あぶちゃん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 久し振りのラッセル

<<   作成日時 : 2014/02/16 08:11   >>

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

遠慮もなくよくもまぁ降り積もったもんだ。腰までの雪に歩くことも儘ならない。
1メートル以上も積もった屋根の雪おろしをしないと家が潰れてしまう。

画像


すでに裏の川床の屋根は潰れちゃった。
あまりの降雪量でバス道路の除雪も今日はまだ来ない。
倅の勤めるスキー場も今日はクローズだという。

画像


とりあえず大雑把に除雪を済ませたところで倅が「おやじ、雪見酒をしに友達の所へ行ってくるよ」と、一升瓶を背負って腰まで埋まる雪道をラッセルしながら出掛けて行った。2kmの道程だから1時間以上はかかるだろうな。
おらも呑みはじめたが冷え切った酒が旨い。
暫く呑んだら腹が空いてきたけど、自分で飯の支度をするのも面倒くさいからあちこちに電話を掛け回ったけど、この状態じゃどこも営業している店なんかありゃぁしない。
でも一軒だけ営業している所があった。おらの家から700mほどの距離の日帰り温泉だ。ラッキー!
おらはワカンジキとストックで、膝上まで潜る雪をラッセルしながら、犬の石松を連れて歩き始めた。
ワカンジキを履いたラッセルなんて暫くぶりだ。

画像


後立山連峰の唐松岳から下山する時のラッセルは凄かった。
下りの斜面にもかかわらず、背丈以上の積雪で前がまったく見えなかった。
ダケカンバに登って進行方向を確認しながらのラッセルは、100m進むのに1時間以上もかかる物凄さで、3日後にようやく麓に下りついた時の事が懐かしい。
犬の石松も悪戦苦闘しながらラッセルしているが、ほろ酔い機嫌のおらも真剣だ。なにしろひざ上まで潜るから中々目的地が近寄っては来ない。
駐車場の除雪が終わって開店したばかりの日帰り温泉に到着したのは、家を出てから1時間後だった。
電柱に石松を縛り付けて店内に入ったおらは、なにはともあれ枝豆をつまみに生ビールをグビッ!
そこへ友人があらわれたから、本格的な飲み会になっちゃった。
気が付いたら、温泉に入りもせずにマタマタ深い雪の中を石松と一緒に家路に向かってラッセルしていた。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久し振りのラッセル あぶちゃん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる