぽ使えないメカ音痴として、近所でも有名なおらにとって、これは一大事です。 一生懸命キーボードを打つ練習をして何とか…なにしろ独学ですから大変です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/28 17:19
燻製に初挑戦しました
4Kgほどの鱒(ドナルドソン)を2尾、友人から戴いたので燻製に初挑戦したみました。 三枚におろして四等分し、荒塩をたっぷりとまぶして一昼夜漬け込み、再び一昼夜の塩出しをして更に一昼夜風干しすると、水分の出た鱒の肉厚は半分以下になりました。 何はともあれ、温燻は初挑戦ですのでシンプルな味付けでやってみたいと思います。 以前に、アウトドア用のスモーカーで作った事はあったのですが、即製の熱燻用なのでイマイチ面白くありません。 今回は温燻に挑戦です。 勝手口の川縁で炭おこし用のバケツで炭に着火... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/27 21:57
やっぱり冷たくて熱い話
おらのチンチンは第3度の火傷で済んだからまだ良かったけど…k氏は酷かった。 したたか呑んで帰ろうとした時、足がもつれて飲み屋の店内の小さな池に、後ろ向きに倒れ込んじゃって上半身が沈んで、両足だけが池から出ていてね。 仲間が両足を持って引っ張り出そうとしたんだけど…運の悪い事に、池に垂れ下がっていた板に引っかかっちゃって引きずり出せないのさ。 やっとの事で引き上げられた時のk氏は、池の水をたらふく飲んで溺死寸前だったよ。 寒中の夜更けの事で、工事用のビニールシートに包まれてタクシーで帰って... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/02/19 15:23
ウ〜寒ぅ〜!ギャァ〜熱つぅ〜!
一日中雪掻きをして、身体が冷えたから近所の日帰り温泉に行ったのさ。 24時間営業だから都合が良くってね。 午後の10時過ぎ…脱衣場には誰も居なかった。 外はシンシンと雪が降っていて、肩をすぼめて浴室に入るとモウモウと湯気が立ち込めている。 「暖まろう」 風呂桶を床に置くと、カッコ〜ンと浴室に鳴り響く音がして「心地いいな〜」と思わず独り言。 腰掛に座って、低い位置にセットしたシャワーの温度調節をしてから蛇口を捻った。 物凄い湯気と共に出てきたのは熱湯だった。 後ずさりして逃げようと... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/02/19 14:26
あの日あの時
 あの日は、大相撲の関脇「栃司関」の引退相撲に招かれて両国国技館へ行っていた… 二日前に「曙」が横綱に昇進して、国技館での初めての横綱土俵入りを見ることができ、栃司関の引退相撲と断髪式が終わってから、イチマサ社長と浅草に繰り出した。 男の裸を見た後はやっぱり女性の裸を観るってもんだべさっていう事になって、R座の客となった。 R座は日本でも有名なストリップ劇場で、其処に出演するダンサーたちは、雑誌のグラビアに登場する絶世の美女ばかりが出演する所だ。 ファンファーレが鳴り緞帳が上がると、ドラ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 1

2013/02/11 08:19
暗闇の中から射し込んだ一筋の光
昨年の6月以降、おらの心は扉を閉ざした。 他人に明るく振舞ってはみても、それは所詮道化は道化、心の中には光が射し込んではこない。 俗世間が嫌になった、反吐が出るほど嫌になった。 人のために尽くしたことが仇になって還ってくる。 誰も居ない所で独居したい気分だ。 そんな真っ暗闇の中で、無性に会いたいと思っていた爺ちゃんが訪ねてくれた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 3 / コメント 1

2013/02/06 17:13
山に向かう人
お気をつけて…… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/02/03 08:43
外は猛吹雪だ!
ヒュルルル〜…ブワウン〜…木枯らしが渦巻いて、けたたましい風切音を出しています。 バタバタバタと幟旗が千切れんばかりに悲鳴を上げています。 ぼろ小屋のトタン屋根が剥げそうなくらい音を立てて喧しい事この上もありません。 外は立っているのがやっとくらいの猛吹雪になりました、土曜日だと言うのにこれでは商売あがったりです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 14 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/12/08 16:06
駒ヶ岳ロープウェイ<千畳敷駅>
午後3時を過ぎて太陽が西の空に傾いて来ると、宝剣岳直下の千畳敷カールの陰影がくっきりと表れ始めて綺麗だよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/11/28 13:14
自然に育った木は逞しい
茸採りの帰りの事です。 まったく人の手の入っていない山に育つ木を見て気が付きました。 地面のすぐ上から大きく枝を張って、バランスを取りながら徐々に背丈を延ばしています。 だから遠くから見るとピラミッド形の樹相はいかにも逞しく見えます。 これならどんな嵐が来ようともへっちゃらなはずですよね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/11/11 14:23
また会えるなんて夢のよう
山の中で茸採りをしていたら携帯電話から呼び出し音が聞こえてきた。 音声は、紅葉真っ盛りの木々を揺する風切音で聞き取り難いし、相手の電話番号にも覚えが無かったが、電話の主もかなり興奮気に話してきた。 11月4日に訪ねて来てくれるという事だけ分かって電話を切ったものの、寄る年波に記憶力も大分低下しているから、その人が誰だか分かるまでに大分時間がかかってしまった。 困ったあげくに、失礼とは思いつつリダイヤルしてみたら、とても懐かしい高知県のY氏だと分かり、心が躍った。 初めてお行き会いしたのは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/06 14:57
行こうか戻ろうか<八合目>
先日、ある事に区切りがついた。 25年もかかってようやく区切りが付くと実感した時、山頂にあと数歩で達する時と同じように、突然時間は止まり、今までの事が走馬灯のようにぐるぐる回り始め、やがてその感動が飽和状態になり爆発しそうになった。 そして最後の1歩を頂点に置いた時、今までの苦痛から解放されて心は鎮まって行く。 そして自分の頑張りに感動し、今の自分の幸せを実感する。 頑張りどころは何時も八合目からだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/11/06 10:30
散歩と言うか…キノコ採りと言うか…
朝、小さな茸を残しておいたので、夕方はその回収兼散歩に出掛けます。 中央アルプスの紅葉も、稜線から次第に標高が下がってきました。 夕暮れ時の山の中はとても静かで心が落ち着きますね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/04 12:05
きのこが出始めました
家の周りを何時も見ているつもりだったんですが、見落としってあるんですね。 ハナイグチがこんなに大きくなって…二日前に採っていれば最高だったと思います、でも乾燥しているからきのこはしっかりとしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/29 11:57
中央アルプスが紅葉の始まり
ここ数日寒くて、寝る時は毛布と布団で寝るようになりました。 昨夜はファンヒーターを入れて晩酌です。 川の水温は9℃、中央アルプスの千畳敷カールに霧がかかり、その中にロープウェイの終点「千畳敷駅」の灯りが見えます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/28 13:07
伊那谷・秋の味、小鮒の唐揚げでキュッ!
夕方、知人から活きた小鮒を戴いた。 早速煮付けようと思ったけど、最近は芋焼酎ばかり飲んでいるから日本酒がなかった、う〜ん残念。 明日煮ようかなと思ったけど、水槽に入れた鮒は2〜3cmの極上のやつだったから、すぐに食べたくなっちまっただよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 1

2012/09/26 14:38
南アルプス「橋本山荘」のお婆ちゃん
『橋本山荘のお婆ちゃんに逢いに行こう』と友人のS氏から誘いがあった。 昨年の甲斐駒ケ岳登山以来、一年も逢っていない。 逢っていないというよりも、逢いたくても逢えない訳があった。 今年6月始めに、同伴者が死亡するという忌まわしい事故があって、その事後処理に翻弄されていたからだ。 現在事故の原因を検証中だから、未だに公表することはできないもどかしさの毎日が続いている。 そんな時のS氏からの誘いだったから、気分晴らしに同行することになった。 天竜川を越え、旧長谷村(現在の伊那市)と大鹿村境... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/09/26 13:57
ブログやってて良かった!
インターネットで『老子』に関する記事を見ているうちに、ウ・ウ・ウ・ウン?この人は!おらんちによく来てくれる人だった。 早速検索してみると、やっぱりおらが想像したとおりの博学な人だった。 早速<お気に入り>に入れてこれから拝読させて戴こう。 失礼ながらコメント欄に投稿させていただいた。 この頃は、閉店間際に来て戴いてゆっくりと対談させてもらっているが、実に楽しいひと時だ。 おらのブログも見てくれているらしいんだ。 過去の思い出箱に重い蓋をしているにもかかわらず、聞き上手だからつい重い蓋... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/09/15 08:53
獣道はおいらの散歩道
石橋を渡るとお気に入りの散歩路が始まるよ。 この石橋はおいらの子供の頃からあるから、ひょっとしたら100年以上前から架かっていたかも知れないね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/14 13:29
今朝の収穫はハナビラタケとヒラタケ
今日は山仲間、エンドレスGチームのメンバーが集まる日だ、宴会の料理は決めてある。 裏山に出ているハナビラタケできのこ鍋だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/09/11 08:13
青大将が草を舐めている!
青大将が朝の散歩にやって来たよ、この蛇は我が家の一員なのさ。 よく山椒の木に登って日向ぼっこをするから、<山椒太夫>って呼んでいるんだ。 朝風呂に入ったのかな?身体がピッカピカに輝いてとっても綺麗だよ、おいらの姿が映ってる。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/05 13:40
どうしようかな?もうちょっと置いておこうかな?
盆過ぎから日照りが続いていたから、今年は期待してなかったけど…何時もの所にハナビラ茸が顔を出したよ。 20cm×13cm、このぶんだとまだ2倍の大きさにはなりそうだね。 でも、今シーズンの初物だし、早く食べたいし…迷っちゃうね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/03 13:32
山登りの帰り道 
楽しい宴会が軒下で始まった。 炭火の上で骨付きラム肉が焼けるいい匂いが煙となって辺りに漂う。 ポン酢を付けて食べるといくらでも腹の中に入っていく。 ベジタリアンがいるから、ポテトサラダとキュウリとミョウガと青シソのサラダも作った。 今日のお客様は、九州から半年振りに訪れてくれた3人の<佐世保山岳会>の皆さんだ。 甲斐駒ケ岳の黄連谷右俣を登った帰りに立ち寄ってくれたのだが、おいらも何度か登ったルートだから話が弾む。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 5 / コメント 1

2012/08/15 09:12
結婚飛行の準備
午後4:30頃夕立があった。 それから暫くしたら、コンクリートの隙間から羽の付いた蟻たちがうじゃうじゃと出たり入ったりし始めた。 <ケアリ>という雄の蟻と女王蟻が結婚飛行の準備に入ったようだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/04 06:01
<エノコログサ>はヒトジャラシ
エノコログサは、犬っころの尻尾に似ているところから付いた名前らしい。 そして、この花穂に猫がじゃれ付くからネコジャラシとも呼ばれている。 子供の頃、花穂を途中まで裂いて鼻の下にくっつけて遊んだものさ。 先日、ある放送局の記者が取材に訪れた折、一輪挿しに飾ってあったエノコログサを見ながらそんな話をしてあげると、かなりびっくりする記者に、おいらはもっとびっくりしてしまっただよ。 無理もない事だ。 おいらの子供の頃は、石ころや木の枝や草花がおもちゃだったけど、今の子供たちはとんでもないほど高... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/04 04:28
天然クーラーは良いね!
おらんちにはクーラーは無い、あるのは扇風機だけ、その扇風機もあまり使ってない。 何故かって言うと…暑くないの。 家の前には、駒ヶ岳の雪解け水の流れる太田切川、裏には農業用水路の清流が喧しいほどの音を立てて流れていて、川の水温は16℃だからかなり冷たいよ。 その涼風が吹き込むから涼しいんだよね。 朝夕は寒くて、Tシャツ一枚ではいられないくらいなのさ。 でも、アスファルトの道路だけは焼けるように熱くて、50℃くらいになるから、一日中川の水を水中ポンプで汲み揚げて冷却しているんだけど、これが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/02 07:42
駒ケ根高原7月26日の<かなとこ雲>
今年のかなとこ雲はなんだか元気がないような気がします。 積乱雲が大気圏にぶつかって横に広がっていく様子は、迫力があるんですが… 今年発生してくるかなとこ雲は、何故だか横の広がりが小さくてあまり迫力が感じられないうえに、短時間のうちに消滅してしまいます。 でも不思議な事に、まるで鍋の底から沸々と湧き上がる空気のように、次々と現れて来るのが今年の特徴の様な気がします。 7月26日は、7個のかなとこ雲が現れては消えていきましたから、目が離せませんでした。 東京方面に発生したかなとこ雲 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/27 06:42
屏風岩にて<蜂の一刺し>
穂高の屏風岩を明日登るためにJINおじさんと偵察に出掛けたのは良いんだけど…… 谷底から眺める屏風岩は、威風堂々として 何時眺めても良いね。 登るルートは青白ハング緑、雲稜、東稜だ。 二人は登山道脇に腰かけて入念に各ルートを偵察していた時、突然JINおじさんが食べていたパンを吐き出した。 口の中が焼けるように痛いと言うんだ。 あぶちゃんは、『ピン!』と感じるものがあっただよ。 食べていたパンは干しぶどうの入った「葡萄パン」だった。 首が痛いほど高い所を眺めている時、手に持っていたパ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/25 07:22
かなとこ雲の写真
一昨年、初めて<かなとこ雲>なるものを教えていただいた。 幸いにして、駒ケ根高原はこの雲の展望台として絶好地という事もあって、デジカメで撮りためている。 撮っているうちに、発生地と、発生時間ががほぼ同じという事が分かった。 発生場所は、間違いなく人口の密集地で、発生時間は午後2:30頃だ。 栃木、埼玉、群馬方面、東京神奈川方面、静岡、愛知方面、名古屋から岐阜方面の五か所から発生するらしく、同時に5つのかなとこ雲が観られることがしばしばある。 そして夜になると、発生地点付近はいつも猛... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/20 07:58
<かなとこ雲>かな?……もどき……かな?
一昨日、昨日そして今日、これで三日連チャンの<かなとこ雲>の観察だよ。 でも、今日の雲の動きはちょっと変なんだ。 南アルプスの仙丈ケ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳の向こう側の入道雲がグングン成長して、成層圏にぶつかるんだけど、横に広がりかけて終わることの繰り返しでね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/19 20:31
駒ケ根高原夏の花<カワラナデシコ>
物凄い勢いで繁殖する二年草の外来種キンケイギクも、四年ほどかけて駆除したおかげでようやく絶滅状態になり、本来の植物たちが元気よく育つようになりました。 白、赤、ピンク、のカワラナデシコが、今から11月初旬まで咲き続けます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/19 03:48
温泉に入りに来たのかな?
昨日の午後2時半頃…倅の『熊がいる!』の一声で家から飛び出した。 あぶちゃんはいまだ嘗て野生の熊を見た事がなくってね。 たった今したばかりの湯気の立つ糞はよく見かけたことはあるんだけど、姿はまだ一度も… だから、死ぬ前に一度でいいから遭遇してみたいと思っていたんだ。 でも知り合いのMカメラマン氏に言わせると、あぶちゃんは何時も熊と遭遇しているらしい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/15 08:14
今年の初物<ハナイグチのみそ汁>
キノコのみそ汁はもう何度もご馳走になっているけど、昨日のハナイグチとヨヘイジのみそ汁は最高だったな〜。 大地の香りがして…もうシ・ア・ワ・セ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/11 06:46
『まだ渡っちゃいけないよ』って言われちゃった!
交差点の信号機が黄色になった。 渡っちゃおうかなって思った瞬間、『ダメッ!っ』て誰かに言われたような気がしたから立ち止まった。 横断歩道脇の鉄杭の上でアマガエル君が青信号になるのを待っていた。 アマガエル君注意してくれてアリガトネ! 記念写真を撮ったらピンボケだった、残念。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/02 13:37
ストレスが大爆発! そしてある試み
倅と二人は1週間ほどほとんど眠られず、食欲もないから当然のように食事もろくすっぽとっていなかった。 当然のようにストレスは雪だるまのように膨らんでいた。 あの日の夜は… こんな二人を心配してくれる友人が訪れてくれて、とりあえず和気合いあいだったが、友人たちが帰った後、二人して気持ちを酒に紛らわせていた時、何かの会話の途中で今まで溜まりにたまっていた倅のストレスが一気に爆発して、テーブルにあったすべての物がぶっ飛び、数10Kgもあるテーブルもひっくり返ってしまった。 無理もない行動だったの... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 3

2012/06/25 06:28
縁は異なもの味なもの
著名な俳優<T氏>が夫人同伴で訪れくれた。 ある事があって、あぶちゃんが意気消沈しているであろうとの思いやりで訪れてくれたのだ。 食事が済み雑談中T氏が… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/06/22 20:59
煙草の<ヤニ>でダニがいちころ
数日前、左足ふらはぎに<ダニ>が喰らいついていた。 今までにも何度かこんな事があったから別に驚きもしない。 丁度いい機会だから暫くの間、観察しようとしたけど…近いうちに山に行かなければならなかったから、万が一炎症でも起こしたらいけないので退治することにした。 でも…ダニという奴は、一度喰らい着いたら引き離すことは難しい厄介な代物だ。 前の時なんか、お医者さんにメスで切り開いて取り除いて貰ったんだけど、かなり深いところまで首が喰い込んでいて驚いたものだった。 強引に引き抜くと胴体が千切れ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/22 19:17
けもの道はあぶちゃんの散歩道
今朝もいい天気だね、駒ヶ根高原のとっておきの所に出かけよう。 あぶちゃんの歩く道はね〜…けもの道なんだ。 けもの道を歩いていると、野生の動物たちの気持ちが分かるような気がするんだよ。 ものすごい藪で歩けなくなったら、四つ這いになると藪の下に立派なトンネルのような路が続いているよ。 けもの道のトンネルを抜けたら、ギンリョウソウがあちこちに顔を出し始めてきたよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/26 20:55
ミニ草履を作ってみました
朝の散歩中…山道の脇に檜が切り倒されていました。 建材にするには細すぎて利用価値が無いらしく、無造作に放置されていましたから、樹皮を180センチくらいの長さに剥いできました。 まだ何に使うか考えていません。 とりあえず漂白剤で茹でて、表面の皮を剥ぎとってみたものの… バンダナを作ろうかな…ベルトを作ろうかな????? そうだ! 小学生の頃、工作の時間に草履つくりを習ったことがあるからミニチュアの草履を作ってみよう。 で…昔を思い出しながら出来上げったのがこれ… 今度はもう少し大き... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/26 06:10
中央アルプス駒ケ根高原は<山野草>が見頃です
高原の一角に人の手の加えられていない野生の植物群落帯があります。 春から秋にかけて次々と山野草が花を開き、その光景は他では中々観られるものではありません。 雪が解けてニリンソウが咲き始めました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 1

2012/05/15 15:39
花下草上 でかい空
山の中を目線を足元に落として一歩いっぽゆっくりと登っていると、朝の陽光が梢越しから紫色の光の柱をつくって幾筋もできた。 サンピラーを浴びてせせらぎの水しぶきが、まるで幼稚園の子供たちが遊ぶようにきらきらとが光りながら飛び跳ねている。 樹林帯を抜けて草原に出ると、たおやかに広がる伊那谷のむこうに南アルプスの雄大な山並みが迫ってくる。 誰もいない一人だけの世界…草花たちも活き活きとしている。 街の雑踏としがらみから逃れるように、山の中に住みついて20年近く経った。 生活は厳しくても、自分だ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/12 07:32
杖があったから <俳人・黒田桃子さん>の話を聞いて
ラジオ深夜便の4時、俳人の黒田桃子さんの談話が流れている。 『名残りの花になごむしあわせ』…薀蓄のある話が続く… カーテンを開けると東の空が白み始め、まもなく黎明の空の下に漆色の南アルプスが鋭く、また緩やかなシルエットとなって展開してきた。 懐かしい山登りが蘇ってくる… 朝な夕なに眺める山々は、人生の一部になっているにもかかわらず、実際に登った山は何故か二つしかない。 仙丈ケ岳と甲斐駒ケ岳だけだった。 仙丈ケ岳には1962年11月と翌年3月の2回だけで、雪の無い時期を知らない。 長... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/11 07:02
<スーパーカブ>の荷台の上で
朝の山菜採りから帰ってから、まだ寝床にいる倅に 『今日は休みにするから、コシアブラを採りに連れてって!』ってお願いしたの。 実は、昨日から考えていた事でね。 連休の人出で、おかげさまで在庫のコシアブラがほとんどゼロになっちまってね… 食材のある場所は無限に近いほど知っているんだけど、おら…半年前、車をぶっ壊しちゃって、以来ずっと『トホホマン』なんだ。 山菜採りは桜前線と共に移動していくから、ものによってはかなり遠くまで行かなくちゃならなくてね。 一人で行けば手っ取り早いんだけど、採取... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/08 07:06
スーパー婆ちゃんが又テレビに出るよ!
数日前、某テレビ局から取材の依頼があったんだけど… なんでも…『今最も輝いている女性』と言うような内容で番組を制作するらしい。 昨年、甲斐駒ケ岳のダイヤモンドフランケを登攀したエンドレスGチームの河西公子婆ちゃんに白羽の矢を立てたんだって。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/03 07:30
桜が散ると本格的な山菜シーズンだ!
駒ケ岳にはまだ、これでもか!って言うくらい雪が残っているけど、桜の花も散っていよいよ新緑が萌え始めてきたね。 僅かばかり残った桜の花びらと、新緑が残雪に映えてきれいだよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/02 17:33
山の店の坪庭
駒ケ岳は今、春山スキーヤーやスノーボーダーで賑わっているよ。 そのバス道路脇の山の店の軒先の坪庭にもようやく春が来てね。 いろいろな植物が目を出し始めたよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/01 07:38
春だから茸のシーズンだ!
雪が解けて若芽が顔を出し始めると、緑の山菜採りに夢中になるんだけど、実は茸も出てくるんだよね。 倒木や切株にはナラタケ、シイタケ、ヒラタケ、、エノキタケ等々、もう少しするとブナシメジも出てくる。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/28 06:33
透き通ったワラビ
若いワラビは旨いもんね。 採りたてはアクがないから、さっと茹でて冷水で冷やして丁寧に揉み洗いして毛羽立ちをとる。 長時間水に晒すとワラビの澱粉が水に溶けだしちゃうから、できるだけ早く食べた方がいいね。 切り口を見ると、白く見えるのが筋で、透き通っているのが澱粉だ。 大きくなるとこの筋が固くなるから味が落ちるよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/27 16:44
昨日は失敗の連続だった
朝5時、電車に乗って山菜採りに向かうべく家を出てね。 家から駅までは5キロの道程だ。 テクテクテクテク…テクテクテクテク… あぶちゃんは歩いただよ。 駅に着くと出発までまだ20分ほどあったから、トイレに寄り、煙草を一服して時間調整をしていたのさ。 出発時間間際になって、帰りの時刻表を調べていたらピーって笛が鳴って目の前の列車は発車しちまった。 何しろローカル線だから次の列車は30分後だ。 でも、よくよく調べてみたら乗り遅れて正解だった。 あのまま乗っていたら帰りの電車がなくてね、... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/22 08:38
お月様の子供たちが遊んでるよ!
たった今20:20、あぶちゃんは寝ようと思ってた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/06 20:27
挑戦した分だけご褒美があったよ
あぶちゃんは5月になるとパソコン3年生になる、66の手習いってやつだった。 あの頃はまったくのメカオンチで、何時も無茶ばっかりしている親父が心配だから、せめて所在が分かるようにって、倅たちから携帯電話を持たされた頃だった。 知り合いが「いまどきパソコンも使えないようでは駄目だ」って…一台プレゼントしてくれて、それで習い始めのさ。 習うって言ったって独学だったから使い勝手が分からなくて、遥か遠くの友達に電話で相談しながらの毎日だった。 一番困ったことは、右手の尺骨神経が麻痺しているから、小... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/06 09:24
あぶちゃんの<五体大満足>
あぶちゃんは生まれながらの不器用者でね。 子供の頃垣根から落ちて、右肘の関節を二度も砕いて尺骨神経麻痺になったのを皮切りに… 右膝半月板軟骨損傷で膝をついて歩けなくなったり…前後左右の肋骨骨折、何本折れたか忘れちゃった。 左肩甲骨脱臼で腕が背中に回らなくなり、左右鎖骨の複雑骨折でなで肩になっちゃった。 とどの詰まりは第三頸椎損傷で九死に一生を得た。 内科にお世話になったことは無いけど、外科には顔馴染みになっちゃった。 でも、不思議なことに、山登りでの怪我は皆無だよ。 みんな付け焼刃... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/05 11:24
タイトルを<あぶちゃん>に変えた訳
記憶に全く無いんだけど… おいら、小さい頃から<あぶちゃん>と呼ばれたいた。 今は<スタイ>と呼ばれているらしいんだけど、昔は<あぶちゃん>と言っていた、赤ん坊が胸に付ける<よだれ掛け>の事で、きっと何時もよだればっかり垂らしていたから、あぶちゃんを着けていたんじゃないのかな? 幼なじみは今でもあぶちゃんと言って声をかける人がいてね。 中学生の頃は「あぶちゃん!」って言われるのが嫌でね。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/04 15:46
貧乏人のおまんま
腹がへった〜 朝からな〜んも喰ってね〜 一人きりだったから面倒くさくてつい…とりあえず飯をつくろう。 釜は釜はっと…5升炊きと2升炊きのガス釜はあるけど、2合炊きが無い。 厚手の鍋、無水鍋があるからこれでいこう。 米を洗って水加減は指の関節ひと節分でよしと。 1時間ふやかしてる間に、おかずの調達に行ってこよっと。 冷蔵庫の中には卵が2個、豆腐が1丁と納豆しか入っていねぇから、ちょこっと足を延ばしてセリとノビルと菜花を採ってきた。 セリはお浸しで…菜花は辛子醤油で…ノビルは刻んで醤油... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/03 07:27
3年間ありがとうございました
3月末日をもって『井上進のいのうえすすむ的心』は終了しました。 3年の間私の駄文にお付き合い下さった皆さん… コメントをお寄せ下さった皆さんありがとうございました。 井上進の名前は本日をもってこの欄から消え去りますが、また別の形でお目にかかりたいと思います。 尚、いままでコメントをいただいた方々は「お気に入り」に登録してありますので、今まで通り訪問させていただきますので今後とも宜しくお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/04/02 07:38
100円の完全防水カメラケース
3年前に作ったカメラケースが現役復帰したよ。 gakuプロから貰ったRICOH-GX8の液晶部分を潰しちゃってパ〜になっちゃったんだけど… 又手に入ったからケースが使えるようになったんだ。 このカメラは使い勝手が良くて重宝してるんだけど、何しろボディーがきゃしゃだから、クライミングに携行してるとあちこち壊れちゃって、特にレンズカバーがないから… ところが海苔の佃煮やウニとかいろいろの瓶の蓋がぴったりサイズだったよ。 でも、雨降りの時が問題だった。 それで考えたのがこのカメラケースなの... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/22 13:50
駒ヶ根高原の散策路 <その1>
駒ヶ岳ロープウェイバス乗り場の奥に、駒ヶ岳や空木岳を源流とする太田切川に架かる吊り橋を渡ったその先の黒川(小田切川)の散策路から歩き始めました。 この川は今時には珍しい、ほとんど人の手を加えていない自然の清流が眺められる心が和む所で、行政も極力手を加えないように配慮しているそうです、ありがたいことです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/22 12:17
山菜採り<セリ>
セリは寒中でも採れますが、この時季になると香りが一段と増して味もよくなります。 特に根は味が良いのですが、ほとんどの人は捨ててしまいます、勿体ないですね。 てんぷらにすると根っこが広がってきれいに揚がります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/20 13:28
山菜採り<カンゾウ>
ダンコウバイが咲き始め、フキノトウが花開く… いよいよ山菜採りの季節がやって来ました。 とりあえず今日はカンゾウ採りです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/20 13:19
エンドレス・G・チームの記念誌が完成した
爺婆たちの記念誌を作り始めて1年近く経ってしまったよ。 8割り方出来ていたんだけど、チーム内にちょっとしたごたごたがあって… 辞めてしまった人もいたから、また最初から作り直したりして。 そしてようやく出来上がってね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/14 14:49
駒ヶ岳山麓に春の訪れ
朝の散歩に駒ヶ岳ロープウェイ線の途中、標高1200メートルほどの<地蔵平>まで行ってきました。 2月3月は、台湾あたりで発生した低気圧の影響を受けて、一番冬山らしくなる中央アルプスです。 稜線付近の1メートル以上のエビの尻尾や、巨大な魚の鱗のようなシュカブラは見事です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/14 13:23
驚くべき野生生物の世界
つい先日、白骨化した遺体が山の中で発見された。 昨年の秋、大捜索を行ったが発見されないまま捜索は打ち切られていた。 数日前の雨で雪が解けて発見されたのだが、ご家族の方々の心中は複雑だと思う。 どこかで元気でいてくれるかも知れない!いて欲しい…そんな願いも虚しい結果となってしまった。 これで遭難者は成仏できるし、家族も故人を弔ってやることができる。 他人事ながら、故人の冥福を祈るとともにご遺族の方々にお悔やみ申し上げます。 ところで…発見場所は、おらの山菜採りをするエリアで、熊も頻繁に... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/03/04 13:02
待ちゃ〜がれ コッコッ殺される〜!
山の中から必死の形相をした女性が、顎を突き出し息も絶え絶えに林道に跳びだして来て、また藪の中に跳び込んで行った! その直後、鎌を振りかざし棒切れを持った男がこれ又物凄い形相で、大声をあげながら女性を追いかけて藪の中へと跳びこんで行った。 只事ではない! 殺人事件が起こる! 即、110番通報。 パトカーがすぐに駆け付けて付近の捜索が始まった。 静まりかえった藪の中から、嗚呼!…おおっ!と絶叫が聞こえた。 遅かったか! 最悪の事態が勃発してしまった。 腰の拳銃に手を架けながら警察官... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/27 13:45
待ちゃ〜がれ!御用、御用だぁ〜!
ここのところ物騒な日が続いた。 つい数日前、隣村を包丁を持ったおじさんが歩いていた!という事で大騒ぎになった。 村の駐在さんやお巡りさんたちが村中を緊急配備。 学校も生徒たちの登下校に父兄同伴で… そのニュースが翌日は消えてしまった。 かねてから手配中の男が自販機荒らしの現場を発見されて逃走が始まった。 国道を猛スピードで逃走する犯人の車を追跡するミニパト。 次第にパトカーも増え… 県警のヘリコプターが緊急発進。 空からの追跡が始まった。 国道から広域農道に進路変更して犯人は... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/25 11:13
熊談義は7時間も続いた!
いや〜疲れた! なんで疲れたって言うと… 某大学で熊の生態を研究している学生さん達と、熊に襲われた事のある猟師さん、それに熊を徹底的に追跡しながら警鐘を訴えている有名なカメラマン、熊の被害に遭っている養魚場の人達6人がおらんちに集まって討論会のような座談会のような話し合いが始まってね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/25 09:49
喰うのが忙しいぜ!
ある食肉メーカーのインターネット掲載用に、食材調理取材に友人夫婦が大量な食材を持参してやって来た。 鍋物、煮付け、焼き肉を、調理の段階から始まって出来上がるまでを撮影するんだけど… おらは場所を提供するだけだから気楽なもんだ。 か〜ちゃんが調理するところを、と〜ちゃんが撮影するんだけど… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/24 10:37
中央アルプス山麓「ペンション&レストラン オズ」のイタリアン料理
エンドレスGチームの、17年間の記憶に残った山の中から抜粋した紀行文をを、河西公子さんに渡しました。 80数ページの内容は、甲斐駒ケ岳ダイヤモンドフランケ開拓当時のエピソードから始まり、Gチーム発足から各地に訪れたクライミングや、お婆ちゃんの「憧れの大岩壁〜限界に挑んだ75歳〜」に至るまでのものですが、仲間たちから駄目印を烙印されながらも、喜寿を迎えようとする河西公子さんと、その仲間たちが<極限の領域>での心の葛藤をクライマックスにしてみました。 タイトルは『お婆ちゃんの冒険』 その出来栄... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/02/23 09:06
見ちゃった!セスナとヘリコプターが連チャンで墜落!
2月某日 東京のS山岳会から3名の捜索願いが出た。 計画書によると… 中央アルプス・駒ケ根高原からスキーで黒川渓谷を溯り、伊勢滝を過ぎた辺りで1泊して、翌日駒ヶ岳を往復。 その翌日下山の、2泊3日の計画だった。 予備日は1日だったが、その予備日を3日過ぎても帰宅していなかった。 考えられる事は只一つ。 伊那前岳から中岳、駒ケ岳の斜面の集結する<岩清水>直下の漏斗状の<大滝>での雪崩の遭遇だった。 結論から言うと、その予想は的中して、1か月後に遺体は発見されたのであるが… その捜... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/09 07:22
帽子が救ってくれた<駒ヶ岳ロープウェイの大雪崩>
あの時は異常に雪が降った年だった。 連日の降雪で、ロープウェイのゴンドラが雪に引っかかって運行も儘ならなかった。 当然のようにロープウェイは運休となり、ゴンドラが通過できるように、鉄塔周辺の除雪作業に4名の従業員が向かった。 その4名の中に、甲斐駒ケ岳ダイヤモンドフランケ・赤蜘蛛ルート(A、B、奥壁)を完全初トレースしたH君がいた。 こんなことを言っては失礼なのだが… のほほんとした性格の彼の行動は、私から見ればワンテンポ遅れていたから、じれったさを何時も感じていたのだったが… 鉄塔... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/09 07:16
ダイナマイトが大爆発!<駒ヶ岳ロープウェイ>
駒ヶ岳ロープウェイ完成が迫った1964年の事だから、う〜〜んと古〜い話なんだけど… まぁちょっとおらの話を聞いてチョ〜ダイ。 しらび平から千畳敷カールまで、中御所谷に仮索道が架けられて、物資の搬送が可能になっていた。 全長2300メートル余、高低差950メートルの索道を支えるための鉄塔基礎工事が各所で始まってね。 その頃、おらは稜線の宮田小屋(宝剣山荘、天狗荘、頂上小屋の総称)に総支配人として勤務していたの。 夏山シーズンが終わって一段落したこともあって、そろそろ山を下りようとしていた... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/09 07:11
山小屋で全員が死の直前!<一酸化炭素中毒>
到着した天狗荘は、風下側の壁が1メートルほど出ていた。 鍵は持っているが、これでは小屋に入ることはできない。 2階の非常口を掘り出すこと1時間余…戸をぶち抜いてようやく中に入れた時は深夜だった。 小屋の中は冷凍庫だった。 3台の大型灯油バーナーを全開にすると、まもなく部屋は暖かくなってきた。 倉庫から出してきた缶ビールは開栓するとたちまち凍ってしまい、バーナーで溶かしながら飲むビールの味は複雑な味だった。 頭の中が朦朧としてきた。 今日の行動の疲れとはちょっと違うような… 目が痛... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/08 22:23
あわや遭難!<リングワンデリング>
特大のザックに1週間分の荷物を詰め込み、駒ケ根高原からスキーにシールを貼って登って行った。 今回の目的は、駒ケ岳ロープウェイ建設のための雪崩の調査だ。 二日目。 さらに黒川林道を溯り、途中の最大の難所<大滝>は雪崩のもっとも集中するところだ。 大滝を高巻くために手前の小尾根に取りつくが、スキーは膝まで潜って登行は困難を極めたが、 素足になると首まで没する積雪のために外すことはできなかった。 稜線直下の<駒飼の池>に着いた時には、すでに暗闇となっていた。 パーティーは4名だったが、私... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/08 09:08
今朝はどうも今までで一番寒かったようだ
水道が凍ると困るから、凍結防止帯はいたるところに取り付けているんだけどね。 買い取った家は築33年、しかも古屋の材料を寄せ集めたつぎはぎだらけの家。 まったく無駄だらけの家でね。 水道もタコの足のように引いてあるから、凍結防止帯がなんと13本+雨どいの中にも… 買い取ってから17年になるんだけど、いまだに配管がどうなっているのか分かりかねているのさ。 コンクリートの床の下から縁の下、軒下といたる所に配管してあったから少しずつ直しているんだけど… 今朝は手洗い用を除いて、水道が全部凍っ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/03 11:48
一日中雪掻きをしちゃったよ
このところ連日の雪掻きでね。 何もすることがないから退屈凌ぎにはもってこいなのさ。 でも昨日は参ったね。 まぁせいぜい20〜30センチの雪だから大したことないはずなんだけど… 風が強くてブリザード。 視界はゼロに近かった。 せっかくきれいに掻いた雪は、一陣の突風で元どうりの雪の原に逆戻りしちゃって。 掻いても掻いても状況は一向に進展しないんだ。 きっと、雪と風がおらを退屈させないようにしてくれているんじゃないのかな。 おら…雪と風の心使いに感謝?…しながら黙々と雪掻きに精を出し... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/02 17:11
日本一のブナの木に会いに行ってきたよ
おらの呑み友で、昔一世を風靡した、石原裕次郎出演ドラマのシナリオライターがいたんだけど… 酒の呑み過ぎで二年前に死んじまった。 シナリオライター氏は<ブナ大好き人間>で、日本中の名だたるブナを見てきたらしいんだ。 訪れるごとに、ブナの種を拾い集めてはそれを発芽させて育て、自分の別荘の山に植えた本数が何んと二百本くらい、否もっとあるかもしれないな。 今では鬱蒼としたブナ林になった。 おらも何度か植林の手伝いをさせられたんだけど… ブナの成長を見ながら、越後の酒<八海山>を朝な夕な、チビ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/31 22:37
クライマーより過酷なカメラマン達
NHKスペシャルの「エベレストを撮る」を観て、カメラマン達の執念につくずく感心させられた。 殊に、メインカメラマンの高橋氏は知っているだけに尚更だった。 アマチュアがハンディーカメラで撮影するのとは違って、数キロもあるカメラと、三脚をはじめ音声機材や通信機材などなど…その重量は想像を絶するものだ。 昨年、6月から9月までのおよそ4ヶ月間、エンドレスGチームの、甲斐駒ケ岳登攀のための撮影で一緒だったからよく分かる。 トレーニング中の収録から始まり、本番の撮影現場までの機材の搬送は、フィック... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/28 10:42
融雪剤に集まる野生動物たち
朝7:30、気温マイナス6度だというのに道路の凍った雪が溶けて流れ始めました。 ふんだんに散布された融雪剤のおかげです ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/26 13:38
エンドレス・G・チームは爺婆のクライミング集団です
1994年に年寄りばかりのグループができました。 自分が死んだ事も知らずに生き続けそうな先輩にあやかって<エンドレス> 爺では恰好良くないのでアルファベットの<G>にしました。 終わりを知らないジジイのクライマー集団「ENDLESS・G・TEAM」 正会員は60歳からです。 年寄りとは言っても、世界中の山を闊歩してきた経験豊富な者ばかりで、 医学博士、ムービーカメラマン、俳優、落語家、エンジニヤから八っぁん熊さん的私たちまで、顔ぶれは多種才さいです。 今まで後輩の面倒ばかりみてきた... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/24 15:14
ひとつぶの雪
雪が降りて来る 闇の中から降りて来る 大気も眠っているのに 音も無く降りて来る ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/24 03:56
ありゃ!氷柱が横に伸びているぞ?
ここのところ毎日−10℃以下だから大変だ。 洗濯物はバリバリに凍って、せんべいみたいになっちゃって… 裏の川も、水しぶきが凍って氷柱になっていたんだけど、 いよいよ垂れる所が無くなっちゃて横に伸び始めたよ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/14 13:08
駄目だこりゃ!ハードエラーの表示だ
元旦の夜までは順調に作動していた。 二日の朝になったらハードエラーが表示されてノートPCは作動しなくなっちゃった。 一ヶ月近くもかけて書き上げた原稿が、元旦の夜ほぼ出来上がり、二日はメモリーに保存しようとしていた矢先だっただけにショックだった。 気を取り直して、ディスクトップでようやく書き直していたら、ブログ更新をすっかり忘れていた。 ご挨拶が遅くなりましたが ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/14 07:43
山仲間と迎えた良い年末と年始
年末は山仲間と最高の忘年会をした。 日本山岳写真協会会長の羽田栄治氏、俳優の滝田栄氏も遠くから馳せ参じてくれた。 「憧れの大岩壁〜75歳の挑戦〜」の収録以来の再会で、一泊二日の大宴会だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/02 14:09
最後の最後まで諦めるものか!
放送を見たり聞いていると最初の言葉が ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/24 21:29
一番暖かいのは冷蔵庫の中なのだ〜!
裏のスキー場もオープンして、いよいよ冬がやってきました。 冷え切った部屋の中で、吐く息が白く見えます。 これから春先までの間、我が家で一番暖かい所は冷蔵庫の中です。 ですから、凍って困るものだけ冷蔵庫に入れてあります。 ビールとか… 冷蔵庫の電源を切ると、冷凍庫になっちゃいます。 ずっと前…破れ障子の部屋で寝ていたら朝、髭が凍っていました。 それ以来、寝袋で寝ていますから寒さは感じません。 おらは毎晩家の中でビバークしているんです。 たまに窓を開けっ放しで寝ちゃう事もありますが... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/21 13:36
愛護団体さんご免なさい 生きるためなんです!
今朝方、ラジオ放送を聴いていたら、フォアグラは旨いけど、その育て方が虐待云々… と、言うクレームが何とか愛護団体からついているんだって! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/19 23:15
<赤蜘蛛同人>40年間の謎の解けた日!
本棚に貴重な一冊の本があります。 10数年前に… 思い出に残る山関係の資料をほとんど処分しました。 その中には、嘗て山渓や岳人、岩と雪等に執筆したものや、ラ・モンターニュ、マウンテン等外国で赤蜘蛛同人を紹介された諸々の資料は、大きなダンボール箱に3箱もありました。 年老いて、過去の思い出にすがり付く自分を想像したら、とても耐えられなかったからです。 残っているのは、セピア色に褪せた数枚のダイヤモンドフランケの写真と、40年間本棚に鎮座している1冊の写真集だけ。 この写真集はガストンレ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/12/18 15:14
エンドレス・G・チーム<老春の2011年>
風呂上りの火照った身体のまま、暖房をけちって部屋で飲んでいたら風邪を引いてしまいました。 寄る歳波を自意識しなかった爺は、かなり虚弱になっている事を思い知らされました。 今日ですでに5日も寝込んでいますが、何故か食欲は旺盛で、しかも晩酌はじつに旨いんです。 こんな時は安静に限ります。 でも…今まで寝込んだ事がなかっただけに、退屈で…退屈で…嗚呼! 退屈しのぎに「憧れの大岩壁〜75歳の挑戦〜」のビデオを文書に変換してみたのです。 でも、まだ退屈で仕方がありません。 こんな時は物思いに... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/16 14:43
滝田栄が語る『憧れの大岩壁〜75歳の挑戦〜』後編
       2日目早朝、夜明けと共に出発です。        まずは目的地まで、ロープを使って降ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/15 11:33
滝田栄が語る『憧れの大岩壁〜75歳の挑戦〜』前編
       標高2967メートル…南アルプスの名峰甲斐駒ケ岳。        その中腹に広がる大岩壁…ダイヤモンドAフランケです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/14 21:35
葉っぱが落ちると熊の出没が分かる
おらんちの周りの木々はほとんど葉っぱが落ちちゃって丸裸になった。 そんな枝葉を眺めるのもいいもんだね。 冷たい西風が小枝を揺すりながら、ヒュルヒュル〜… 丸裸になった木々には鳥の巣が遠くからでもよく見えるよ。 熊が餌を食べた跡もはっきりと見える。 この木はクルミの木だけど… クルミの実を手繰り寄せて食べた後の、熊棚ってやつだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/06 08:35
宝剣岳を越えて来ました
山が銀世界になったら登ろう… って、この間から思っていました。 でも、今年は今のところさっぱり銀世界になりません。 とりあえず、今朝の散歩は宝剣岳を縦走することにしました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/12/05 22:32
中央アルプス、千畳敷カールは積雪20センチです
ようやく山が白くなりました。 現在、千畳敷カールの積雪は20センチですが、稜線に出るまでは吹き溜まりもありますので、輪かんじきかスノーシューが必要になっています。 尚、宝剣岳に登る方はザイルが必要になります。 ザイルがあっても山頂から下る時、懸垂下降の技術のない方は、登らないのが賢明です。 山頂から100メートルの下降です。 特に、天狗岩付近の斜めに行動する所! 事故の99、99パーセントがこの場所の、下山中です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/04 12:06
田圃のアート「心」の文字と冬桜
何時ものように街へ用足しにテクテクテクテク… 今朝も何か好い事に遭遇しそうな気がします。 道端にウバユリが、種を撒き散らすために風の吹くのを待っているようです。 アキノキリンソウとノギクが寒さに震えながら咲いています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/28 16:00
山の爺のお買い物は往復11キロ
おら…大切な愛車をぶっ壊しちゃった… 山の中の林道を下っている最中に、ぬかるみにはまって走行不能になっちまってね。 何とか谷底に落ちるのだけは免れたんだけど、山側の崖に激突して完全に車がパーになっちまただよ。 修理代を考えたらとても払いきれるようなものじゃなかったんだ。 で…それからというもの、貧乏人のおらはひたすら歩くことにした。 ド〜ロワツズク〜ヨ、ド〜コマ〜デモ〜ってね。 この二ヶ月くらいの間、スローライフになったおらの足はすっかり丈夫になってね、今絶好調なのさ。 今朝も日の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/28 07:18
初冬の駒ヶ根高原
中央アルプスもようやく雪を被り、朝陽に映えて眩しく輝く季節になりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/26 08:21
ドヒャ〜今度はエノキダケが生えてきた!
胡桃の木の切り株に、6月にはキクラゲと一緒にヒラタケが出始めて、一ヶ月もすると又生えてくる。 10月の中ごろ…さすがにもう生えては来ないだろうと思っていた。 そして今朝。 なんとあの胡桃の切り株に今度は天然のエノキダケがわんさかと生えていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/14 14:47
鱒の<すじこ丼>は旨いよ!
友達が養魚場をやってて、鱒のすじこをよく貰うんだけど… だし汁に漬け込んだすじこは旨いね!そのままで良し、ワサビ味で良し。 プリッ!モチッ!酒の肴に…ご飯の上へおたま1杯豪勢載せて<すじこ丼>で…もう最高だよ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/14 09:18
初期の頃の懸垂下降器は何故か<政府未認定>の刻印が
何時頃手に入れたものか今となっては定かでないが… ピエール・アランの懸垂下降器<バージョンB>を持っている、今となってはかなりの骨董品だ。 洞窟探検「ケイビング」のために開発されたものらしいが、1950年代後半には使われていたようだ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/13 09:27
赤蜘蛛ルートに使ったロックハンマーの声
木下五郎氏は、昔々のクライミングパートナーだった。 彼は山学同志会会員だった頃、三つ峠の岩場「大根おろしルート」を下駄履きで登った伝説の男だ。 彼と計画した赤蜘蛛ルート登攀のためには、いろいろの研究と工夫をしたものだった。 各種のアルミハーケン製作やブランコ… とりわけ、ボルト工作のためのハンマーの選択には、かなり重量のある、、オーストリー製のハンマーを取り寄せた。 当時の日本人クライマーには重すぎてほとんど使う人はいなかったから、注文を受けた店の主も不思議がるくらいの代物だったが、1... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/11 13:21
11月7日AM7:00の家の周り
雨上がりの景色はしっとりとして良いものですね。 きのこも採れなくなったので、家の周りをぶらぶらと散歩です。 AM7:00、雲の切れ間から朝の陽光が射し込むと、辺りはにわかに活気ついてきたようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/07 08:09
吉永小百合さん<奈良の春日野>でも唄ったウンコの話
奈良の春日野 青芝の〜腰を下ろせば鹿のフンで始まる大女優・吉永小百合さんの名曲?ウンコの歌… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/06 21:13
秋…カメラマンも紅葉している!
今シーズンの紅葉はいまいちですが、それなりに… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/06 07:59
同じ木に時期が変わると別のキノコが出た!
6月に、晩秋に生えるはずのブナシメジが生えていた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/03 07:26
甲斐駒Aフランケ取り付き点情報<2011年10月末現在>
ダイヤモンドフランケ赤蜘蛛取り付点の崩れそうになっていた岩が、ついに崩落したという情報が入りましたので報告します。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/03 06:41
早起きは三文の徳<ムキタケ>
早朝…昨日今日と手が凍えるほど寒い。 ダウンジャケットを着込んで朝の散歩に出かけた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/28 17:02
<爺婆の大冒険>線路は続くよ何処までも
『山とか川とか(愛知・三重)さんのブログ、廃線歩き』はおもしろかった。 隣村の飲み友「すし屋の富さんち」で、したたか飲んだ帰り道… 気分のいいままに、線路を歩いて帰ることにした。 とは言っても、超ローカルなJR東海・飯田線はまだまだ電車は走ってる。 道路を歩けば4キロの道のりだけど、線路は一直線だからってことで、悪い事と知りつつ列車の通過時間を計算して線路を歩き始めた… 歩き始めて初めて気がついただよ! 軌道敷には街灯みたいなものがまったくないって事をね。 都会と違って、なにしろ田... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/10/28 06:58
教えてください!何と言う<トガリネズミ>なのでしょうか?
おらんちの住まいは、標高約870メートルで、裏庭にはカワネズミもよく姿を現す。 今朝、川べりの水を張った鍋の中に<トガリネズ>が落ち込んで死んでいた。 かわいそうな事をしてしまった。 頭胴の長さ、45mm、尾の長さ45mmの雄だった。 トガリネズミは鼠の仲間ではなく、モグラとかカワネズミの仲間らしい。 いろいろな種類があるようだが、おらにはさっぱり分からない。 知っている人がいたら、教えてください。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/27 14:51
ありゃっ!こんな所に<シロシメジ>
明日は20人超のきのこ汁の予約があるので、ちょっと周りの山でキノコ採りだ。 極上のチャナメツムタケが見事に生えている。 早速カメラで…と思ったら、メモリーカードが入っていなかった残念。 1キロほど採れたのでとりあえず回れ右! 道端にシロシメジがわんさかと… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/26 14:13
<OPANDA>&<Gチーム>の交流会
待ちに待ったOPANDAさんがやって来た。 悪天のため宝剣岳・中央稜は登れなかったが、急遽飲み会となった。 その前にちょっと、クライミングウォールで足慣らし… 週一ペースでクライミングをしているOPANDAさんは豪快なクライミングを披露してくれた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/23 14:09
南アルプス前衛<高烏谷山(たかずやさん)>
高烏山は、陣馬形山に次ぐ伊那谷眺望の絶景地だ。 背後に南アルプスが広がり、前方に天竜川を挟んで伊那谷の穀倉地帯が展開している。 その向こうに、中央アルプスの山並みが見事だ。 登路は幾つかあるが、駒ヶ根市、東伊那の『高烏谷神社』からのコースが1番のお勧めだ。 高烏谷神社を参拝して裏手の尾根筋を登る事、およそ1時間で山頂に立つことができる。 静かな山頂には古木の中に苔むした石祠が建ち、心が鎮まる。 おらは、此処から夕焼け空を眺めるのが大好きで… マトンの焼肉をつまみにいっぱ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/23 13:17
天然のエノキダケは旨いぞ!
秋も深まってきたから、エノキダケが出始めたよ。 天然物は旨いね。 ツルッ!シャキッ!… 味噌汁の具に良し、鍋に良し、なんでも良し… 裏山で今朝の収穫は2キロ超。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/16 11:45
日本赤軍がフランス大使館を襲撃した時、おらは近くにに居た!
スエーデン・ストックホルム、K氏宅での居候生活の一ヶ月はあっという間に過ぎた。 レストランのウェイターをしていたKEN氏にも大変お世話になったのだが… ポルノショーを観に連れてってもらった時はびっくりした。 なにしろ本場、北欧のポルノショーには驚いた、あれは芸術だね。 昼から夜中の二時半まで延々と…朝までショーは続くのだけど、もうとてもとても… 疲れ果てて帰って来た。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/10/13 13:54
今までに見た粘菌
                  <?> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/13 05:34
350円の<100YENライター>
バルト海をフェリーボートで渡る。 船の中で売っていたライターを見て、おらビックリ!した。 日本製の百円ライターが350円で売ってただよ。 しかも日本語で『百円ライター』って堂々と書いてあるんだぜ。 このライターの金具は、おらの町にある某会社の製品だったから複雑な気持ちになっちまってね。 この海を昔、世界を股に駆けていたバルチック艦隊が頻繁に往来していたんだよね。 遠くに見え隠れする国々の政治は複雑らしい。 そんな国々を眺めながら、大枚をはたいて350YENもする百円ライターで火をつ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/10 13:55
原生生物プロチスタ<粘菌>を見つけたよ!
今朝見つけた粘菌は、今まで見たことのない種類だった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/10 12:10
ダイヤモンドフランケが思い出させたストックホルム
テレビ放映のおかげで、思いもよらぬ人から連絡が入っただよ。 その人は昔スエーデンでお世話になった人で、その人はおらを覚えていてくれた、32年になるらしい。 あの時のおらは、惨めだった。 なにしろ、恥ずかしい事に飛行機に乗り遅れちまってね… 日本から3万円で買ってきた中古のカメラを、パリの街中で12万円で売りさばいて軍資金をつくって、あてどもない旅烏って奴になったのさ。 フランス、スイス、オースリア、リヒテンシュタイン、ドイツ…ハイデルベルグでは、「岳人」の表紙の絵を描いていた岡部一彦氏... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/09 16:49
今日のキノコ鍋の材料は…
家の周りにきのこが少し出始めたよ。 唐松林の中のハナイグチ、ベニハナイグチ、シロヌメリイグチ… 雑木林の中でシモシメジ、キシメジ、シロシメジ。 ナラタケは腐っていた、ヤナギタケは出ているけど高いところで採れない。 ヒラタケは採っても採ってもあとから出てくる。 味覚の秋がやってきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/07 16:37
ノビルを食べると<絶好腸>
おら…ノビルが大好きでね、 おふくろが生きてる頃、食卓についてから急にノビルが食べたいなってことになって…急遽親子でノビル採りさ。 食べたい時に、食べたい物を食べられるシアワセ!…最高だね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/05 17:00
伊那谷の展望台<陣馬形山>
河西公子婆ちゃんが友人を連れて遊びに来た。 あまりにも天気が良かったので、ドライブがてら陣馬形山に案内した。 陣馬形山は、南アルプスの前衛、通称「伊那山脈」の中の山で、天竜川を挟んで伊那の谷が南北に広がり、その東西に南アルプスと中央アルプスの全山の絶景が眺望できる山だ。 この陣馬形山は、山登りをする人たちよりも、星を観察する人たちに有名な山で、全国各地からやってくる。 登山道はいくつかのコースがあるが、山頂直下まで車で行く事もできるから人気のある山だ。 大パノラマを眺める婆ちゃんたちは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/05 06:06
絶句!えっ!あの世界の『青木功さん』が…
おら、実際に読んでいないから何とも言えないんだけど… 『世界のプロゴルファー・青木功さん』が、おらたちの登っている映像を見た感想を、9月20日の某新聞のコラム欄に、 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/03 18:54
秋は春を食べる!<ナズナ>
季節を先取りして、春を食べよう。 ナズナが採り頃になったよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/03 17:21
あれ?クリタケが出ていたよ!
今年は早いうちからキノコが出始めたから期待していたんだけど、 この2週間ほど前から、毒キノコすら出なくなっちゃった。 おらんちの「山の店」は山菜が売りになっているから、参っちゃったね。 でも根気よく野山を、山菜を求めて歩き回っているのさ。 今朝も、葉ワサビとミツバを調達してから裏山に様子を見に入ると、なんと! クリタケが一株出ていたよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/02 08:33
宝剣岳・中央稜を登りに行こうかな
先月は東駒だったから、今度は西駒にしよう。 東駒というのは甲斐駒ケ岳のことで、西駒は木曽駒ヶ岳のことだよ。 朝陽に染まる西駒を見て目が覚め、夕陽に染まる東駒を見てから寝る… そんな所がおらの住んでる所なのさ。 Gチームの爺婆たちも、そろそろ又身体がうずき始めてね、今度は中央アルプス宝剣岳の中央稜を登りに行こうかなんて、河西公子婆と話しが始まったんだ。 今度のアプローチはロープウェーだから、老体の身にはうってつけなのさ! 今度はたぶん、余裕を持って登れそうだからきっと楽しいクライミング... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/27 17:10
多くの人に心配かけた爺婆の山登り
「行ってきます」…と気軽に出かけた。 「帰ったよ」…と平然と帰宅した。 目的の山登りを終えた爺と婆は意気揚々としていた。 一週間経ち、10日経ち、一ヶ月経っても、楽しかった山登りの余韻は消えなかった… しかし日が経つにつれて、帰りを待ちわびていた人たちの気持ちが伝わってくる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 9

2011/09/22 08:20
おら、自分に感動しちまっただよ!ダイヤモンドフランケ赤蜘蛛ルート
おらは山登りを、人の3倍楽しんでいる。 計画を立てる時楽しみ、山に登って楽しみ、ビデオを編集して楽しんでいる。 仲間たちの一喜一憂している光景を編集している時なんかもう、幸せの極みだ。 今回の甲斐駒ケ岳は、天下のNHKが撮影してくれているからその分楽ができた。 正直言うと、ビデオを撮影している余裕が無かったというのが本音だ。 でも、ファインダーを覗けなかった分、肉眼で仲間たちの登っている光景を見ることができたから、今までより印象が強い山登りになった。 昨夜は、河西公子婆ちゃんの所で自... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 9

2011/09/20 08:42
<ナラタケ>わんさか!
おらんちの裏にナラタケが出始めてね。 このキノコは見栄えはしないけど、熱が通るとツルッとした食感と、上品な香りがとてもいいんだね。 笠が開く直前だったから、極上ものでバケツ1杯の収穫だったよ。 今朝はハナイグチとナラタケの味噌汁で旨かったな〜。 明日の晩はGチームのメンバーとキノコ鍋だ! ダイヤモンドフランケのテレビを見ながら… ハナビラタケ、ヒラタケ、ナラタケ、腹いっぱい食べるぞ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/18 12:00
ダイヤモンドフランケが今朝7:00放映される
おらんとこにはテレビがないから、詳しくは知らなかったんだけど2日まえから、コマーシャルを兼ねた放映がされているらしい。 NHKのディレクターから連絡が入ってね。 本放映日は19日PM6:10〜6:45の「ホリデードキュメンタリー」だけど、今日のAM7:00から「おはよう日本」で10分間放映するんだって。 おら…テレビが無いから、近くの温泉に行って見てこようと思っているんだ。 楽しみだね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/09/18 04:02
若い頃赤蜘蛛同人、年老いてエンドレス・G・チーム・活力の源は…
クライミングを終えて帰る途中… 登山道脇の岩棚に腰掛けて、登り終えたルートを仰ぎ見ながら、その余韻に浸っていました。 すると、老婦人がやって来て、私たちの横に座りました。 取り留めのない話をしていたのですが、一向に腰を上げない私たちを余程疲れているように見えたのでしょうね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 11

2011/09/16 07:45
『憧れの大岩壁へ〜限界に挑んだ75歳』
夕方、滝田栄さんから連絡が入った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/15 20:48
シロヌメリイグチ(シロハナイグチ)
このキノコの、幼菌のしっかりしたものはなかなか旨いけど、早く加熱処理しないとすぐに痛んじゃうんだよね。 おろし合えとか、葱とショウガ醤油合えとか、味噌汁の具に良いね。 まだはしりだけど、もうちょっと涼しくなるとわんさかと出てくるから楽しみなのさ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/14 18:05
またまたでかくなった<ハナビラタケ>
ハナビラタケがぐんぐん大きくなっているよ。 19日PM6:10〜6:45『スーパー爺・絶壁に挑む』の放映を見ながら、 エンドレス・G・チームが又きのこ鍋で飲み会だ! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/14 17:26
ヒラタケ
伐採したクルミの木の切り株にヒラタケが出るんだ。 採っても採ってもあとから出てきてね。 オアリガトウゴザイマスって感じなのさ。 味は淡白だけど、食感はいいよ。 今朝も1キロほど採ってきたよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/13 12:07
ハナビラタケ
今年はハナビラタケの当たり年で、もうすでにかなり採った。 1週間前に顔を出したハナビラタケが順調に成長している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/13 11:58
甲斐駒ヶ岳が引き合わせてくれた人
昨日は楽しく、嬉しい日になりました。 この間、甲斐駒ヶ岳に登る前… ネットで検索して、大変参考にさせていただいた資料があったんです。 その資料は、ごく最近の記録だったので大変心強く感謝しました。 投稿者のお名前は<OPANDA>さん。 今回登れたのもOPANDAさんのおかげです。 そのOPANDAさんが奥様と一緒におらんちに来てくれました。 嬉しかったですね。 お帰りになるまでの間、ずっと甲斐駒ヶ岳の話で盛り上がって… よれよれの爺ですけど、これを機会にお付き合いしてくださいな... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/12 07:16
山の店の今日のきのこ
裏の戸を開けたらナラタケが出ていたよ。 と…言う事はって事でちょっと近所の藪の中を見てみたら、けっこういろいろなキノコが出ていたよ。 ハナビラタケは、今年は当たり年のようだ、又出てきたよ。 昨日顔を出したばかりだから、大きくなるまで待つことにした。 ヒラタケが食べ頃だ。 キクラゲも良いぞ! ハナビラニカワタケもイイジャナイ! ナラタケ、シロヌメリイグチ、コウジタケ、コムラサキシメジ、シロシメジ… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/07 12:36
プププは何の音?アルプスの老婆・ハイジの屁
プップ、ププップ…プップ、ププップ… あれっ!何か、何処かで聞いたことのある音がするぞ! おらのザックが何かとすれ合う音にしてはちょっと違うような…? この音が聞こえ始めたのは、おらのウンコ出産の後だった。 ?????… 暫らくすると又同じ音がプップッ…あれぇ〜? 小雨の降る夕闇の迫った岩壁の中にしては、不釣合いな音が聞こえてくるんだ。 小鳥の囀りでもないし… 蝉の鳴き声でもないし… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 1

2011/09/06 07:11
滝田栄さんと作った<ハナビラ茸のつみれ鍋>
ハナビラ茸がたくさん採れたからつみれ鍋を作った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/05 19:06
裸足で登ったダイヤモンドフランケ
いや〜!この間の甲斐駒ヶ岳登山は運の付きっぱなしだったな〜。 本当に運が付いてたよ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 3

2011/09/05 11:58
アルプスの老婆・ハイジ <河西公子>
ハイジ婆ちゃんとの初対面は何時頃だったかな?忘れちゃった。 八ヶ岳の稲子岳だったかな? 横岳の小同心だったかな? 中央アルプスの宝剣岳中央稜だったような気もするが… 何処で何時とは定かでないけれど…登攀している光景だけははっきりと憶えているよ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/09/02 08:30
甲斐駒ヶ岳を見ながらきのこ採り
今朝1週間振りに甲斐駒ヶ岳が姿を現した。 4日間の甲斐駒ヶ岳生活の直後だっただけに、一味も二味も違う濃縮された味わいのある山に見えるよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/31 14:40
甲斐駒ヶ岳赤蜘蛛物語<ありがとう>
光陰矢の如しと言うが、あれから40年の歳月が流れた。 私にとって、40周年記念山行は必ずしも<意>とするものではなかった。 しかし<意外>な結末は、老い先短いとはいえ、忘れえぬ素晴らしい記念山行となった… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 2 / コメント 9

2011/08/29 14:58
甲斐駒ヶ岳・赤蜘蛛物語<チームワーク>
意地と根性で、河西公子は恐竜カンテに跳びだした。 恐竜カンテに出れば、傾斜は幾分緩やかになり精神的なプレッシャーはグンと軽くなる。 頭上には先行した仲間の姿が見える。 六時間ぶりの対面だ。 清野秋雄も山田敏喜も、報道班もみな身を乗り出して見つめているが、頑張れコールはない。 自分自身の極限に挑戦し続けている彼女に頑張れコールは必要なかったし、精神力の強さを知るにつけ、河西公子の姿は鉄人にさえ見えた。     笑顔が出た… 冗談も飛び出した… あと十メートル… もう少し、それ行... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 4 / コメント 4

2011/08/29 06:39
甲斐駒ケ岳赤蜘蛛物語 <負けてたまるか!>
恐竜カンテに抜ける手前… そう、あのアブミビレーの所だ。 河西公子を迎えるべく、井上進はカンテ(岩角)上に立って確保している。 あと三メートルも登れば、彼女は井上進の所に到達する…はずだった。 彼女の動きが突然止まった。 止まったというよりも動けなくなってしまったのだ。 彼女の引っ張ってきた余分のザイルを下方に辿っていくと… きちんと整理しておいたはずのザイルが、何故かクラックの中に吸い込まれていて、引掛かってしまったらしい。 いくら引いても動かない。 まるでギターの弦のように... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 1

2011/08/28 04:31
甲斐駒ケ岳赤蜘蛛物語<嫌な予感>
朝陽を浴びながら鳳凰三山を背に、絶壁の懸垂下降が始まった。 およそ百メートル下って、絶壁の頂稜部に立つと、足元からすっぱりと切れ落ちて何もない。 生きて帰るために念には念をいれよう。 ザックの中から、固定用のザイルを出して慎重に支点にセットすると、空中にザイルが舞った。 ????… 目的地まで届いていない。 重大なミスを犯してしまった事に気が付いたが、後の祭りだった。 三名が調達してきたザイルの中の一本は40メートルだった。 あんなに慎重に準備をしてきたのに、肝心のザイルの長さの... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/27 08:25
甲斐駒ケ岳ダイヤモンドフランケ赤蜘蛛物語、出発
不安定な気象条件の中、期待と不安を胸に4名は仙水峠から駒津峰に向かって登っている。 河西公子(来月76歳)は満身創痍…過去に胃の摘出、1年前の腰椎骨折etc。 そんな彼女を3名が気ずかいながら1歩…又1歩と呼吸音を確かめながら、ナメクジが這うようにして登る姿をテレビカメラが追う。 2ヶ月前…この山行きを誰からも反対された。 体力的にも技術的にも、絶対実現しないと言う駄目印を烙印された彼女と彼らは、さぞかし悔しい思いをしたことだったろう。 その悔しさを活力に代えて、昼といわず夜といわず猛... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/26 18:28
<緊急>ダイヤモンドフランケA赤蜘蛛・お詫び
詳細は後日報告しますが、 大テラス上、<上部垂壁取り付き部>にアクシデントにより、回収できないザイルを残置してきました。 近々のうちに処理の手はずをとっていますが、 それまでの間、登攀中の皆様に不快感を与えてしまいますがお許し下さい。 もし、残置ザイルを目撃された方かありましたら、クラックの中に落とし入れてください。 あつかましい願いですが、処理してくださった方は、コメントにてお知らせ下さるよう、重ねてお願いいたします。 井上進 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/26 16:07
甲斐駒ヶ岳赤蜘蛛物語・何故か二時間待ち?
あの日の朝は気温が上がって雨が降っていた。 赤石沢奥壁を含めた岩壁群に垂れ下がっている、一抱えもある氷柱が一斉に落下し始めた。 1時間待ったが、一向に氷柱の落下は収まらない。 2時間待っても同じだった。 ダイヤモンドフランケからの帰路を絶たれてしまった私達は途方にくれた。 これじゃ帰れない… 退路は長い長い本谷の下降のみだ。 Aフランケの試登の後、赤石沢本谷の雪渓を下降し始めると、巨石が雪渓を削りながら落ちていった痕があり、その痕跡を辿っていくと、雪渓上に留まっている巨石が現れ、そ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 3

2011/08/08 07:16
甲斐駒ヶ岳赤蜘蛛物語<前歯で登る>
感高い金属音を響かせながら、岩の裂け目の中に手製のアルミハーケンが打ち込まれていく。 岩の裂け目は天の中まで続いていて、目指す所は中々見えてこなかった。 少しでも高度を稼ぐために、アブミの最上段を極限まで高くしてある。 シットスリング(胴綱)を使って足と上体を突っ張ると、両手を離していても110度位までは立てた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/05 13:24
甲斐駒ヶ岳・赤蜘蛛物語 <発奮>
清野秋雄と山田敏喜の技術が急激に進化しだした。 目を見張るほど進化してきたのだ。 清野秋雄はまだ少し左右に体重がぶれるが、原因は腕力に頼っているからだ。 基本は足で立つ事…それが出来るようになったら鬼に金棒だ、あとちょっと! しかし、腕力に頼ってもがむしゃらに突進するファイトは大きな武器だから、清野秋雄はリードには打って付けのタイプだ。 山田敏喜は天性のものがあるようだ。 登るごとに上達していく様は、見ていて楽しくさえなってくる。 河西公子の執念と努力に刺激されて、全員が今発奮して... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/01 16:41
ハーケン(鉄釘)の歌声を又聞いて見たいな!
カイン…カイン…カイン… 少し遅れてカイ〜〜ン…カイ〜〜ン…カイ〜〜ン…カイ〜〜ン あちこちからカイ〜〜ン、カイ〜〜ン、カイ〜〜ン、カイ〜〜ン ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/31 12:54
ダイヤモンドフランケのTシャツが出来上がった
昨日の夕方、出来上がったTシャツが届いた。 多色刷リが難しく線のみの印刷になると言われていたので、あまり期待はしていなかったけど、 出来上がりが、思いのほか良いのには驚いた。 着用してみると…けっこうイケルジャ〜ン! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/30 09:21
河西公子(76歳)の人工登攀奮戦記
甲斐駒ヶ岳、ダイヤモンドフランケ<赤蜘蛛ルート>を登るために、76歳の河西公子婆チャンは人工登攀の練習に奮闘中です。 始めた頃…バランスが悪い…動作が緩慢…すぐにバテてしまう…用具を頻繁に落とす。 こんな情景を見ていると、<赤蜘蛛ルート>なんてとてもじゃないが無理だと誰もが思ったものです。 無理も無い事です。 だってもう、かなりの高齢ですから腕力も脚力もないし、身長も150センチ半ばです。 フリークライミングならまだしも、人工登攀となると、支点が決まっていますから身長の足りない婆ちゃん... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/07/28 10:12
落石事故が教えてくれた事
昨日、駒ヶ岳の濃ヶ池で事故が発生した。 事故の原因は落石によるものか、転倒によるものか定かでないが、出血がひどかったが命に別状はなかったようでなによりだった。 以前、濃ヶ池で落石事故があったが、その時の事を再現すると… 夕刻、3人パーティーは、濃ヶ池経由で駒ヶ岳山頂を目指していた。 山頂付近にいるらしい事は分かっていたが、雨と濃霧のためにまったく視界は効かず、途方にくれたという。 リーダーは、確信の持てる場所まで戻る事を決断し、1時間ほどかけて再び濃ヶ池まで下山した。 カールの底近く... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/27 07:38
秋は早いかも?<ハナビラタケ>
今年もまた、何時ものところに何時ものようにハナビラタケが顔を出したよ。 でも…何時もよりちょっと出るのが早いんだ。 今はまだ握りこぶし二つ分くらいだけど、数日すると今の数倍に成長するから楽しみだな。 すき焼きで食べようと思っているんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/26 07:18
甲斐駒ケ岳・赤蜘蛛物語第2話E<笑顔になった河西公子>
7月24日、河西公子がトレーニングに来訪した。 前回の問題点解決のためだ。 こういう時にビデオが役に立つ。 問題点を何度も繰り返し見ながら、解決方法を模索する。 彼女のハーネスには、いろいろな事を想定した小道具が装着されていたが、そのために動作は混乱して、肝心な時に大切な用具を落下させる事があった。 用具の使い方と利点は理解していたので、今回は腰周りを思い切ってシンプルにしてみた。 技術の進歩と共に、余分になった物を外し、必要なものを加える。 3台使っていたアブミも2台にし... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/25 07:13
甲斐駒ケ岳・赤蜘蛛ルート物語第2話D <可能性を求めて>
登攀メンバーは河西公子76歳、井上進69歳、清野秋雄61歳、山田敏喜40歳の4名。 河西公子は満身創痍だ。 胃の摘出、腰椎損傷、加齢という大きなハンディキャップを抱えているが、大陸生まれで、生死の狭間を潜り抜けてきた体験から、常人では計り知れない精神力と行動力を持っている。 清野秋雄は中堅といったところだが、馬力と思い切りの良さがある。 山田敏喜は、クライミングはまだビギナーだが、身体の柔軟さを生かしたスピードが期待できる。 二人とも磨き方によっては素晴らしく輝く宝石の原石なのだ。 ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/23 12:53
甲斐駒ケ岳・赤蜘蛛物語第2話C<動揺>
エンドレス・G・チームの「赤蜘蛛物語」は順風万幌の船出だった。 この物語には脚本はない。 しかし、どう考えても影に名脚本家が居るかのごとく状況が変化してきた。 計画が白熱してくるにしたがって、人間模様が浮き彫りのごとく鮮明に現れてきた。 真剣に登りたい者と、遊び心で同行するつもりの者との差が日を追って広がっていったのだ。 不可能を、可能にするべく問題に挑む者は、次第に自我が強くなり、そうでない者は弱くなってくる。 しかし、自我の弱い者にもプライドがある。 強い者に付いていけなくなっ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/22 20:23
ダイヤモンドフランケ生誕40周年
あれから40年、おらも来月には69歳になる。 5年前から、40周年にはまたあのダイヤモンドフランケを登りたいと思っていた。 そしてその時がやってきた。 でも、今回の山行はちょっと厳しいものになりそうだよ。 なにしろ、おらたちの仲間「エンドレス・G・チーム」の計画だから… 最年長の河西公子婆は76歳。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/22 11:03
甲斐駒ケ岳Aフランケ赤蜘蛛ルート最新情報<要・注意>
7月13日に、ダイヤモンドフランケAの偵察に行って来ました。 北沢峠〜摩利支天〜奥壁第1バンド〜八合岩小舎〜Aフランケ岩小舎(泊)〜Aフランケ基部付近。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/22 08:45
リーダーの決断・チームのTシャツが出来るぞ!
今計画している、17周年記念山行のダイヤモンドフランケ赤蜘蛛ルート登攀までに、 リーダーの英断でTシャツを作ることになってね。 図案は…エンドレス・G・チームの通信用紙に使っていた、おらの図案が採用された。 シャツの前面に… 今年89歳になる古原和美(こはら・かずよし)御大が垂直の岩壁にトライしていてね… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/27 17:21
赤蜘蛛物語第二話Bダイヤモンドフランケ発見
1967年12月、鳳凰三山の撮影が終わって、甲斐駒ヶ岳に向かって機首を変更したヘリコプターの中に私は搭乗していた、搭乗した訳は… 第二期登山ブームの真っ只中、山岳遭難も続発していたが、 天下の国営報道局には山の画像、映像資料が皆無だったから、報道は民放の独壇場だった。 これでは国営報道局として面子が立たないということになって、資料収集が始まった。 南アルプス、中央アルプス、北アルプスの取材だ。 その案内役に白羽の矢が立ったのが私だった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/25 20:22
甲斐駒ケ岳「赤蜘蛛物語」第二話 A
数日前、懐かしい記録写真を持って伊藤忠重君が訪れた。 彼は40年前、冬のダイヤモンドフランケ初登攀の時のメンバーだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/24 14:05
甲斐駒ケ岳・「赤蜘蛛物語」第二話 @
甲斐駒ケ岳にダイヤモンドフランケが誕生してから40年が経過した。 残置支点の数こそ増えたが、訪れたクライマー達によって岩壁は洗練され、あたかも原石から磨きだされたダイヤモンドの様相に変わってきた。 正にダイヤモンドフランケだ。 これからますます磨きだされてその輝きを増していくに違いない。 赤蜘蛛ルートから生まれた諸々の出来事や、人間模様は数え切れないほどあるだろう。 テクニックは勿論のことだが、ダイヤモンドフランケの岩壁で、ひとまわりもふたまわりも大きくなって世界の山に羽ばたいて、いま... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/24 09:15
滝田栄氏作の不動明王に睨まれた
二連チャンで呑みすぎた! 一昨日は山登りの打ち合わせ会の後呑みすぎたAM1:00。 昨日は…エンドレス・G・チームのメンバーになった滝田栄さん宅で呑みすぎたPM12:30。 寝床につくと、枕もとの滝田栄氏の力作<不動明王>が… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/23 14:21
<山岳救助活動>永年ご苦労さま
おらたち<エンドレス・G・チーム>のメンバー「小平忠敏さん」が知事表彰を受けた。 永年にわたる救助活動の功績を称えた賞だ。 救助活動は大変な行動だ。遊びじゃない… 彼のおかげで、今日も元気よく生活している人たちは大勢いる。 頭の下がる思いだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/23 12:41
爺と婆がダイヤモンドフランケを登りに行くぞ!
おらたちのクライミンググループ「ENDLESS・G・TEAM」の御大<鹿島槍之介氏>が、高齢のためチームから勇退することになった。 今年89歳になる御大にとって、過激な行動にはもう限界が来たらしい。 これもいたしかたのないところだね。 かつて…深田久弥氏と共に…またヒマラヤの高峰を… はたまた、おらたちと垂直の岩壁を闊歩してきた御大… アルピニズム黎明期に生きてきた御大… その功績は絶大だ。 この16年…お付き合いいただいて有難うございました。 山には登れなくても、命ある限りお付... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/12 21:45
万歳!『記憶に残った山々』DVD遂に完成
まだ山田監督からOKが出ていないけど…今朝ようやく、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/11 14:10
おら…まだ生きてるだよ
すっかりブログ更新を忘れてた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/06/10 07:16
ヨモギは<最高の着火材>
おら貧乏だから…お金は無いけど自分の時間だけはい〜っぱいあるぞ! 家の周りの草花が、ヨモギの勢いに負けそうだからヨモギ退治をしよう。 ってことで一本ずつ抜き始めた。 咲き始めた花たちは、ヨモギが無くなったから喜んでニコニコ顔になった。 でも…ヨモギだって同じ植物だ。 抜いたまま枯らしてもかわいそうだ。 ヨモギ君に納得してもらうために、天日干しにした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 6

2011/05/30 16:42
濁流の中で火花がとんでるよ!
昨日の太田切川はかなり増水した。 流れの音が低周波に変わるから見なくてもすぐ分かる。 水の流れる音じゃないんだよ…でっかい石の転がる音なんだ。 その鈍い音がごとんごとんってね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/30 15:34
<カワネズミ>に遊ばれちゃったよ!
おらんちの裏にカワネズミの巣があるらしいんだ。 裏庭の脇は川があって、流れの中に遊ぶ姿がいつも見られるんだけど、 たまに川から上がって水溜りの中の餌を漁っているよ。 でも…どうも陸に上がるとあんまり目が見えないらしく、 おらが近ずいても分からないらしくて盛んに何かを漁っているんだよ。 最初は遠くから… 次第に近ずいて… カワネズミ君まだおらに気が付かず、盛んに何かを漁っているよ。 少しずつ…少しずつ近ずいて… あらららら…真上にまで来たのにまだ気が付いていない。 普通の鼠より... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/27 18:40
こりゃ寒いわけだ!
毛布と布団に包まって寝てたんだけど寒かった。 朝起きてみると、窓が開いていた。 こりゃ寒いわけだ! 外に出てみたら、裏山はそこまで真っ白だった。 雪が降ったんだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/24 22:18
爺婆の山登り…テレビ局から取材依頼
平均年齢72歳のおらたちのグループ「エンドレス・G・チーム」は、 クライミング主体のチームでね。 ほとんどの連中が50年から60年も山登りを続けていて、 最高齢者なんかは70年のキャリアだよ。 若い頃と違って、新しいことに挑戦なんか出来っこないから、 昔登った所をトレースしながら…当時の事とだぶらせて、 歳相応に楽しんでいるんだ。 おらたちは、突発的というか…とにかく衝動的に行動しているんだけど… 何しろ、歳が歳だからね… 明日はこの世から消えていても不思議じゃないってことを承... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/11 13:39
枯れ枝燻して<豚ばら肉>の燻製だ!
今日は、一昨日焼肉をした石釜の煙突の先端に、 調味した豚のばら肉を置いて燻製つくりだ。 火加減と煙加減を調整して出来上がった<ばら肉の燻製>は… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/08 19:40
は〜るがき〜たは〜るがきた秋がきた〜!
日課のワラビ採りの帰り路、ちょっと脇路に入っただよ。 この時期にはね、ナラ茸がでるんだ。 あっ…あっ…やっぱり出ているぞ! ナイフで丁寧に切り取って… ふっふっふっ…今朝ははきのこ汁で… 夜はきのこ鍋で… 晩酌が楽しみだ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/08 09:12
赤蜘蛛ルートを初完登した男と再会
時代劇に出てきそうな古めかしい名前の<堀尾龍四朗>君がひょっこり顔を出した。 彼とは、40数年前に一緒に山に登った岳友だ。 昔の風貌は、あの悪名高い<オーム心理経のアサハラショウコウ>にそっくりだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/03 14:43
中央アルプスの<底雪崩>
一昨日の駒ヶ岳ロープウェイ線のバスはチェーンを巻いて走っていた。 昨日(4月26日)は駒ヶ岳の開山祭…いよいよ登山シーズン到来だ。 冬の間は、比較的雪が少なめだったが4月に入ってから降雪が続き、 かなりの積雪量だ。 しかし、なんといっても春の雪だから湿気があって重い。 もう暫らくの間は底雪崩(全層)に要注意だ。 こいつに遭遇したら、なにしろ根こそぎだから恐ろしい。 40年近く前… 千畳敷カール直下の中御所谷で発生した底雪崩は、 谷底から30メートル以上も上の大木をなぎ倒して谷を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/27 08:08
好評! <シケモク用パイプ>
たばこが販売調整で中々手に入らないので シケモク用のパイプを作ったら これがまた意外に好評で… 作るはしから持っていかれちまってさ  しかも 注文までくるようになっちまって 自分で使うのが無い始末なのさ でも…創るって事は夢があって楽しいね 創造だよ 創造! 作っているうちに考えが変わって… こんな風にして見たらどうなるのかな? まてよ?…いや? … てな調子でさ  ころころ コロコロ軌道修正して… なにしろ<テキ>は天然物だからね そのありのままを活かしたいし… おい... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/23 14:20
あれれっ…なんだこりゃ<煙管を作ろう>
今回の災害騒ぎでたばこまで販売が規制されちまった。 1回に1個しか買えない。 おら…40本必要なんだけど、朝と夕方車で買いに行くと往復のガソリン代が300円もかかっちまうよ。 節煙のために、煙管を買うのも勿体無いので、枯れた松の木のコブを拾ってきて作る事にした。 こぶにたばこを差し込む穴を開け…吸い口の枝にも… バーナーで皮を焼いて、ワイヤーブラシでこすり、天然の研磨剤、木賊(とくさ)で磨きだしていたら… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/04/16 08:38
新物のワラビは旨い!<保存法>
また、ワラビの季節がやってきた。 まだ昨年の出し醤油に漬けた瓶詰があるけど、 新物がでると…やっぱりね。 せっかく食べるのだから、上手に加工しないと。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/12 08:53
野性の勘で頑張るぞ!
飢えも、寒さも、痛みも、貧困も、他人は同情してくれるけど、自分自身が負わなければならない現実。 今は何とかなっているが、これから先の事は誰にも分からない。 誰にも頼る事ができなくなった時のことを基準にして考えなければならない時なのかも知れない。 でも、それは過去と比較するから、今が窮状、惨状という事になっていると思うようになった。 この寒さは、この間までぬくぬくと贅沢をしてきたから骨身にしみてくるらしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/04/07 07:21
銭は無いけど旨いもの喰ってるぞ!
腹が空いたので、倅を誘って食材の山菜採りに出掛けただよ。 3月中は低温が続いたので、収穫はあまり期待できなかったんだけど… 家に閉じ篭っているより、外に出ると土の匂いや草の香りがして ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/01 22:08
神様は身近に居た!
おら…何時も思っている。 神様なんて人間の創ったものだって思ってる。 人間の創った神様は贅沢だ。 立派な社を作ってもらってふんぞり返って、賽銭ばっかり盗っておきながら何にも願い事を聞いてくれないんだもの。 昔、お百度参りまでしたことがあったけど、一度として願い事は叶わなかった。 だからおら神様なんか大嫌いだ、社に居る神様はありゃ偽者だと思うよ。 でも、昨日と今日本物の二人の神様におら、行き会っただよ。 一人は身近なごく普通の人だった。お賽銭を一円も献上したことの無い普通の人だった。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/28 15:21
圧力釜が爆発した!
この間の山小屋の噺の続きなんだけど… 昭和30年代はとにかく登山ブームで、猫も杓子も山登りに熱中していた。 だから、山小屋は連日超満員でね。 寝る所がなくて階段にまで寝ている登山客なんてごく当たり前の事だった。 夕ご飯が済んで、お客さんに寝てもらうんだけど、それはもう気の毒の極みってぇやつで… 1坪のスペースに12人も寝るんだよ、想像つく? 横向きになってもらって、小屋番がお客さんの腰のところへサット足をつっかえ棒代わりにしてね。 その繰り返しで、次々と寝かせながら、もう一人の小屋... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/03/26 14:43
おらんとこには義援金はこない!<間接的被災者>
津波、地震、放射能汚染で被災された方々は言葉で表現できない窮地におかれている。 一日も早く元の生活に戻る事を祈るのみだが… おらも間接的に被災しちまった。 観光地が閑古地になっちまって、誰も来てくれなくなっちまっただよ。 隣のホテルなんか、いきなり600人の予約がキャンセルだ。 もう一軒のホテルだって、ただでさえ不景気で困ってるところへもって来て、連日のキャンセルの報に頭を抱えている… 誰も歩く人のいなくなった閑古地に姿を現すのは猿だけだ。 こんな状態だから、食い物や電気には不自由... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/03/24 18:40
大卒・イチマンサンゼンハッピャクエンの頃の大豪遊
おらが、まだ二十代前半の頃だから、昭和30年代後半。 巷では、イチマンサンゼンハッピャクエンって唄が流行ってた。 大学卒業生の初任給が1万3千8百円のときの唄だ。 高卒の給料が7〜8千円だったかな?。 この頃、おらは山登りを始めたばかりで、ボッカ訓練を兼ねて、 中央アルプスの一番新しい小屋「天狗荘」に勤務していただよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/18 10:05
47年前の新潟地震の時、山小屋で焼け死ぬところだった
47年前の、新潟地震のあった夜の事は今でもはっきりと覚えている。 場所は中央アルプス駒ヶ岳の山荘「天狗荘」の夜。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/14 17:43
ダイヤモンドフランケ40周年          <未来のアプローチ>
甲斐駒ヶ岳東面に、ダイヤモンドフランケを開拓して今年でちょうど40年を迎えた。 一番最初にダイヤモンドフランケを訪れた時は、仙水峠から水晶沢を下って赤石沢に入り、およそ100メートルの大滝を直登して入渓したのだったが、前日夕刻、戸台を出発して「大平小屋」付近で仮眠をとり、岩壁基部に辿り着いたのは昼頃だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/03/10 19:59
93歳になった南アルプス「橋本山荘」のおばさんは元気だった
数日前、南アルプスの「仙丈小屋」の主人と話しているいる内に、 無性に「橋本山荘」のおばさんに会いたくなって、今朝早速訪ねる事にした。 途中、桜で有名な高遠(たかとう)の奥、美和ダムのほとりの「喫茶店くるみ」に立ち寄った。 ここの奥様は橋本山荘のおばさんの娘さんだから、まず立ち寄る事にしているのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/03/09 20:17
<遣らずの雪>???
帰ろうとする人を引き止めるように降る雨を「遣らずの雨」って言うらしいんだけど、 来る人を拒むように降る雪を「遣らずの雪」って言わないのかなぁ? 昨日の日中は小春なんてもんじゃなく、春そのものだった。 駒ヶ岳山中の「地蔵平」のお地蔵さんも、周りの雪が消えて、緑の地面が出てきた中で眠たそうな顔をしていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/07 13:35
達也が還って来た!
 石原裕次郎の「西部警察」で、シナリオライターとして活躍した浅井達也氏が逝ってもうすぐ一周忌が来る。 おらんちの山の店の近くに別荘があったこともあって、ひょんな事から10年近くお付き合いしたが、なぜかおらは、現地身元引受人になっていた。 浅井達也氏はこよなくブナを愛し、全国各地からブナの実を集め、栽培しては別荘の裏山で育てていた。 都会の雑踏から離れて数百本のブナに埋もれている事が至福の一刻だったらしく、一年の半分近くを別荘で過ごしていたのだ。 物書きという人種は、おらと違って気が乗れば... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/04 14:05
冬眠してた訳じゃないけど…クライストチャーチとMtタスマン
でも…冬眠してたと同じようなものだった。 何もしないから何もネタがない、だからPCに向き合う気力も湧かなかっただよ。 それと、ご近所のお付き合いの自治会ってやつの年度替りって事もあって、振り回されていたしね。 ところで、ニュージーランドのクライストチャーチは大変らしいね。 こんなことを言うと不謹慎って言われそうだけど、あの街の名前を聞いた途端に、楽しかった思い出が蘇って来ちゃったんだ。 大昔、今から46年も前…土、日、祭日は全てが休日、勿論列車もバスも動かなかった。 そんな休日のクラ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/02/25 16:54
『地蔵の峠に吹く風は』ってブログ読んだ途端に心はスキップなのさ!
PCの電源ON、インターネット〜お気に入り、そして『地蔵の峠に吹く風は』… 自分のブログを更新しなくても、このブログだけは見なくちゃって思ってるおらなのだ! なんでか?って言うと… 呑みすぎた翌朝の二日酔いの時とか、寝がけにチーズみたいなひつこい物を食べ過ぎた時の、明け方の重苦しい胃の不快感を一掃してくれるジンフィーズとか、レモンスカッシュみたいな… このブログを読んでいると、何故だか知らないけど爽やかな気分になるんだよね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/08 09:31
喜寿を迎えたレディークライマー
今年喜寿を迎える河西公子婆。 老いて益々盛んという言葉は、彼女のためにあるのかもしれない。 77歳という年齢は、ともすれば補助具の助けの要る歳なのに、婆は今垂直の氷瀑を登っている。 婆曰く、「今日はちょっと、格好いい所をビデオに撮って貰おうと思って」… と言う事で、おらんちのすぐ近くの氷瀑に出掛けてきたって言うわけ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/02/07 09:02
日向ぼっこ
朝7時ちょっと過ぎ、南アルプスの農鳥岳の右側から太陽が昇る。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/02 13:24
山渓と岳人の取材合戦
おらが絶筆宣言する前は、10日に1回は電話がかかってきてね。 「何もネタは無いよ」と言うと 「蛇の道はってやつで…○△を計画してるんですって?その記録を○○号に8ページ開けてますから○○日までにお願いします」とか… 「○○の壁を誰が1番先に登るか、今トトカルが始まっていて、本命があたたなんですよ」とか… 「6ページ空きが出来ちゃったから、何でもいいから埋めてください」 「また一緒に飲みましょうよ」なんてね。 おらは、山渓と岳人のどちらにも偏らないように、原稿とか記録は提供していたんだ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/01/20 16:13
W・ボナッティ氏にゃ気の毒な事した
イタリヤとフランスの国境、エルブローネルのレストランで、なんと幸運にも<W・ボナッティ氏>と食事を共にする機会に恵まれたおらはなんて幸せ者なんだ。…自分に対して、コノヤロッ!コノヤロッ! その頃のおらたちは、プトレイ大柱状岩稜北壁inoue/matumiルート初登攀という事でアルプスでは<時の人>にまつりあげられ、過大評価されていた。 あとで分かった事だけど、この情報はアルプスを囲む国々や、イギリス、アメリカのいわゆる三大山岳誌にいち早く流れていたが、日本で公表されたのはそれから2ヶ月後のこ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/01/20 13:09
小森康行さん、あの時はご免ね
おらたちがモンブランのイタリヤ側に新ルートを開拓した事が報道されたものだから、小森康行さんが取材を兼ねてキャンプをちょいちょい訪ねてくれるようになった、それである日彼を夕食に招待した。 メインディッシュは焼肉… 朝からじっくりと仕込んだたれの中に漬け込んだ10キロの肉がバケツに1杯… ワインを飲みなら食べる肉は食べる端から消化してしまうようでいくらでも腹の中に入っていく。 小森康行さんは、おらたちのことをよく知らないから… 目の前の大量の肉は旨いんだけど、そのあとに出てくるであろう食べ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/14 12:19
嫌いじゃないけど森田勝氏にゃ意地悪した!
あれは何時頃の事だったかなぁ…おらもまだ若かった。 場所はシャモニのとあるキャンプ場、おらたちのキャンプの周りには日本人はいない。 というよりも、日本人から遠ざかっていたんだ。 でっかいキャンプ場には通称日本人村と呼ばれるくらい大勢来ていて、まるで難民キャンプみたいだったのさ。 そんなおらたちのキャンプを毎日 、うさん臭い男が伺うように現れた。 うさん臭い男が森田勝氏と分かったのは数日してからの事だった。 何処から情報を得たか知らないが、彼はおらたちの持っているある資料が見たかったよ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/13 14:33
ちょっと先まで行ってみよう
今年は雪が降らないから楽でいいや、それにしても今朝もまたドピーカンだ。 6時51分、宝剣岳に陽が当り始めた、何時見ても格好いい山だね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/13 13:14
山に入る人間・里に下りる動物
猿が雪の無い斜面で草を食べている、一心不乱に食べている。 3日前には笹を食べていた。 2日前はニセアカシヤを食べていた。 昨日は来れなかったから想像だけど…それとおぼしきヤマブキとウツギに似た木の皮を食べた残骸が散らかっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/12 09:05
どんど焼きを見に行ってこようっと!
やぁ〜またまたいい天気だ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/10 10:54
今日は暖かいね
今朝は駒ヶ岳が見えない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/09 09:28
夕方は…
南アルプス全山の雄大な景色をを眺めながらの散歩はいいなぁ〜。 北から鋸岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、北岳、間の岳、農鳥岳、塩見岳、悪沢岳、荒川岳、小赤石岳、赤石岳、聖岳(ひじり)、光岳(てかり)… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/01/08 18:00
今日もまた…
朝7時、昨日よりも綺麗な宝剣岳を眺めながら地蔵平のお地蔵さんのところへ… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/08 11:03
朝の散歩
このところ気分がイマイチだったから、気分転換に散歩のコースを変えてみよう。 そういえば暫らく地蔵平のお地蔵さんに会っていなかったなぁ。 7:00、中央アルプスの宝剣岳が朝日に輝いている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/07 12:02
おいらの元旦は1月2日だった
昼ちょっと過ぎ電話が鳴った。懐かしい声が受話器の中から次々と聞こえてくる。 声の主たちは九州の佐世保山岳会の方々だった。 北アルプスの焼岳の帰りらしい。 昨年の3月、宮崎県の鉾岳を登った帰りに佐世保でお世話になって以来の再会になる。 夕刻、会長の古川好幸、松尾為一、中島直、佐々木竜也の各氏が我が家に到着。 Gチームから山田敏喜氏も駆けつけ早速宴会が始まった。 佐世保山岳会の方々とはもう12年来のお付き合いをさせてもらっている。 佐々木氏と9月に雪彦山を一緒に登ったDVDを観賞しなが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/01/03 17:43
駄目だこりゃ!
今シーズンはじめての雪かきだ。 AM5:0,からおよそ2時間、とりあえず一段落したが、この天気だ、これじゃ商売にならないってことで朝から雪見酒とあいなった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/25 11:53
雪が降るとなんとなく……
いよいよおらんちの周りも冬になった、うっすらと雪化粧した景色もいいものだね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/09 09:17
店じゃなくて家が潰れるかと思った!
おらんとこはいつ潰れてもおかしくないような店なんだけど… 昨日は店じゃなくて家が潰れるかと思ってかなりあせったんだ。 午後から雷が鳴り始め、雨もかなり激しく横殴りに降って、舗装道路は川になっっちゃったよ。 そして夜8時頃だったかな?物凄い風が吹き始めたよ、台風の時より凄い風がね。 風のあおりを受けて家が震動し始めてね、おら…ひょっとしてこれで我が家は一巻の終わりかな?って覚悟を決めたのさ。 でも…古家だから<柳に風>みたいで無事だったけど、屋根の上や周りは風に飛ばされるいろいろの音がし... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/12/04 08:45
鯉こくには<イワタケ>だね
夕方知り合いが二匹の鯉を持ってきてくれた。 1匹は鯉こくにしよう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/03 07:37
嘘をつかなくてもよくなった日
 簡単に終わるはずの手術の結果は惨憺たるものだったのさ… もうすでに手遅れの状態で、手の施しようがないとのことだった。 余命、数週間からよくもって数ヶ月と言われた時は、何がなんだか解らなかった。  女房の身体は卵巣癌に冒されていた。 医師の助言で、本人には告知しないで、おいら一人の胸の内にしまっておくようにとの事で、それからというものはほとんどが嘘の塊の毎日が続いた。 なにしろ育ち盛りの子供が3人…それぞれが入試を控えているから神経を使う。  当の本人の身体は、開腹後なにも治療せずに... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/03 06:36
今日はアザミの醤油漬け〜!
クレソンもナズナもノビルも補充できた、沢蟹も捕った…後はモリアザミを採ればオッケーだ。 モリアザミを採る人はほとんどいないから、おらの)独壇場だ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/28 11:57
落ち葉の始末は大変なんだぞ〜!
AM6:40…気温−2℃、おらの友達が養魚場をやっているんだけど… 留守にするから水の管理を頼むってぇ事で、やって来た。 まず、家の中に繋がれている柴犬と甲斐犬とご挨拶、鎖を解いて自由の身にしてあげる。 でも…たいしたもんだね、飼い主の作業手順を熟知しているワン君たちは、こっちだよと言わんばかりにおらを導いてってくれるんだ。だからおいらは、ワン君の後に従って行くと、あぁ、これをすれば良いんだねってぇことで、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/28 07:02
練れば練るほど味が出る…って
…御大のムービーカメラマンの大御所「羽田栄治」さんから教わったから、おら…忠実にそれを守っているんだけど、このところ、ビデオの編集に係っきりなんだ! もう一ヶ月以上になるんだ。 最初は、う〜ん中々って思っていたけど、見直すたびに手を加え…またまた良くなったぞ!って満足してたんだ。 …で、また見直しては手を加えて…もうこれで良いんじゃないって思いながら見直すと、あれ!ここも手直ししたほうが良いなってな調子の毎日なのさ。 もう、百回以上見直したかな? 今までは修正するたびに満足してたんだけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/11/23 00:48
おらの<焼魚の食べ方マニュアル>
滝田栄さんから戴いたホッケをごちになろう… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/13 16:22
野山は春の準備が始まった
おらんちの周りは、極彩色の木々が中央アルプスの雪景色に映えて ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/13 12:21
45年前の11月12日
<う〜さん>という方は六甲山をくまなく歩かれている。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/12 08:24
駒ヶ岳は連日猛吹雪
紅葉見物を兼ねて駒ヶ岳から帰ってきた人たちが、 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/10 07:29
一昨昨日はホッケ 一昨日はタラバ 昨日はイクラ 今日はニシンの麹漬け
ここのところ…おら…貰い物ばかりで感謝してるよ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/09 18:31
ギョッ!どえらいもんが届いたぞ
宅急便です…???? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/08 10:33
駒ヶ岳が初冠雪
うろこ雲の下の駒ヶ岳が、この数日間雲の中に隠れていた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/02 12:31
昨夜の晩ご飯の<天然エノキダケのすき焼き>は旨かった!
早朝の気温は3℃、夜の明け始めた空には北極星が輝いている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/27 07:18
爺と婆の岩登り
いやぁ〜、ブログ更新も久し振りだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/26 13:20
あれから丁度1ヶ月
今はきのこシーズン真っ盛り ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/16 04:26
きのこの保存は冷凍にしてるんだけど
きのこの保存方法はいろいろあるけど ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/15 13:50
おらんちの周りはきのこ畑
おらはほとんど近場できのこ採りをしているよ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/14 13:49
<おまえはアホや!>…だって
この所山の中で3連チャンのドジを踏んだ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/14 06:09
親子で痛テテッ!ウ〜ッ!
10日ほど前きのこ採りに行った時の事 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/10/13 07:24
ハナイグチは便秘薬?
このキノコはジコボウとも言って ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/10/03 16:41
青大将の<山椒太夫>は友達さ
青大将の寿命ってどのくらいなんだろうかね ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/02 13:10
似ているキノコは要注意!
いよいよキノコのシーズンがやって来た ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/26 14:57
ハナビラタケが出始めたぞ!
このキノコは毎年出るとは限らないが ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/25 13:50
危険と紙一重 熊が隣に居る!
実りの秋とともに 頻繁に熊の出没情報が入ってくる ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/25 08:36
人の命を預かる商売<食中毒>
こんな恐ろしい思いをした ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/23 05:49
雪彦山の展望台は熊が集まってくる!
雪彦山の展望台に幕営する人は熊に注意した方がいいよ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/21 14:26
路に迷って二往復<雪彦山>
多勢で行動していると 知らないうちに神経が散漫になるんだなぁ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/21 05:54
山のアスパラ<シオデの実>がこんなに大きくなりました
初夏の頃 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/14 13:59
八ヶ岳・稲子岳の精霊になったYuzo師匠
パソコンの師匠 故・小口雄三氏が逝去されて早半年経ちました ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/14 13:30
バンフ・マウンテン・フィルムフェステバル・イン・ジャパンを見て驚いた
友達からどうしても見せたいからって誘われて乗鞍高原に行って来ました ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/14 08:13
夜は熊の宴会場になるんだって! 動物園じゃないぞ!
おらんちの「山の店」のすぐ近くに養魚場があるんだけど ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/13 08:59
<お前は誰や?><俺はお前や!>
車のライトに照らし出された人影が壁に浮かび上がった ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/10 20:59
川の魚が変だぞ!
なんだっこの魚は! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/10 08:04
猿が山から下りて来たから爆竹の出番だ
また猿と格闘の季節がやって来た ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/09/10 07:22
なんかドヨ〜〜〜ンとしたきぶん
台風が去って青い空が見えてきたというのになぜか気分はドヨ〜〜〜ン ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/09 07:56
それはあっという間の出来事だった
金色の糸にみとれていたら 蝶が飛んできてその網にかかった ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/07 16:45
熊が多いから「熊ヶ根市」
おらの街のキャッチフレーズは 南アルプスと中央アルプスに囲まれいるから ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/07 09:59
三重構造<蜘蛛の豪邸>
<コノハマサラグモ>のマンションも凄かったけど ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/06 14:22
赤蜘蛛の罠にかかった長谷川恒夫君
甲斐駒が岳を根城にして10年以上もいると ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/06 06:35
深田久弥も見落とした名山 平田山
シルクを纏ったような山肌が山頂から  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/05 19:47
ブヨ退治にはこれが一番だ!
夕方になるとブヨの奴らが ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/05 10:21
赤蜘蛛が見たまんま @
前回と同じ出だしで…… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/05 08:59
おら<赤蜘蛛>だった
今でこそありふれた人間の成りをしちゃぁいるが昔は赤蜘蛛だった ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/04 17:14
蜘蛛の糸は鋼鉄の5倍の強度なんだって
女郎雲さんは2種類の糸を出すけど どうしてなの? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/04 13:48
蜘蛛のお宅拝見
壁に変なものが張り付いている なんだこりゃ? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/03 17:44
蜘蛛が空を飛んで行く場所教えようか
もうちょっと涼しくなると ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/03 13:56
<雲>の次は<蜘蛛>
おら…今年は<くも>に憑いている ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/03 05:30
すっかり忘れてた
夜カジカ獲りに行ったんだけど ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/01 12:06
『地蔵の峠に吹く風は』さんに感謝します
ブログではありませんが ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/31 08:29
かなとこ雲は同じ所に定時出勤するんですね
おもしろいブログ「地蔵の峠に吹く風は」さんに教わったおかげで ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/26 06:33
星型の湿度計<ツチグリ>
以前にツチグリのことを晴天の旅行者として書いたけど ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/25 15:33
アレッお月さん酔ってるの?それともおらが?
ほろ酔いきげんで外に出てみると ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/25 08:35
ぼく<タツヤ君>って呼ばれているんだ
僕こう見えても三代にわたる血統証付の野良なんだ ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/25 00:14
<つぶらな瞳>のおともだち???
おらんちの裏にはこんなお友だちが遊びに来るんだよ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/23 16:04
かなとこ雲はマラソン大会の優勝者
号砲とともに選手達は一団となって競技場を後に走り始めました ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/22 08:22
かなとこ雲の展望台<信州駒ヶ根高原・菅の台>
信州駒ヶ根高原・菅の台(すがのだい)の食事処 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/21 21:34
下から見えた!かなとこ雲
もう今年は絶対に見ることができないと思っていた ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/21 08:44
ツチグリの成人式(開花)
昨夜かなとこ雲が降らせた雨が上がって ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/20 06:58
かなとこ雲はおらの心を知っていた
18日の夕方…おらとかなとこ雲は中途半端な別れをした ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/20 06:02
かなとこ雲が旅立つと秋
昨日の夕方 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/19 06:54
熊に襲われたウワミズザクラのお見舞いに行こう
今朝はちょっとした冒険になるぞ! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/18 12:23
今年こそ熊にゃ喰わせね〜ぞ!
今日のおらの冒険は山の中じゃなくて ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/17 20:01
ツチグリの<お父さんお母さん>
おらは68年もの間何を観て生きてきたんだべか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/17 12:23
アブの旅立つ日
昨日の噺なんだけどね… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/08/16 09:55
小鳥に教わったキノコの入れ物
朝いつものようにおらはツチアケビに逢いに行った ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/15 14:39
大きなレンズは大きな景色を包んで地面に落ちていった
名前も知らない小さな虫が ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/14 18:46
ツチグリの子供は風と仲良しなんだね!
まん丸くおなかを膨らませていたツチグリが ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/14 17:17
ナルホド、ナルホド正しく<ツチグリ>だ
ツチグリの横に生えていた丸い玉はなんだろう? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/13 12:04
『晴天の旅行者』…カッコいい名前のキノコだな!
おらんちの周りに ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/12 15:16
一夜だけの<ヒトヨタケ>
おら…知能も知識も何にもないから ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/07 14:59
<ツチアケビ>の花が咲いていた
木洩れ陽の射し込むせせらぎ周辺は ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/02 12:53
神様のおねだり
神様は ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/29 15:36
<かなとこ雲>のビデオ撮りだ!
今日も関東甲信地方に大雨雷雨注意報がでたから ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/27 14:32
かなとこ雲の発生地は人間の密集地だぁ〜!
おら阿呆だけど…馬鹿じゃないって気が付いたんだ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/24 23:23
<かなとこ雲>撮ったぞ〜!
おら…<かなとこ雲>なんて知らなかった! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/23 21:07
夕焼け雲に誘われて
夏の晴れた日の雲を見るのも楽しみのひとつだ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/23 08:51
眼のせいかな?景色が紫色だよ!
詳しい事も分り易いことも何にも知らないんだけど ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/21 22:53
推進力の権化<鰍の体形>
どうしても鰍を食べたくなったから ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/21 01:01
西穂高岳の帰りに寄った店
うんざりすほど ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/07/17 13:13
20年前の桑の実のジャム
20年前に5キロほど作った ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/16 13:40
鬼蜘蛛が夕餉の支度をしているよ
蜘蛛の仲間はいっぱいいて ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/15 09:27
猛然と突っ走っていくよ!
朝からの雨で山の雪が一気に融けて ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/12 12:36
舗装道路は水害の素だ!
もうすぐ梅雨も空けるのだろうけど ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/12 09:54
裏表がわからない!<山繭>の幼虫
おらんちの店先にドングリの木がある ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/11 11:36
婆ぁ達の盗って行った<オニシモツケソウ君>が連絡してくれたのかも
いや〜… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/09 09:27
山菜<三バカ大将>の誕生だ!
一年前にも此処に居た ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/07 18:22
<モモイロヤマアジサイ>君おはよう!
流れの脇の ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/07 07:29
<ユウスゲの開花>二時間のドラマ
ユウスゲの花が咲き始めるよ〜! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/06 18:06
山の店の<晩ご飯>
食い物屋をやっていると ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/06 06:23
不思議な繁殖をする<シオデ>???
シオデが地面に顔を出してから1ヶ月になる ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/01 13:08
入道雲は綺麗だね!
昨日は<かなとこ雲>を二つも見ることが出来た ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/01 09:38
草を刈ると<外来種>の培養地になるんだぞ!
って事みんな知っているのかな? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/30 12:26
空に茸が生えた〜!
せめて3分… ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/29 20:30
モラルのない<婆ぁ〜たち>
おら…爺ぃだけど ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/06/29 14:31
<特別天然記念物・カモシカ>も害獣になる?
この数年… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/06/26 11:45
河西公子婆が九州で紹介されてた!
長崎県・佐世保山岳会から ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/23 22:42
採りたての山菜で本格フレンチ!
俳優の滝田栄氏、元文芸春秋写真部長・大海秀典氏 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/23 20:08
パソコンの名前は<ゆうさく君>
長期療養中だった ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/06/20 09:01
「山田錦」を呑みすぎて……
地蔵岳・東稜を登った翌日も天気は上々… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/23 13:35
雪彦山・クライミング行脚       <河西公子婆神様>
5月21日早朝 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/05/23 11:03
南アルプス戸台の「橋本山荘」
南アルプス甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳の長野県側の谷「戸台」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/15 09:49
海の幸も旨かった!
昨日は仕入れをかねて諏訪市まで足をのばした ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/05/05 10:48
吹雪と二人の神様
昨日は春爛漫の中、ワラビ、コゴミ、タラの芽、ヤマウドなど ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/17 19:37
75歳の宮崎・鉾岳<美しきトラバース>ルート
南国・宮崎は雪国だった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/03/15 19:00
婆ちゃん、なんで山のぼるねん???
河西公子女史は、何かにとり憑かれたように山を ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/02/20 14:03
<75歳のクライ婆>のつずき〜
婆ちゃんが宝剣岳直下の千畳敷カールの斜面を滑落して ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/19 15:26
<一円玉様>ホントニ御免なさい!
おら、びっくりしたのなんのって!これほどびっくりしたことは産ま ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/02/08 23:08
75歳の婆ちゃんが宝剣岳に立ったよ!
1月24日快晴。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/01/26 09:27
おら…冬は蓑虫に変身だ〜!
古くて建て付けの悪いボロ小屋の冬は冷え込むよ〜……… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/18 18:49
雪洞の中で呑む酒は旨いよ!
何にも用が無いから又退屈しのぎに雪洞でも作ろう……… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/13 14:55
お地蔵さん、新年だから一緒に呑もうや!
年が明けてから、まだお地蔵さんとこに行ってないから逢いに行 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/06 08:20
ジャンボ宝くじが当たった!と思った瞬間
K氏はジャンボ宝くじ券を持って、ある大型店の機械で当たり券 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/04 13:01
水たちが冬休みに入ったよ!
大気がシンシンと音を立てて凍みわたリ始めると、水たちも冬休 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/12/24 15:49
迷い犬・ワン君と悲しい別れ
一週間前の真夜中、徘徊してたワン君を呼んだら嬉しそうに ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/27 13:04
わっはっはぁ〜!の<Gチーム>
いやぁ〜ゆうべはおもしろかった……… ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/22 14:03
捨てられたのかなぁ〜…野良なのかなぁ〜…
ゆうべ遅くに、何時もの<居酒屋・ぽっぽ>に晩酌に出か ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/19 11:35
ニシンの煮付けでまた呑んじゃったぜ! 山の店の晩ご飯
『野生動物の報道写真家』宮崎学<さ>から戴いた、鮮度抜群のニシンを塩焼きにして食べたら旨かった。 晩酌のつまみに、飯のおかずに食べたが、なにしろたくさんのニシンだったので残りはじっくりと煮付けることにした。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/31 23:46
糸の芸術家たち <蜘蛛の巣> 山の店
蜘蛛の種類はいっぱいあってよく分らないけど、山の中に住むようになってから、今まで見たこともないような蜘蛛たちに遭遇するようになったんだ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/31 21:26
<俳優・滝田栄氏>と<75歳・クライ婆ー>の天狗岩登攀
10月21日 中央アルプス・宝剣岳『天狗岩』のクライミングの当日がやって来た。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/22 08:22
ジャンボジェット・機長と登った横岳・小同心
雪化粧した駒ヶ岳を登りに、元日航ジャンボ・機長の五味斎氏と、料理研究家のちほ夫人がやってきた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/19 14:19
熊の撮影が始まるぞ〜!                       <野生動物の報道写真家>宮崎学氏
昨日見つけた<熊のマンション>に、友人で<プロのカメラマン・宮崎学氏>を案内した。 <学サ>は熊を追い続けながら、千を遥かに超える撮影に成功している、『野生動物の報道写真家』としてあまりにも有名な人物だ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/14 14:25
<熊さんの冬期マンション>拝見
...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/13 21:50
シモフリシメジは最高の味!
今朝クレソンを摘みに出かけようとしていたのだったが、予定を変更して、気になる場所に茸を見に出かけたら アッチャ〜……三日前にくればよかった。 シモフリシメジがもくもくと出ているが、時すでに遅かった。 大半が頭が飛んだり、クチャッとなっている、惜しい事をした……… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/12 15:47
脱衣室の覗き穴                             柏瀬祐之が思い出させた話 K
某新聞社主催の登山学校が穂高連峰で毎年開催されていた。 生徒は、北は北海道、南は九州から200名ほどが集まるビッグな登山教室だ。 三日間の教室が無事終了して、河童橋ほとりの宿が最後の夜となった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/05 16:42
<ウリンボウ>川にはまってさぁ大変!
山ん中で生活してるオイラたちは、熊や猪、鹿は『山ノ神』からの恵みとしてありがたく頂戴し、ご馳走になっている、だから山ノ神は勿論の事、動物たちにはすごく感謝してるんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/01 21:42
ドラム缶風呂のマドンナ                         柏瀬祐之が思い出させた話 ]
ここ暫く、クダラ〜ン事ばっかりクッチャベッテ来たよな。 だ…か…らこの辺でもう一回、オイラ本来の清らかな心に戻りたかったんだ。 自然界の野生動物や植物たちとの対話を愉しもうとネ。 そう思ってた矢先に、<ユージ禿>からコメントが入ったんだ……… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/09/28 22:54
<ジンジロゲ>や<ジンジロゲ>                     柏瀬祐之が思い出させた話 \
マウント・クックの麓のユースホステルに、もう二ヶ月以上も滞在している………。 ヒマラヤの「K−U」とそっくりなロケーションだから、映画 『バーチカルリミット』 の撮影はほとんど此処で済ませた所だ。 12月、1月は南半球では真夏だから、アルピニストやハイカー、トレッカーで賑わっていた。 ご他聞に漏れずユースホステルも大分混雑してきた。 なにしろユースホステルという所は自炊だから、メシ時ともなるとキッチンは大混雑する。 オイラ達は九人所帯だったから、使用する器もおのずから大きなものを使... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/23 17:25
殺される!  柏瀬祐之が思い出させた話 [
9月も終わろうとする秋のパリは寒かった。 あれからアッと言う間に一ヶ月が過ぎた。 一ヶ月の間何をしてたかって言うと……… 一旦シャモニに帰ったオイラは、M君とT君をグランドジョラス麓の、ホテルモンタンベールに雑用係りとして預けてから一路、スカンジナビアはスエーデンに旅立った。 一週間ほどかけての車の旅は楽しかったなぁ………。 スイス、オーストリア,リヒテンシュタイン、ドイツ……… ハイデルベルグでは『幻のタバコ・キリアジ』に遭遇できた。 キリアジはタバコの発祥地、エジプトでその... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/22 14:39
パリの街の金、土、日                          柏瀬祐之が思い出させた話 Z
なにしろ今日は金曜日。土、日のオフィスは休日だ。 飛行機に乗り遅れたオレラは次の帰りの便を確保しなければならない。 グッドタイミングに……、こんな時にグッドなんかある筈がないが、それでもグッドタイミングに、オレラと一緒に飛行機に置いてけぼりをくった間抜けなヤロウ氏が、フランスに出稼ぎに来ていた事もあって、フランス語はペラペラだった。 しかもこの間抜けなヤロウ氏は、自宅が東京と言う事もあって、現金は2000円しか持っていなかったからほとんど無一文状態で困っていた。 だから当然のようにオ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/09/21 18:15
無情の飛行機雲             柏瀬祐之が思い出させた話 Y
アルプスの、現地集合の現地解散と言う山登りがひととうり終わり、いよいよ日本へ帰る事になった。 T君とM君の三人で一足先にパリに戻り、夜の街を闊歩したんだ。 俺の知り合いの弟がが「オペラ座」の近くで日本料理店をやっているから、向こうへ行ったら是非寄って来てくれと言われていた事もあって経ち寄ってみたら、日本の著名な人たちの色紙がこれでもか!と言うほど壁に貼り付けてあったのには驚いた。 この三ヶ月ちかく、ハナクソと同じような味のチーズや、バター味のものばっかり食べていたので、いいかげん辟易し... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/21 08:52
パリジェンヌとイタリアーノ      柏瀬祐之が思い出させた話 W
モンブランを見上げるシャモニのキャンプ場は賑わっている。 俺たちのキャンプのすぐ近くに、べっぴんさんたちがキャンプを張り、一気に華やかになった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/18 20:07
トレビのみずうみで賽銭泥棒 柏瀬祐之が思い出させた話 V
相棒と現地で知り合った友の三人が二週間ぶりにシャモニに帰ってきた。 お土産の紙袋の中には松の実がぎっしりと詰め込まれている。 イタリヤ南部からモナコ、スペイン、ベニスあたりで遊びすぎて帰る事を忘れていたと言うのだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/17 18:20
腕時計が左右した 滝谷初登攀物語 柏瀬祐之が思い出させた話 U
滝谷初登攀という日本の登攀史に残る偉業の影には、どろどろした人間臭いドラマがあった事は知る人ぞ知るである。 1925年8月11日、RCCの藤木・松井パーティーが最初に登り、数時間遅れて早稲田大学の四谷・小島パーティーが別のルートから登った。 然し、滝谷初登攀は何故か二つのパーティーになっている。 本来ならば早大パーティーは第二登の筈なのに………である。 二つのパーティーの間にはいろいろ確執があったようだが、当時の藤木九三氏といえば登山界のカリスマ的存在だっただけに、事実を究明すること... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/09/16 16:39

トップへ | みんなの「山登り」ブログ

あぶちゃん日記 山登りのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる