あぶちゃん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 石松の冒険<雲のおばけ>

<<   作成日時 : 2013/09/21 11:40   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

夕方、石松…雲を見に行こうかってお爺さんが言うから付いて行った。
田圃の土手に座ってお爺さんは美味しそうにタバコをふかしている。
お爺さんはタバコが大好きだから、暇さえあれば口にくわえているんだ、身体に好くないよって言うと、我慢するほうがもっと身体に好くねぇって言うんだよ。
ぼくはお爺さんの横に座って、グル〜ッと首を回さないと見渡せないくらい大きな山の向こう側から、湧き上がる雲を見ていた。
いつも地面ばかり見ているぼくには、空に雲があることに気がつかなかった、空は大きいな。
じっと見ていたら、雲が勢いよくグングン天に向かって動き始めた。雲は生き物なのかな?
不思議そうに眺めているぼくに、あれは入道雲だってお爺さんが教えてくれた。それから…
いいか石松、これからもの凄い雲が出てくるからびっくりして逃げ出しちゃいけないよって言うんだ。何が出てくるの?
何でもいいからとにかく黙って見ていてごらん。
ぼくはお爺さんに言われるままに黙って見ていることにした。入道雲はどんどん大きくなって、どんどん高い空に登っていったと思ったら、雲のてっぺんがつぶれて、横に広がり始めたよ。

画像

きのこのような雲になったね、お爺さん。
あれはなぁ石松「かなとこ雲」って言うんだ。
なんで「かなとこ」って言うの?
石松は知らないけど…昔、鍛冶屋っていう鉄でいろいろ作る人たちがいて、その人たちが使う「金床」って言う道具に似ているから、あの雲のことを「かなとこ雲」って呼んでいるんだ。
ふ〜ん、でもなんであの雲は横に広がっていくの?
爺ちゃんは学者じゃないから、詳しいことは分からんが…
こうやって座っているとかなり暑いじゃないか。
この暑い空気が冷たい所を探して空高く登っていくのさ。
えっ!だって太陽に近くなれば、ここより暑くなるんじゃないの?
チッチッチッチ、分かっちゃいねぇな石松。
分からなくてもいいけど、地球の周りには大気圏ってぇものがあって、袋のように包んでいるのさ。その大気圏の外には空気が無いから熱も出なくて、メッチャ寒い所なんだ。
そんな所へ雲が登って行っても、雲には大気圏を越えるほど力が無くて、行く場所がなくなった雲はしかたなく横に広がって行くから、きのこのような形の雲になるんだ。
それとな、てっぺん近くの温度はマイナス70度というとてつもなく寒い所で、綿飴のように柔らかそうに見える雲は、じつは氷の塊なんだぜ。石松、分かったか…分かんねぇだろうな。
うん、分かったような…分かんないような…

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は石松くんに逢えて嬉しかったよ(^-^)
ご主人様たちと晩酌してるとこを見てたら羨ましくなっちゃった
美味しいきのこ鍋ご馳走になったし、石松くんとも遊べたし、とっても楽しかった♪( ´▽`)
また逢いに行きますね( ´ ▽ ` )ノ
きょん
2013/09/29 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
石松の冒険<雲のおばけ> あぶちゃん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる