あぶちゃん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝露をのせて手向ける蓮の花

<<   作成日時 : 2012/07/07 07:15   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

6月末は、友人の命日で3回忌を迎えた。
その友人が元気だった頃、近くに別荘があったこともあり、ひょんなことから知り合いになると、毎日のように大好物の酒「八海山」を小脇に抱えて現れた。
丁度その頃…
生まれて間もない野良の子猫も現れるようになった。
友人「たつや」と同じように現れる子猫に「たつや君」と命名して、二人と一匹の付き合いが始まったのはおよそ10年位前の事だった。
友人「たつや」は、石原プロのシナリオライターとして一世を風靡したが、晩年はブナに埋もれた山小屋に籠っていたが、なぜか意気投合する所があって、暇さえあれば朝と言わず、昼と言わず顔を合わせていた。
「たつや」の提供する話題は映画人らしく、ロシヤの巨匠アンドレイ・タルコフスキーの作品論とか意味難解な話題ばかりだったが、凡人のあぶちゃんはその話題にいつも引き込まれていた。
一方、雄猫の「たつや君」との付き合いはいたって単純明快だった。
両手の握り拳を合わせたくらいの「たつや君」に、マタタビの実を与えたのがきっかけで付き合いが始まった。
勝手口の前で、舌なめずりをしながら焼き魚の残り物を待つ姿は実に可愛かった。
「たつや君」が立派に成長した頃、「たつや」は病魔に侵され帰らぬ人となった。
そして「たつや君」もその頃からぷっつりと姿を現さなくなった。
たぶん老衰だったのだと思う。
毎日顔を突き合わせていた「たつや」と「たつや君」のいなくなったあぶちゃんの心の中には、大きな風穴があいてしまった。
そして3回忌を迎え、「たつや」のブナ小屋で焼香を済ませて帰ると、家の近くを、生まれて2年くらいの痩せ細った野良猫が徘徊していた。
歩き方、素振り、徘徊するコースが「たつや君」とまったく同じだった。
声をかけると振り返り、近寄ってきた。
間違いない、この野良猫は「たつや君」の二世だ!

画像


今日で8日になるが、初対面以来家の脇の箱の中を住み家にしているようだ。
今日の餌は何をやろうか?

明日は7月8日。
大切な、たいせつな友が逝って丁度1カ月になる、思い出したくないが…友の姿が頭から離れない。
苦楽を共にした友、これからもっと楽しむはずだった友…今は只冥福を願うのみ…

画像

画像


   朝露をのせて手向ける蓮の花  井上井月(いのうえせいげつ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ 財布
朝露をのせて手向ける蓮の花 あぶちゃん日記/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/08 20:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
今も目に焼きついていますガンジキをはき登るお姿が*
その時の写真を見ながら「朝霧の一句に涙手を合わせ」
かーみバー
2012/07/08 10:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝露をのせて手向ける蓮の花 あぶちゃん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる